子育て・教育

秋山悠紀秋山悠紀

通学時の自転車事故件数。中学生第1位は佐賀県、高校生第1位は群馬県

新生活や新学期が本格的に始まりました。

子どもが学校に通う新たな通学手段として、自転車を使うようになるという人も多いでしょう。

暖かくなる春は気持ちが浮き足立ってしまいがち。この時期こそ、子どもの自転車事故には気をつけたいもの。

自転車の安全利用促進委員会が、全国都道府県別の中学生・高校生通学時における自転車事故発生件数について調査。

今回は、その調査結果を発表します。

中学生、高校生の自転車事故が多いのはどの都道府県?

まずは、公益財団法人交通事故総合分析センターITARDAが発表した2017年(1月~12月)の事故データを見てみましょう。

ランキング

都道府県別の人口1万人当たりの通学時の自転車事故発生件数は、中学生は佐賀県、群馬県、香川県が、高校生は群馬県、静岡県、山梨県がワースト3県という結果となりました。

自転車事故

toa55 / PIXTA(ピクスタ)

年代に関係なく自転車事故の総件数は全体的に減少傾向にありますが、中高生の通学時の事故件数は前年と比較して中学生・高校生ともに増加しています。

特に中学生の自転車事故件数がワースト1位だった佐賀県では、2016年から2017年にかけて大幅な増加を見せました。

佐賀県は、人口10万人当たりの交通事故が静岡県に次いで全国2位であり、交通事故が全国から見ても多い地域。

また、2010年の国勢調査では自転車のみを使用して通勤・通学している割合が10.08%と高いことや、2017年の冬季の路面凍結等も影響していると考えられます。

ランキング

また高校生の自転車事故件数がワースト1である静岡県では、登校日を年間200日として計算した場合の通学時、1日当たりなんと約4件の自転車事故が起こっていることになります。

ランキング

また、中高生ともに約7割の都道府県で、前年と比較して1万人あたりの通学時事故件数が増加。

鹿児島県では、事故件数が前年の約2倍にも。

自転車事故を減らすために学校や家庭などではさらなる自転車通学指導を行っていく必要性が感じられます。

自転車通学

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

 

自転車事故の加害者側になる中高生は少なくない

自転車

Dragon Images / PIXTA(ピクスタ)

続いて、自転車通学中の中高生が加害者になった場合の事故について調査。

登校日を年間200日として計算した場合、通学時の事故全体の約2割が自転車側の加害事故であることがわかりました。

自転車側の加害事故は中学生では457件、高校生では1,646件。特に中学生は加害者割合が高くなっています。

ランキング

都道府県別に見ると自転車側の加害事故が最も多い都道府県は、中学生は新潟県高校生は兵庫県

兵庫県の例を見ると、自転車で加害者となった通学時の高校生の事故は207件も起こっており、平均すると1日に1件以上起きている計算になります。

自転車通学

shida / PIXTA(ピクスタ)

 

中高生が加害者となっている割合は、全国的に見ると中学生21.6%、高校生19.0%。

これは全年齢の16.4%に比べると高い割合に。

加害者になってしまう割合が中学生で高くなっている原因は、自転車のルール・マナーに関しての知識が未熟であること、自転車運転の経験の不足等だと見られています。

 

子どもが自転車事故を起こさないようにできることとは?

自転車は、免許が不要なだけでなく、学校で体系的な安全教育がなされていないため、ルール・マナーを知らないまま自転車を利用している中高生も多いと思われます。

子どもたちが自転車に乗る際に、事故に巻き込まれたり加害者になってしまったりしないよう、できることはなんでしょうか。

自転車通学

fkotton / PIXTA(ピクスタ)

 

まず、自転車が自動車と同じ“車両”であることをしっかり認識する必要があります。

こうすることで、自転車乗車に関するルール遵守に対する自覚と責任感がしっかり根付くでしょう。

子どもが自転車に乗ることについて、気軽に捉えすぎない親自身の認識も必要になってきます。

また、定期的な整備点検も忘れないようにしたいところ。

自転車側が加害者になる事故の中には、前照灯不良やブレーキ不良が原因のものもあります。

自転車 ライト

Shoudai / PIXTA(ピクスタ)

親としては、子どもに自転車のブレーキやライトをしっかり点検させ、安全性を自分で確かめる大切さを教えたいですね。

自転車ブレーキ

dorry / PIXTA(ピクスタ)

また、通学だけでなく部活や習い事などで頻繁に自転車に乗る子どもには、自転車の保険加入を検討してもいいかもしれません。

自転車保険

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

保険に入っていれば、万が一加害者となってしまった場合にも十分な補償ができます。

中高生の自転車事故の多さについて普段はなかなか知ることが少ないものですが、今回のようにデータで示されると「自分の子どもは大丈夫かな」と、ドキッとしてしまいますよね。

休みの日には親子で一緒にサイクリングするなど、一緒に自転車に乗ることで自転車の安全性を教育できることもあります。

お子さんが自転車で通学する方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【参考】

※ ~2017年 都道府県別の 中高生自転車通学時の事故件数ランキング~ 中高生の自転車事故は約7割の都道府県で前年比増。 発生した自転車事故のうち約2割が“加害者”になっていた!

  • B!