生け花&フラワーアレンジメントをちょい工夫でカッコよく見せる方法

もうすぐ春も間近ですね。

さまざまな花が咲き始めるこの時期、部屋に花を飾ると、気分もぱっと華やかになります。

そこで、生け花&フラワーアレンジメントの方法をピックアップ!

枝ものの扱い方、花瓶選びなど、見栄え良く花を飾る極意が分かる3本を、まとめてご紹介します!

「枝もの」が美しく生けられる!華道のコツ

枝もの

この季節の花といえば、桜、梅、桃がありますね。

ピンクの花は春らしさがいっぱいで、花瓶やガラス瓶に挿すだけで様になります。

無造作でも十分ステキに見える枝ものですが、華道のちょっとしたポイントを抑えると、よりカッコよく生けることができます。

基本は3点。

  1. 花瓶に隠れる部分の枝葉は徹底的に落とす
  2. 枝の先端が「ぶつ切り」に見えないようにカットする
  3. 枝先を放射状に広げて華やかに見せる

花瓶に挿すだけだったいつもの花が、この3点を守るだけで、プロっぽい仕上がりにまとまります。

枝もの

見栄えが良くなるばかりか、いや~な水腐れもなくなって、水替えのお手入れも快適になりますよ。

詳しくは記事をチェック!

 

 

花瓶は「くびれあり」でオシャレに引き締まる!

花をカッコよく生けるには、花瓶選びも大切です。

同じガラス瓶でも、くびれがないストレートのものと、デキャンタのようなくびれありのものとでは、仕上がりに大きな違いが出ます。

花瓶

くびれなし

枝ものを1本だけ挿すと、くびれがないガラス瓶は何だか寂しい感じに見えてしまいます。

花瓶

くびれあり

しかし、器がくびれありのものだと、ニュアンスが出て、シンプルな美しさを簡単に演出することができます。

しかも、くびれのあるガラス瓶は、枝ものを安定して挿すのにも向いています。

写真で比較してみると、くびれあり・なしの器の違いが一目瞭然です!

こちらの記事では家庭でのフラワーアレンジメントにぴったりな、100均の「ワインデキャンタ」と「ガラス瓶」を紹介しています。

詳しくは記事をチェック!

 

 

花瓶がなくても大丈夫!「紙袋」と「空き瓶」でゼロ円アレンジ

生け花やフラワーアレンジメントを楽しみたいけれど、そもそも「家に花瓶がない」という人もいます。

わざわざ花瓶を購入するとなると、出費が大きくなってしまいますし、花瓶の後片付けや使わないときの保管も大変です。

酒瓶用の紙袋と空き瓶

そんなときは、家にあるもので花瓶を代用すればOKです!

使うものは、ワインなどを入れる酒瓶用の紙袋と空き瓶。

酒瓶用の紙袋と空き瓶

酒瓶用の紙袋は普通の紙袋としては使いにくく、押し入れに溜め込みがちです。

でも、フラワーアレンジメントで2次利用することができれば、溜まっていた紙袋を消化することができるので、押し入れもスッキリ。まさに一石二鳥です。

詳しくは記事をチェック!