子育て・教育

mujikko-RIEmujikko-RIE

学習机は低学年には必要なし!? 90%以上の小学生がリビング学習!

もうすぐ4月、新年度。

入学を前にワクワクドキドキする時期ですよね。

中でも環境がガラリと変わるのは小学校入学ではないでしょうか。

買い揃えるものも多いですが、一番ママさんが悩むのが学習机を買うかどうかってこと。

高価なものなのに結局、子どもが使わないと意味がないですよね。

そこで、小学生を持つママさんにどのタイミングで学習机を買うのがいいのかを聞いてみました。

小学生を持つママさん400人に子どもの収納に関するアンケートを実施!

先日、筆者のブログとインスタグラムで小学生の収納についてのアンケートを実施しました。

回答してくださったのは405名。現小学生と年長さん(この春新一年生)を持つママさんを対象にしています。

アンケート

回答いただいたお子さんの学年の内訳はこちらです。

グラフ

ブログの読者層の影響も大きいと思いますが、低学年が多くなりました。

では、それぞれのアンケートの結果をご紹介いたしましょう。

 

子どもの収納に困ってるのは全体の70%!

小学校に入ると、ランドセルや教科書、プリント、それに加えて長期休暇で持ち帰ってくる学童用品……など、一気にモノが増えます。

これらの収納に困ってる人は多そうですが、実際はどのくらいの保護者が悩んでるのでしょうか。

グラフ

実際に困ってるのは7割強。やはり多いですね。

子ども部屋

TATSU / PIXTA(ピクスタ)

悩みの内容はそれぞれですが、大きく分けると「狭くて置き場がない」というハード面と、「子どもが片付けない」という、お子さんというよりシステムの面での悩みが多かったです。

子ども部屋 汚い

ちっち / PIXTA(ピクスタ)

学年別の人数で見ると、このような結果になっています。

低学年ではおもちゃと学校教材が混ざって大変という声も多かったです。

片付けない子ども

yukiotoko / PIXTA(ピクスタ)

高学年でも困ってる割合が多いですね。

これは、高学年になるにつれて教材も多くなり、さらには塾のテキストなども増えるためだと考えられます。

テキストって確かに散乱しますよね……。

教科書

photomai / PIXTA(ピクスタ)

 

悩んでる割合で見てみます。

残念ながら、成長とともに悩みが減るという訳ではなさそうですね。

小学生は学年が上がるにつれて、モノも増え、内容も変わってきます。

おもちゃと塾のテキストでは収納方法が違うので、その都度バージョンアップすることが大事ですね。

 

なんと、小学生の90%以上が「リビング学習」という結果に

最近はリビング学習が主流ですが、実際どのくらいの割合なのでしょうか?

「勉強する場所は自室かそれ以外か?」という質問も設けました。

グラフ

結果はなんと90%以上! これは想像以上に多い結果でした。

リビング学習

zon / PIXTA(ピクスタ)

小学生のうちはほぼ「リビング学習」と考えていいようですね。

グラフ

人数で見ると、やはり低学年のうちは親の目の届くところで勉強することが多いようです。

お子さんが質問しやすいですし、音読など、親がチェックしないといけない場面もありますからね。

グラフ

割合で見ると、高学年になるにつれて自室が多くなっていきます。これは納得ですね。

勉強部屋

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

ということは、低学年のうちは学習机がいるのか?という疑問も出てきます。

勉強机

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

入学時に学習机を買ったものの全然使わない、というのはよく聞く話。

実際に我が家もそうでして、長男の小学校入学と同時に買った学習机はほぼ使っていません。

場所だけはしっかり取っているのに、もったいないですね……。

リビング学習が一般的になったいま、「入学と同時に学習机を買わないと!」という考えはちょっと気が早いのかもしれません。

中〜高学年になって必要性を感じてから購入しても遅くないと思います。

その年頃になると、あまりに可愛すぎるデザインの学習机は選ばなくなりますし、長く使えると思います。

学習机

TOSHI.K / PIXTA(ピクスタ)

また、学習机は収納と同時に考えるのがベスト。教材の量によって学習机のサイズも決められますからね。

学習机の選び方・自室の作り方は、ゆっくりじっくり選ぶことが大事だと再確認しました。

  • B!