家電

キタノアカリキタノアカリ

カインズ「電球型ソーラーライト」が使える!庭の楽しみ方が広がる!

お庭を楽しく、華やかに演出してくれるガーデニングライト。

近年ではコンセントや電池要らずの「ソーラー式ライト」が人気です。

カインズで見つけた「電球型ソーラーライト」が、文字通り「電球」そのままの形をしていて、とっても可愛いんですよ。

わが家での使い方と、その魅力をご紹介します。

屋外で使える「電球型ソーラーライトミニ」

ガーデニングライト

カインズ「電球型ソーラーライトミニ」(価格/498円・税込)

サイズは(約)幅6×奥行6×高さ9.5cmです。

本体はプラスチックではなくガラスなので、あかりが灯った時の透明度が違います。

ミニと言うくらいですから、レギュラーサイズも980円(税込)で販売されていますよ。

ガーデニングライト

電球型のライトは100均でもよく見かけますが、この商品で注目したいのは電池不要のソーラー式であること。

ソケットの裏部分に小さなソーラパネルが付いていて、8時間の充電で約5時間点灯します。

ガーデニングライト

ソケットに吊るせるフックがあって、その先にクリップが付いています。

ガーデニングライト

使用の前にソケットの蓋を外すと、中にスイッチがあるので「ON」に切り替え。

準備はこれでOKです。

 

木に吊るせる手軽さが嬉しい

ガーデン用ソーラーライトは、地面に差し込むタイプが多いのですが、このカインズの電球型ソーラーライトは、木などに吊るせるソーラーライト。

ガーデニングライト

枝にクリップで挟むだけ。

太い枝に取り付けたい場合は、取れてしまう可能性があるので、ヒモやワイヤーで括ると落ちにくくなりますよ。

ガーデニングライト

あたりが暗くなる頃に、いつの間にか点灯していた「電球型ソーラーライト」。

いかがでしょうか?ちょっと幻想的な雰囲気でかわいらしいですよね。

木に実った果実みたいで、風に揺られる姿もきれいです。

クリスマスシーズンに複数設置すれば、イルミネーションのような楽しみ方もできますね。

 

「電球型ソーラーライト」+廃材でアレンジ雑貨も!

筆者がカインズの「電球型ソーラーライト」を使って、挑戦したかったアレンジ雑貨があります。

庭で何年も放置されていた、アルコールランプを使ったアレンジです。

ガーデニングライト

古くサビてしまいましたが、アンティーク雑貨として庭に飾っていたものです。

針金をS字にしてアルコールランプの隙間から通します。

そこへ「電球型ソーラーライト」を引っかければ完成!

ガーデニングライト

ちょうどランプのあかりが灯る位置に、電球をぶらさげました。

夜になると……、

ガーデニングライト

このような仕上がりに。

庭に火をつけたアルコールランプを、そのまま放置するわけにはいきませんが、ソーラータイプなら火事の心配もありません。

ちょっとしたアレンジで、庭の楽しみ方を広げてくれた、カインズの「電球型ソーラーライト」。

たったの498円(税込)とは思えない満足度でした。

気になる方はぜひお試しください。