収納術

aymamaaymama

「子どもの作品」をスッキリ収納する方法2つ。もう捨てなくてもOK!

春休みが始まりました。

この時期になると、子どもが幼稚園や保育園から一年間に作成した絵や工作類の「作品」をたくさん持ち帰ってきます。

一年を通して一生懸命作った作品は、成長を感じられる良い思い出なのですが、ネックは収納問題ですよね。

作品を持ち帰る用のA3サイズの紙袋いっぱいにある作品たちは結構かさばるんです!

ちょっと邪魔になるけれど捨てられない!そんな作品たちのオススメの収納方法をご紹介します。

園児の作品って、どんなものがある?

保育園児の作品

通っている園によって違ってくるかと思いますが、子どもの作品の代表的なものとしては、お絵かき、折り紙等の平面的なもの。

その他には、立体的な工作物(例えば牛乳パックで作った電車や、鬼のお面など)があります

そこまで大きな作品はあまりないですし、厚みのない平面的なものが多い印象です。

一番大物のお絵描き品は毎年、すべてまとめた状態にしてくれているので、それを学年ごとに収納できるとかなりスッキリするはずです!

 

かさばらずにスッキリ収納させるには?

保育園へ入園して最初の2年間は、持ち帰ってきた紙袋にそのまま入れられていた子どもの作品たち。

スッキリと収納するために悩んだ末、あるものを購入しました。

それがこちらの「スケッチ用具・イーゼルキャリングケース」

スケッチ用具・イーゼルキャリングケース

中身は開くとこんな感じになっています。

スケッチ用具・イーゼルキャリングケース

左側に見える四角い白いものがマジックテープです。

簡単に開閉でき、マジックテープをつけるので大事な作品がバラバラになる心配もありません。

厚みも50mmとかなりスリム。

スケッチ用具・イーゼルキャリングケース

実際に作品を入れてみると、両側にしっかりと収納可能です。

スケッチ用具・イーゼルキャリングケース

その他、いくつか大きい作品でこちらに入りきらないものに関しては、ダイソーで購入した収納ボックスにまとめて保管しています。

ダイソーの収納ボックス

 

 

いつでも手軽に見返せる「作品の思い出アルバム」で、さらにコンパクトに!。

それでも保育園に通って早4年。4年分の作品はケースにスッキリまとめてもやはり少なからず収納スペースを占領しています。

4年たって感じたことは、収納された作品をほとんど見返すことがない!という事実。

今年の春から下の子も保育園に入園するので、2人分の作品がこれからどんどん増えていきます。

そこで上の子が卒園するタイミングで、作品のデータ化を検討中。

作品を一つずつ写真に納め、「フォトブック」を作成しようかと思っています。

フォトブック

毎年息子の成長記録としてフォトブックを作成しています。

近年は手頃な値段でスマートフォンがあれば簡単にフォトブックを作ることができます。

フォトブックであれば手軽に見返すことができ、しかも収納場所に困る必要もありません。

子どもの成長と共にどんどん増える作品物。

お家の収納事情と相談しながら上手に残していきたいですね!

皆さんも新年度が始まる前に一度検討してみてはいかがでしょうか。

(aymama)

  • B!