暮らしのコツ

キタノアカリキタノアカリ

自転車のサビに「インパクトドライバー」が使える!サビ取りクリームも効果あり!

外の気温もどんどんと上がってきて、お出かけが楽しい季節になってきました。

春に物置から引っぱりだした自転車が「サビだらけになっていた!」なんて経験ありませんか?

サビ取りクリームでは落としきれなかった頑固なサビを、インパクトドライバーの力を借りて根こそぎ綺麗にできたので、その方法をご紹介します。

どうして自転車はサビるの?

筆者は北海道に住んでいます。

雪が降り始める11月頃になると自転車を物置にしまいこみ、4月に取り出すという流れなのですが、決まって自転車がサビています。

自転車

ご覧の通り、かなりの重症です。

物置で保管している間、自転車の表面についた水分が、酸素と結びつくことでサビが発生してしまいます。

水分は結露によるものなので、ちょっと対策が難しいのが現状です。

サビ止めを使うなど予防法はあるのでしょうが、春になってから「後悔する」を、毎年繰り返しているのです。

娘が「これじゃ恥ずかしいよー」というので、母が頑張ってサビ落としに挑戦することにしました。

 

ダイソー「サビとりクリーム」で軽度のサビは簡単にキレイに

自転車

まず最初に使ったのはこちら。

ダイソー「自転車用サビとり」のクリームです。

適量を柔らかい布やスポンジに付けて、サビの部分を擦ります。

自転車

軽度のサビならば、サビとりクリームに含まれた研磨剤だけで十分に落とせます。

サビは簡単に落とせないものだと思いこんでいたので、こんなに簡単に落ちて驚きました。

自転車

でも、布で擦るだけでは落とせない頑固なサビもありました。

落ちにくいサビはクリームを多めに塗って、5分ほど放置。サビが落ちやすくなるようです。

 

インパクトドライバーの力で頑固なサビをやっつける!

自転車

手で擦るだけでは落としきれない頑固なサビは、こちらの「六画軸筆型ブラシ」を使いました。

お値段は300円ほど。ホームセンターで購入できます。

針金のような硬い金属の毛束になっていて、筆のような形をしています。

自転車

ビット(先の方の取り外し可能な部分)を「筆型ブラシ」に交換。

ドライバーと同じ要領でビットを回転させ、毛先をサビの部分に押し付けて磨きます。

自転車

上部だけ筆ブラシで磨いてみました。金属の光沢が蘇ったのが分かりますか?

ベルなどの付属品を取り外して、まんべんなく磨いてみました。

自転車

どうでしょうか?きれいにサビが落ちたのがよく分かりますよね?

ここまで磨くのに10分くらいはかかりましたが、インパクトドライバーの力を借りたので、軽く擦るだけで力いらず。

金属ブラシの力強さと、インパクトドライバーの強い回転力で、頑固なサビがきれいに落ちました。

みるみる落ちていくのが面白すぎて、ほかのサビを探してしまうほど。

インパクトドライバーを使える方なら、女性でも簡単に作業できますよ。

あきらめているサビがありましたら、「インパクトドライバーを使ったサビ落とし」ぜひ挑戦してみてください。

  • B!