ラン活する人は必見!「ランドセル」にあってよかった機能3つ

”ランドセル購入は5~6月がピーク”。そんな声が聞こえてくる今日この頃。

「ラン活」は年々、熾烈になっています、

2020年に小学校入学予定のお子さんをもつ親御さんは、百貨店や様々なランドセルメーカーのショールームに訪れたりなど、”今まさにランドセル検討中!”という方が多いのではないでしょうか?

”男子は黒、女子は赤”のほぼ一択だった昔とは違い、現在は色、デザイン、丈夫さ、ブランドなど選択肢が多いことにより、結局どのランドセルがいいか決めきれないというご家庭も珍しくはありません。

もちろん筆者もその一人でした。

そこで今回は、この春小学校に入学した筆者の娘のランドセルの使い方を見て、”あってよかった機能を3つご紹介いたします。

 

1. 「仕切り」ランドセルの中身がきれいに整理整頓できる!

ランドセル探しといえば、まずは”見た目”に焦点を当てがちですが、”中身”についても忘れてはいけません。

まずオススメしたいのが、ランドセル内部に装着できる「ランドセル仕切り」

ランドセル仕切り

1年生は必要ないかな?と思っていたのですが、オプションの「仕切り」をつけたことにより、筆箱や連絡ノート、提出物のファイル類は上段、教科書とノート類は下段と振り分けることにより出し入れがしやすいそうです。

ランドセル仕切り

ランドセルの中をきれいな状態に保つことで、学校の自分の机の中なども整理整頓の習慣がつくことを親としては期待しています。

 

2. 「ランドセルフック」を侮るなかれ!

最近のランドセルであれば必ずといっていいほど、ランドセルの“肩ベルト部分”に、「フック」が付いていますよね。

ランドセルフック

このフックですが、ランドセルによてはフックは片方の肩ベルトのみという場合もあるようですが……

娘のランドセルは”両方の肩ベルトにフックがついているタイプ”

ランドセルフック

今や通学ワッペンですら装着。子どものランドセルの使い方は親の想像を超えていきます

正直ランドセルを検討している際は、フックの数などあまり気にしていなかったのですが、いざ入学すると、フックはたくさんあって損は無しということが判明!

今の小学生は、肩ベルトに防犯ブザーを取り付けるのは常識(ランドセル本体のフックに防犯ブザーを付けても手が届かないため)

しかし、筆者の娘の小学校は”災害・防犯用ホイッスル”も配布されました。

よって、それぞれの肩ベルトに防犯ブザーとホイッスルを取り付けています。

集団下校だから安心安全と思っていましたが、1年生だけで下校する日も多く、さらに入学してわずか2週間で不審者情報のエリアメールが5件も!

“もしも”のときは考えたくはありませんが、ランドセルに備えられるものは備えておくことが重要と感じています。

 

 

3. 「ファスナー付きポケット」は開口部が広いものが◎

ランドセル本体に備わっている「ファスナー付きのポケット」。

ファスナー付きのポケット

学校の集金日にお金を入れたり、高学年になれば自宅の鍵を入れたりなど便利なポケットですが……。

ポケットの形やどれくらい開くかを検討することは、とっても大切であると感じました。

筆者の娘のランドセルは開口部がラウンドタイプのもの。

ファスナー付きのポケット

チャックを全開にすると、中身が取り出しやすいので使い勝手がいいようです。

しかし、スクエアタイプでフラットなポケットは少々使いにくいそう。

チャックが横にしか開かない分、ポケット内部が奥まで見えにくく、サッと取り出せずにストレスを感じるお子さんもいるんだとか。

6年間使用すれば、悩みに悩んで購入したランドセルもただの“教科書を入れるカバン”となるわけですが、ちょっとのスペックの差でランドセルの使いやすさに差が出るのであれば、わが子には使い勝手のいいランドセルを選んであげたいですよね。

”子どもが使うもの”に焦点を当てすぎるのではなく、”自分が、新しくバッグを購入するのであればどんなものがいいだろう?”

そう考えることも、使いやすいランドセルを選択できる近道になるかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

早期割引○%オフとか、人気のデザインはすぐに売り切れる!という言葉にあおられ、少々加熱気味の“ラン活”。

そう、現代はランドセル探しが前倒しされ、一年中ランドセル売り場が存在してる状態なのです。

この状況から人気のモデルなどを除けば、ランドセルは”いつでも購入できる”ものといえます。

そう考えれば、少しは冷静にランドセルについて考えることができるかもしれません。

今回ご紹介した3つは、あくまで筆者の娘のランドセルの使い方を見てオススメしたポイントです。

近所の小学生がランドセルをどのように使っているか、観察してみるのもいいかもしれませんね!