連載
スパルタ!?な工務店

造り付け家具は高くない!我が家が感じたメリット3つ【スパルタ!?な工務店】

滋賀県東部で家を建てた筆者が、皆さんに新築やリフォームのタイミングでぜひ検討していただきたいのが、「造り付け家具」です(造作家具ともいいます)。

家づくりをお願いした大喜工務店では棚板の取り付けは大工さん、テーブルやカップボードなどの造り付け家具は専属の職人さんにオーダーすることができました。

4年住んでみて分かった、造り付け家具のメリットを3つご紹介します。

1.見た目良し+ジャストフィット

我が家はほとんどがオープン棚です。 収納に関しては(見た目よりも)使いやすさを基準に考え、  扉は極力外しました。

まずは大工さんが「初めてつくった」 という苦心の作!?  キッチンの吊戸棚をご紹介します。

棚

家づくりの本で紹介されていた、カフェ風の吊り戸棚を大工さんに見せ「こんな棚を作ってほしい」とお願いしました。

脱衣室の棚やトイレの棚は以前の住まいで使っていた突っ張り棚をイメージしています。

ニッチ棚

ニッチ棚は省スペースになるのでお気に入りです。あちこちに作ってもらいました。

見せる収納、いかがですか?

カップボードと本棚

カップボードと本棚は職人さんに作ってもらいました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

我が家にとってジャストサイズであることや、素材の統一感といった点からも「他の選択肢はない!」という結論に至りました。(家具へのこだわりがない夫婦です)

 

2.実は家具を買うより低コスト

大喜工務店では棚の取り付けに関してほぼ材料費のみという、良心価格でした。

夫婦揃ってDIYが苦手なので、この機会に思いつく所はお願いしよう!と考えに考えて棚のサイズを指定してつくっていただきました。

写真右下の棚は上段よりも奥行が浅いのですが、小物を置くために追加でお願いしました。とっても重宝しています。

 

3.防災面でも優れていた!

また、万が一に備え家具が倒れないように配慮したいと思っていました。

家具の下敷きにならないよう、主寝室は扉つきのクローゼットのみにして、娘の部屋には多少の揺れではビクともしない、造作家具を設置しました。

ですが、2018年の大阪北部地震では最大震度6弱、滋賀県は震度5弱でしたが、地響きと揺れを感じ、とても怖かったです。

幸い大事には至りませんでしたが、置いている物が落下するかもしれないので、その後苦肉の策で突っ張り棒をプラスしました。

いかがでしたか?

4年暮らして感じた、造り付け家具のメリットをまとめてお伝えしました。

造り付け家具は模様替えが出来ないとか、家具を買い換える楽しみがない……と思う方もいるかもしれません。

ですので、造り付け家具は機能性や使いやすさ重視の方に向いているといえそうです。あと、お掃除もラクなんですよ!

これから新築やリフォームを検討している方は、造り付け家具は高そう、と最初から諦めずにぜひ検討してみてくださいね。

(ライター/ライフオーガナイザーかねこりか
 
大喜工務店情報