家電 連載

なんでも大家 アサクラなんでも大家 アサクラ

メッシュWi-Fiなら繋がる!無線LAN中継機よりいい理由

メッシュWi-Fiは電波が家中「網目のように届く」を実証

3台ともしっかり稼働している様子が確認できます。

実際に離れでスマホを操作してみましたが、バッチリ接続されていてメールチェックはもちろん、動画もサクサク見れました。

あらためて使用環境をまとめると、

  • 母屋と離れはともに木造
  • 母屋と離れの距離は3メートルほど
  • 2つの建物を最短で結べる壁際に機器を設置

といったところです。

これらの状況下でインターネットのスピードもテストしましたが、離れも母屋もあまり変わりませんでした。

TP-Link社の「Deco M5」アプリ

左が母屋、右が離れ

そして今まで電波がいまひとつだったキッチンやベランダでも、ストレスなく使えるようになりました。

 

文字どおり家中を「網の目のように」カバーするのがメッシュWi-Fiの特長だと実感した次第です。
それと、地味に気に入った点は、Wi-Fiの名前とパスワードを自分で設定できるところ。

ふつうのルーター(や中継機)だと、

TP-Link社の「Deco M5」アプリ

こんなふうに機種名が表示されて、本体の裏にシールで貼られたパスワードを入力して接続したりしますよね。

「Deco M5」の場合、名前もパスワードも自分で決められ覚えやすいことが特徴。
我が家のようにお客さんが来て使ってもらう場合も便利だと思います。

 

デメリットは高価格なこと。総合的には大満足

実はメッシュWi-Fiにはデメリットもあります。
一番のネックは、やはり価格。

メッシュWi-Fiは複数のユニットから構成されることもあって、とにかく高額。
従来のWi-Fiルーターの3~5倍です。

我が家の場合で言うと、既存のルーターが7,000円前後だったのに対し、今回購入したTP-Link社の「Deco M5」(3個セット)は2万円オーバーで3倍以上。

TP-Link社の「Deco M5」

それでも、この「Deco M5」はメッシュWi-Fiのなかでは、比較的リーズナブルで(僕が選んだのもそれが理由です)、より高価な製品は3~5万円くらいする場合もあります。

僕自身はこの「Deco M5」しか使っていないので、より高額な製品でどんな品質のちがいがあるのかについては残念ながらわかりません。

TP-Link社の「Deco M5」アプリ

さらに、もうひとつデメリットと言えるのがスマホやタブレットがないと使用することができないということ。

TP-Link社の「Deco M5」サイズ

また、直径12センチというコンパクトさではありますが、置き型というのが少々使いづらいところ。

別売りの壁掛けパーツを買えば柱や壁に吊るすことはできますが、シンプルなプラスチックのパーツ3個で2,000円くらいで「ちょっと高くない?」と感じてしまいます。

せめて裏面にフック用の穴をつけてくれればよかったのにと思います。

このようなデメリットも感じましたが、基本的にはメッシュWi-Fiのおかげで電波状況が劇的に改善されたので、総合的には大満足でした。
広めの一戸建てにお住まいの方や、僕のように離れでネットをストレスなく使いたいという方におすすめです。

*こちらの記事で紹介した商品は、2019年6月現在のものです。

人気連載

READ MORE