連載

住まいの設計編集部:樋口 淳

「四角形の家」がいちばん住みやすい!飯尾和樹さん【すまいの話、しませんか】no.13

様々なジャンルで活躍する方をゲストに迎えて、“すまい”にまつわるお話を伺うこのシリーズ。

それぞれのライフスタイルの中で、「家に求めるもの」や「大切にしているもの」を深掘りしていきます。

第13回目は、数多くのバラエティ番組に出演しているお笑いコンビ・ずんの飯尾和樹さんが登場。

間取り図を見るのが趣味という、自他ともに認める「家好き」の飯尾さんの理想の家について聞いてみました。

「リビングは1階がいい!」とタモリさんからアドバイスされました!

飯尾さん

「住宅雑誌をよく買うので『あ、この家また載ってる』と、分かるほどの家好きです(笑)。
街をぶらぶらするロケでは、見かけたモデルハウスにいきなり入ったりすることも。
渡辺篤史さんの『建もの探訪』も欠かさず録画してるし、家を見ること自体、一種の娯楽になってるんです」

このように話すのは、独自な世界観の芸風でバラエティに引っ張りだこの芸人・飯尾和樹さん。

飯尾さん

現在、自他ともに認める「家好き」だが、子どもの頃にはすでにその傾向が表れていたという。

「子どもの頃、夏休みに親にコテージに連れていってもらっても、遊ぶことより、吹き抜けを見て『なんで、2階をつくらないんだろう? もったいないなぁ』なんて思ってました。
僕らが子どもの頃って、変わった外観の家が多かった。丸い窓や、階段のように段差をつけて配置された窓を見て、『家の中はどうなってるんだろう?』って、不思議でしたね」

大人になっても、家への想いは増すばかりという飯尾さん。

「今でも、建設中のマンションの前を通りかかると、間取り図を見て『あー、3LDKのうち、2部屋は死んでるな』とか、『強引な2Lだなぁ』とか、厳しめに査定したり(苦笑)、家への興味は衰えませんね」

そして芸能界の大先輩のアドバイスもあり、至った結論はシンプルなものだった。

「L字とかいろいろな形の家があるけど、やっぱり四角形の家が住みやすい。タモリさんから言われたのは、リビングは1階がいいということ。宅配便が届くたび階段を上り下りするのはキツいって(苦笑)。動線が大事なんですね」

 

セキュリティーの甘い家!? 実家は世田谷のシンプルな一軒家

飯尾さん

飯尾さんの実家は、東京・世田谷。シンプルな一軒家だったという。

「子どもの頃の自分の部屋は10畳を弟とシェアして、ソファを仕切りにしてました。
階段の手すりを滑り下りる“ターザンごっこ”をよくやっては、『柱が壊れる』と父親から怒られたものです(苦笑)」

今考えるとセキュリティが甘い家だったと振り返る飯尾さん。屋根に段差があり、いかにも空き巣が入りやすそうだった!?

「高校生の頃、夜まで遊んで帰宅が遅くなったとき、そこから家に入っていたくらいですから(笑)。
ある夜、いつものように家に忍び込もうとしていたら、下から光が差してきて、目をやるとお巡りさんがいた。
『自分の家です!』って言っても、『いいから下りてこい』って……そりゃ、信用しませんよね(苦笑)」

 

飯尾さんの理想の間取り図とは?

飯尾さん

飯尾さんの理想の間取り図はどんなもなのでしょうか?

そこで、実際に「理想の家」の間取り図を、本人に描いてもらいました。

それがこちら。

飯尾さん

「家は四角形がいちばん、と言ったわりに、四角じゃないんですが」といきなり計画変更!?

ただ、外壁が階段状なのは「各部屋に多くの日光を採り入れるため」と、機能と日当たりを重視する飯尾さんらしい考えが。さすが「家好き」!

 

飯尾さんが将来住みたい理想の場所とは?

飯尾さん

最後に、飯尾さんの住みたい場所について聞いてみました。

すると、仕事場への移動が大変そうだけど、と前置きしたうえで、海も山もある鎌倉に住みたいんだとか。

じつは芸能界では湘南あたりに住んでいる人が多いそう。

「藤沢に暮らす友人の芸人は、『引っ越して1年は東京への移動が大変だったけど、慣れた今は最高!』って言うんですよ。歩いてすぐに海だし、自然はいっぱいで、環境のよさが移動の苦労を上回るらしい。まぁ、羽田空港に朝6時集合だと、前乗り(前泊)決定ですけどね(苦笑)」

建物について聞くと、「平屋がいい!」と即答した飯尾さん。

「料理しながら家族の顔が見えたほうがいいし、ほかの部屋に行くにもリビングを通るようにしたい。子どもが反抗期になったら嫌がられたりして(苦笑)。あと、窓も大事。人間は日光を浴びないと、脳がネガティブになるんです。それと、畳を敷きたい。今、畳の楽屋って少ないけど、横になりたいじゃないですか。平屋に20畳ほどの広いリビングをつくって、畳を敷きつめたいですね。ほとんど『道場』ですけど……」

このように、最後まで家についての話が尽きない、家が大好きな飯尾さんでした。

 

飯尾和樹さん お笑い芸人
1968年、東京都世田谷区生まれ。お笑いコンビ・ずんのボケ担当。バラエティ番組の雛壇トーク、ロケでは、あらゆる材料を笑いに変える独自の芸風、一発ギャグが芸人から高い評価を受ける。テレビ、ラジオで活躍する一方、映画やドラマでも活躍。2018 年には、『アンナチュラル』(TBS)、朝ドラ『半分、青い。』(NHK)など話題作に出演

撮影/山田耕司(扶桑社)

住まいの設計2019年2月号

住まいの設計2019年2月号

豊富な実例ときめ細やかな情報で快適・便利な住スタイルを提案。家作りの夢が広がる!住まいのお役立ちマガジン

【巻頭特集】「猫だってハッピーにしてほしい! 猫と一緒に暮らすための家」 【第二特集】「自分らしいインテリアと暮らしています」

Amazone詳細ページへ