エンジュの大黒柱が見守るLDKと沖縄風の濡れ縁「アマハジ」を融合

設計・施工/縁 創建工房(所在地:大阪)

撮影/芥子富吉

濵田さん夫妻が家づくりを縁 創建工房に託すきっかけになったのは、外壁の標準仕様がシラスの「そとん壁」だったからだと振り返ってくれた夫。
「機能的な塗り壁に憧れ、興味を持ちました。施工実例を見ると、柱や梁などに立派な無垢材が使われ、断熱材には羊毛を採用。自然素材を多用し、力強くて暖かそうだという点に惹かれました」とも語る濵田さん。
「明るい家」と濵田さん夫妻の希望を叶えた空間をご紹介しましょう。

沖縄テイストを取り入れた上質な木の家で暮らす

「明るい家に」という夫妻の希望に応え、リビングの南側には大きな窓を設置。
室内は床や天井から造作家具まで上質な木の温もりに包まれるが、特に印象的な存在が極太のエンジュの大黒柱です。

写真のLDKLは全体が見渡せる大空間になります。
リビング側の天井をレッドシダー板張りにする一方、ダイニング側は梁を見せてメリハリをつけています。
床は檜、壁はサンゴ漆喰です。

「創建さんの家具工房で見て木目のすごさにひと目惚れ。生命感あふれるわが家のシンボルです」(夫)。

そんな夫が掲げたもうひとつのテーマが、沖縄の伝統建築に見られる濡れ縁“アマハジ”をリビングの外に再現することでした。
風雨や強い日差しを遮る深い軒が特徴で、団らんの場としても機能する。

「開放的に暮らせるし、いろんな木が使われていて落ち着く家ですね。子どもが本物の木に触れられるのもいいことだと思います」と妻。
夫婦で和歌山県の木材産地見学にも案内してもらい、新居への愛着が一層深まったそうです。

力強い大黒柱や梁の構造も自慢!

ダイニングキッチンは厚みのある梁の半分を露出させました。
傍らに太さ1尺余りの大黒柱がそびえています。

1
2

1. クリ材のキッチンカウンターとナラ材の背面収納は、製作工房に夫妻が直接オーダー。壁はタイルで仕上げました。
2. 大黒柱には良材として古来珍重されてきたエンジュを使用。

3
4

3. 小上がりの和室からダイニングを望む。縁はベンチ代わりにもなります。
4. 子どものスタディスペースを想定し、窓辺にイチョウ製カウンターを設置。和室と仕切る引き戸は、LDK側をナラ、和室側を杉で仕上げています。

縁側は沖縄伝統のアマハジをイメージ

丸柱を立てて軒を深く設計した濡れ縁は、沖縄の伝統的な建築様式であるアマハジの発想を取り入れたものです。
腰掛けてくつろぐほか活用法はいろいろ。

ゆったりと構えた1階に対して2階の面積を抑え、最大限に軒を出したデザイン。
大きめの屋根とそとん壁が美しいコントラストをなしています。

音響・映像機器をビルトイン!

リビングスペースには、南側の2つの掃き出し窓から爽やかな光が入ってきます。
窓の上に間接照明を施し、壁掛けテレビの下にリビングボードを造作。
天井にはプロジェクターとスピーカーをビルトインし、100インチのスクリーンを下ろせばシアタールームへと変身します。

必要に応じて2室に分けられるよう設計した子ども室。
壁と天井はオガファーザー、床はシラカバで仕上げ、ソフトな印象になっています。

寝室と子ども室の間に設けた広めの2階ホールには、書棚を造作したほかラックやソファを置いて、おもに夫の趣味のスペースとして活用。
ときには楽器を奏でながら親子でくつろぐファミリースペースにもなります。

端材を上手に活用して見栄えよく!

和風テイストの1階トイレ。
桜の手すり、イチョウのカウンターは、玄関やスタディスペースの端材を使用しました。

手すりとして桜の木の丸柱を添えた玄関ホール。
大黒柱の端材を使ったベンチを置いています。

Checkpoint

建主が選んだ無垢板でテーブルを造作

床座を想定していたリビングスペースには、夫妻の希望でローテーブルを造作しました。
「創建工房さんがストックしている無垢の一枚板をいろいろと見せていただき、僕が好きなトチを天板に選びました」と夫。
そのほか縁 創建工房が運営する注文家具と雑貨の店「see-saw(シーソー)」では、和歌山県産の檜や奈良県吉野産の杉などを使ってオリジナル家具の手づくりを行っています。

大阪・和泉市 濵田さんの家 家族構成/夫36歳 妻35歳 長女2歳

DATA

敷地面積/198.40㎡(60.12坪)
延床面積

120.28㎡(36.45坪)
1階/71.68㎡(21.72坪)
2階/48.60㎡(14.73坪)


用途地域/第1種住居地域
建ぺい率/60%
容積率/200%
構造/木造軸組工法
本体工事費/2,850万円
竣工/2018年11月

INSTRUMENTS

厨房機器/oguma
衛生機器/パナソニック
窓・サッシ/YKK AP

施工実例別
キーワード
ナチュラル
庭・中庭
自然素材の家

工務店プロフィール

社名:縁 創建工房

所在地:大阪

建築エリア:大阪府 京都府南部 奈良県北部 兵庫県一部

家づくりで失敗しない方法をお伝えしていきます

「地元に木の家を建てる」を理念に掲げ、現場を熟知した大工出身の社長を中心に、複数の協力業者とのチーム一丸で家づくりに臨む。構造材には強靭な紀州産の檜や杉、床や造作にも国産無垢材をふんだんに使用。羊毛の断熱材や炭の防蟻剤など見えない部分まで素材にこだわり、「家族が健康的に暮らせる家」を徹底。「ご縁のある方に家づくりで失敗させない」と、資金計画や土地探しなど必要な知識全般を事前に伝える「寺子屋勉強会」も開く。

縁 創建工房

モデルハウス外観は標準仕様のシラスそとん壁とウィルウォール。室内は木の風合いを体感できる。

  • ●社名/縁 創建工房
  • ●代表/松藤慎二郎
  • ●住所/大阪府寝屋川市萱島東3-18-8
  • ●電話/072・814・7207
  • ●年間建築棟数/新築12棟
  • ●設立/2000年11月

松藤慎二郎

中学卒業後、大工修業へ。下請け大工として働いたのち、健康的で長く暮らせる家がつくりたいと決心し、独自の家づくりに着手。長期優良住宅やゼロエネルギー住宅などにも対応する。

この工務店のホームページを見る