子ども部屋は本当に必要? or 不要?その悩みを即解決できる実例3つ!

家を建てたり、マンションを購入したり、引越ししたりするとき、必ずと言って持ち上がるのが「子ども部屋はどうする?」問題です。

子どもの健やかな成長のためには、子ども部屋は必要か、不要か、どちらが良いのでしょうか。

一軒家を購入した夫婦、元塾講師、一級建築士が出したそれぞれの答えとは?

ぜひ、子ども部屋づくりの参考にしてみてください!

一軒家を購入した夫婦は「子ども部屋は狭くてOK!」と判断!

家族

KAORU / PIXTA(ピクスタ)

まず1つめの実例として紹介するのは、27歳にして一軒家を購入したライター兼WEBデザイナーの堀本さんの場合。

家を建てるとき、子ども部屋をいくつ作るか、またどのくらいの広さを確保するかを考える必要があります。

スペースの問題、価格の問題など、いろいろな条件も考慮しなくてはなりません。

堀本さん夫婦の下した決断は「子ども部屋は狭くてOK!」というものでした。

子ども部屋

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

その結論に至った一番大きな理由は、「勉強机はいらない」と決めたことにありました。

子ども部屋をどんなふうに作るか、またどんなふうな使い方をするかにあたっては、正解がないからこそ、難しいものですよね。

自分なりの正解にたどり着くには、子どもの成長を具体的にイメージしながら、子ども部屋についてじっくり考えることなのかもしれません。

詳しくは記事をチェック!

 

 

 

元塾講師が提言する「子ども部屋はやっぱり必要!」その理由とは?

子ども部屋

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

次は塾講師としての経験も豊富な、ライターの小林さんの場合。

塾で働いていた当時から、保護者から子ども部屋についての相談をたくさん聞いてきたそうです。

そんな小林さんが下した結論は「やっぱり、子ども部屋は必要!」。

教科書

kazuma seki / PIXTA(ピクスタ)

塾の生徒の中には、忘れ物やなくし物が多い子どもがいて、そのほとんどが子ども部屋を持っていない子でした。

自分の荷物の置き場所がはっきり決まっていないため、あちこちにものを置き忘れてしまうことが原因だったようです。

子ども部屋は、整理収納を学ぶ空間にもなります。

こちらの記事では、スペースの問題で子ども部屋をつくれないときの解決策についても触れています。

詳しくは記事をチェック!

 

 

「子ども部屋問題」気になる一級建築士の見解は?!

一級建築士は、住みやすい空間を生み出す住宅のプロです。

家族構成や生活スタイルも考慮して、それぞれの家族の暮らしにぴったりな家を提案してくれます。

さまざまな家庭の家の設計に携わり、経験も豊富な、唯渡邊さん。

そんな一級建築士が出した答えは、“子どもの心に合わせたフレキシブル・スタイル”の子ども部屋でした。

親との密着度が高い小さいうちは、個室よりも「ゆるやかな子どもスペース」を。

子どもが自我を持ち、自立心が芽生えたら「個室」を。

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

勉強に集中できる環境が欲しい。

親から独立した空間で過ごしたい。

大きくなった子どもの心の声を親が敏感に察知して、その時々にぴったりな子ども部屋を用意してあげられたら、成長の後押しにもなるかもしれませんね。

詳しくは記事をチェック!