一級建築士に聞く

造作家具・建具と既製品はどうバランスを取る?一級建築士に聞く!

注文住宅の良さはやはり一点ものであるということです。

そのなかで内部建具・家具が職人さんのつくる造作であるか、既製品であるかは全体の仕上がり感に大きく影響します。

せっかく家を建てるのだから造作家具・建具にしたいという方は多いでしょう。

でも家づくりの予算には上限があります。良いものはそれなりのお値段がします。

今回は、既製品で統一する場合、また造作と既製品を併用した場合など、どのようにそれらのバランスを調整すればいいかというヒントをお伝えできればと思います。

空間を白にすると、既製品でも比較的合わせやすい!

例えば、住宅内部の空間を白で統一したいとしましょう。

天井や壁は、白い塗装やビニルクロスで仕上げられることになるでしょう。

このようなとき、建具や家具に関しては、白い既製品にしてもそんなに違和感を感じることなく合わせられることが多いです。

その例を写真で挙げてみましょう。

白い空間

ご覧のように、全体のバランスとしてはそんなに違和感を感じないと思います。

特にこちらのお宅の場合はアクセントとして濃い色の木製階段を採用しているので、建具の存在がより空間になじんでいるように見えるかと思います。

 

木と木目調は合わせにくい!

次は木の風合いを持つ空間にしたいとしましょう。

最近ではだいぶ木目調柄の既製品も種類やバリエーションが豊富になり、選択の幅が広がってきました。

しかしながら、やはり自然な風合いにはならないので、木そのものと比較すると違和感を感じやすいです。

どのように使い分けるかは気をつけなくてはいけません。

木の風合いを持つ空間

次は木の風合いを持つ空間にしたいとしましょう。

最近ではだいぶ木目調柄の既製品も種類やバリエーションが豊富になり、選択の幅が広がってきました。

しかしながら、やはり自然な風合いとはならないので、木そのものと比較すると違和感を感じやすいです。

どのように使い分けるかは気をつけなくてはいけません。

間取り図

リビングなどのメインの空間は造作とし、廊下からアクセスする個室やトイレ、納戸などは既製品とするという方法もありです。

注文住宅

異なる素材を並べられると、つい同じ視線で見比べてしまうものです。

ここではそういうことを避け、使う素材を空間できちんと完結させるような使い方として提案しています。

こうするとあまり気にならなくなるものです。

 

注文住宅

saki / PIXTA(ピクスタ)

いかがでしたか?

これらのヒントは私たち設計者が持つ引き出しのほんの一部です。

今回は、どちらがいいということを述べるために書いたわけではありません。

状況に応じて多くのアイデアと考え方を持っているということは、住まいを創造する選択肢が増えるということにもなるのです。

これらのヒントから、よりよい家づくりに発展させていただけると幸いです。