家づくり 連載

種市勝覺種市勝覺

活氣をもたらす空間にするには~風水コンサルタントの仕事部屋訪問

3月発売の『「最強運の人生」を手に入れる!』など計4冊の著書が大ヒット中。

分かりやすく実践的な密教や風水で人氣の風水コンサルタント・種市勝覺(たねいち しょうがく)先生。

日刊Sumaiの連載【風水で解決!】では、住まいのお悩みに対する回答にも定評があります。

そんな種市先生が拠点とする空間って、いったいどんな雰囲氣なのでしょう?

そこで、種市先生の仕事部屋を訪問したところ、私たちの住まいにも参考になるヒントが詰まっていました。

今回は仕事の来客時に使う「会議ルーム」の空間づくりに迫ります。

インテリアも中庸が大事

「おじゃまします」と会議ルームに入った瞬間、心がふわっと浮き立ちました。

というのも、会議に使うテーブル周りのカラフルさがとっても素敵!

色彩は感情を動かすツールです。会議や談笑するような人が集まる場所は、意見やアイディアがどんどん飛び交うような活氣をもたらす空間がいい。そんな発想から、楽しさや優しさを連想させるような暖色中心のインテリア選びになりました」(種市先生)

何事にも中庸を重んじる風水の考えに基づくと、空間づくりもバランスが大事になってきます。

「会議ルームでは安定性も必要です。テーブルに対して左右対称に色の異なる椅子を配置したり、また色選びにおいても暖色ばかりではなく、ブルーなどの寒色も取り入れています。また、壁にかけた絵も同じ高さにしてバランス感を最優先してます。」

左右対称にすることは、右脳と左脳に対する視覚情報の刺激のバランスを整えることにもつながります。

また会議ルームのテーブルは安定性を意味する長方形をチョイス。

ちなみに種市先生のご自宅のダイニングテーブルは、円満を意味する丸型なのだとか。

 

活氣をもたらす家具・雑貨選びのコツ

そのほかにも、活氣ある空間にするための秘訣はたくさんあります。

筆者が一番に注目したのは照明。種市先生の会議ルームには3連の照明が!

「この照明、それぞれのライトがいろんな方向を向いていて、動きがあるでしょう? 単調でない家具を選ぶのも空間を活氣づける秘訣です。視界に入れば中脳が刺激されて、脳がマンネリ状態になるのを防げるんです」

また、床はフローリングからカーペットに変更しました。

「足元の冷えを防ぐカーペットは、無意識のうちにストレスや不快感を感じないための工夫として有効です」

足ざわりが心地よく快適に過ごせるものを選ぶことも、風水的なアプローチの一環。

長い時間を過ごす空間ならばなおさら、リフォーム代をかける価値がありそうです!

また会議テーブルのある空間の反対側には畳敷きの和室が。

「ご祈祷は基本的に自宅でしますので、ここは仕事の合間に休憩する空間として使っています。

2枚の曼荼羅は僕が修行時代にご本尊としていたもので、思い入れの強いもの。

こうした思い入れの強さはそのままエネルギーになってくれるので、よく視界に入るところに飾るのがおすすめです」

視界に入った時に自分がいい連想ができることはクリエイティブなアイディアを生むために欠かせない条件ですし、ほっと安らぎたい自宅ならリラックスできるかどうかに直結するトピックです。

次回はパソコン作業などをする書斎におじゃまします!

撮影/水谷綾子

人気連載

READ MORE