レゴの収納、どうしてる?100均アイテム+DIYで解決!

おとなも子どもも大好きなレゴ。我が家の三姉妹もレゴが大好きです。

レゴのようなブロック遊びは、親としても頭や体を使うので、ぜひやってほしいところ。

ですが、どうしても難しいのがレゴの収納。

親の立場、子の立場から考えて我が家で解決した実例をご紹介します!

レゴに関する親の悩み、子の悩み

レゴ

ご存じのようにレゴとは、いろいろな色、形のパーツのあるブロック玩具。

レゴ以外にもいわゆるブロック玩具はいろいろなものがありますが、我が家の人気トップはやはりレゴ。

パーツは多岐にわたり、なぜか毎年増えていきますが、親も「ブロックなら教育にも……」とついつい増やしてしまう。

我が家も例外ではありません(笑)。

でもこのレゴ、ほんと収納に困るんですよね。なぜ困るのか?考えてみました。

 

親の悩み

  • 子どもが目に付くところにあったほうが遊ぶので置いてあげたいが、おもちゃ感満載なのでリビングなどには置きづらい。
  • 組み立てたものがそのままになるのが嫌。

 

子の悩み

  • レゴを組み立てたものを壊したくないけど、壊さないと片付けが終わらない。
  • 大きな箱にパーツがまとめて入っていると、探すだけで疲れてやめたくなる。

我が家は試行錯誤の結果、折衷案を編み出しました。

 

おもちゃがあるように見えない、のがポイント

リビング

我が家の玄関から入り、リビングを見た時の視線です。左側にソファがあり、テレビを見られるようになっています。

子どもスペースは右側。写真のちょうど真ん中にある棚にすべてのおもちゃが入っています。

リビングに入っても、一見するとおもちゃがあるように見えない。これがポイントです。

レゴ

正面から見るとこんな感じになっています。こちら側から見れば、おもちゃの場所はよくわかります。

下段の引き出しについて今回はご説明しませんが、こちらも上からのぞくと入っている場所がわかるため、3歳の三女でも使いこなしています。

目に入る、というのはこどもにとってはとても大事なことです。

 

カゴよりセリアのトレーとラックが最適!

レゴ

我が家のレゴ収納のBeforeはこちら。カゴにすべて一緒に入っていて、戻すのは簡単。

見た目も問題ないです。でも作るときに探すのが容易でなく……、作るときのあれがない~これがない~に親も付き合うはめに。

作るときももう少し簡単にならないか?と思い仕分けに踏み切りました。

セリアで売っているトレーとケース。(別売)A6~A4サイズ・縦横と多様なサイズ展開。

セリアのトレーとケース。(別売)A6~A4サイズ・縦横と多様なサイズ展開。

我が家は今回、セリアのトレーとラックのタイプを採用しました(写真はA6サイズ縦とA5サイズ横)

蓋を開けるタイプだと開けるときに反動でこぼれたりズレたりします。

引き出しであればその心配もなく、引き出すだけ、と取り出すハードルも低いです。

レゴ

家にあった小さなケースも使って仕分けしてみたところ、小さなケースでは入りきらないことがわかり、試行錯誤した結果、すべてA5の縦タイプを採用することにしました。

この一番初めの仕分け、面倒なのでは?と心配するお声もありそうです。

確かに子供の集中力は長時間は続きません。

ですので、量が多かったら3つくらいに分けて、少しずつ仕分けするのも手です。

〇〇探しゲーム!!などとやってみると、小学校低学年くらいまでのお子さんならきっと楽しくやってくれるはず!

リビング

引き出しの正面には、こどもたちと決めた仕分けの名前を書きます。

まだ漢字が読めないお子さんならひらがな、字が読めないお子さんなら図形でもいいですね。

レゴ

探しやすくなって、レゴで遊ぶ時間がすごく増えました!

 

見た目をよくするための工夫

さて、100均のトレーに入ったレゴたち。

透明なトレーだと丸見えでおもちゃ感も強く出てしまうので、今回はベニヤ板を組み合わせて箱を作り、その中に入れてみました!

レゴ

セリアのA5のトレーを2列並べると、幅約38センチ。

その幅ぴったりに板を切ってもらい、ラワンランバーコア合板と呼ばれる厚み15ミリの板で箱を2つ作りました。

きれいめの仕上がりがお好きなら、ちょっと割高ですが地のきれいなシナランバーコアがオススメです。

切ってもらえば、あとはビスで留めるだけ。塗装はお好みで。

 

つくったものをそのまま置ける収納

ここまできたら、あとはつくったものをどうするか、という対策。

我が家の場合、背の低いおうちのような模型を作ることがとても多いです。

横に大きくて、場所をとる完成品。母としては見える部分にない方がありがたい。

ということで、子どもたちと相談した結果、

レゴ

5ミリ厚くらいのベニヤ板を、やはり木箱の内寸と同じサイズに切り、その板に乗る分であればとっておいてよいというルールにしました!

レゴ

ベニヤ板ごとセリアの収納トレーの上に置くことができます。

良く作る高さを考えて、木箱の高さも決めました。

もし大きいものや変形ものであれば、引き出しの配列を変えてみたりしてもよいですね。

ここに入る分だけならとっておける、入らない分は整理する、という収納の考え方を今から教えるのにもちょうどよいと思います!

 

DIYが苦手ならカラボでもOK!

棚

pu- / PIXTA(ピクスタ)

見た目対策をしたいけど、木箱はちょっと難易度が高い、という方はカラーボックスを活用しましょう!

A5ラックを二つ並べた幅38センチ×奥行28センチというサイズは、実はカラーボックスにぴったりなのです!

最近のカラーボックスは高さを好きに変えられるものが多いので、作品をしまう場所もつくれて一石二鳥だと思います。

リメイクシートなどでお部屋になじませるのもオススメです。

 

まとめ

リビング

使うために収納するおもちゃ。親の視点では目立たないようにしたい!

でも子どもが使うものなので、本人たちの使いやすいようにしてあげたい。

子どもたちの意見にも耳を傾けてあげると、解決策が見えてきます。

新年度は、新しいことにトライしたり、いろいろなことを変えるチャンスでもありますので、ぜひこのタイミングで、子どもスペースを見直してみてはいかがでしょうか。