DIY

pinkopinko

100均のウッドパネルで「プランターカバー」を簡単おしゃれにDIY

木材カットは一切不要、材料は1種類だけでOK、製作時間もわずか数分と、驚くほど簡単におしゃれな雑貨を作ることができるのが「100均リメイク」。

今回は100均のガーデンウッドパネルを使った「プランターカバー」の簡単リメイクアイデアをご紹介します。

100均リメイクでおしゃれな「プランターカバー」を作ろう

植物たちを素敵にコーディネートしてくれる「プランターカバー」。

木製のプランターカバーはどんなインテリアにも馴染みやすく、見た目もとってもおしゃれです。

買ってきた植物を植え替えることなく、そのまま中にポンと入れられるので手軽にアレンジできるのも魅力です。

プランターカバー

 

材料は100均アイテム1種類だけ!

今回材料として使ったのは「ガーデンウッドパネル」という100均アイテム1種類だけ。

これを全部で5枚用意します。

このウッドパネルを組み合わせることによって、おしゃれなプランターカバーを作ってみようと思います。

プランターカバー

 

木材カット不要。組み合わせてくっつけるだけの簡単DIY!

木材をカットすることはもちろん、ネジ止めやペイントさえも一切不要!

誰でもカンタンに作ることができます。

 

ステップ1 ウッドパネルを組み合わせ、プランター側面を作る

ウッドパネル4枚の裏面(脚の付いている面)を内側に向け、箱の形に組み合わせます。

隣り合うウッドパネルを縦横交互に合わせると、脚がぶつかることなく組むことができます。

プランターカバー

組み合わせた4枚のウッドパネルを、瞬間接着剤で接着します。

木工専用の瞬間接着剤を使うと、しっかり強力に固定することができます。

ウッドパネル4枚でプランターカバーの側面部分ができました。

プランターカバー

 

ステップ2 プランター底面を作る

プランターカバー側面部分の上に、残りのウッドパネル1枚を接着します。

これがプランターカバーの底面になります。

天地をひっくり返せばおしゃれな木製プランターカバーの完成。

5枚のウッドパネルを組み合わせて接着するだけで、簡単に作ることができました!

プランターカバー

 

「プランターカバー」にグリーンをレイアウトしてみよう

プランターカバーの上から、ポットのままグリーンを入れるだけでOK!

上面がオープンになっているので、水やりなどの日常管理もラクラクです。

プランターカバー

味気ないプラスチック鉢やビニールの苗ポットをおしゃれに目隠し。

シンプルなスクエア型の木製プランターカバーが、グリーンの美しさをグッと引き立ててくれます。

 

いかがでしたか?

おしゃれな木製プランターカバーを、1種類の100均アイテムを組み合わせるだけで作ることができました。

手間もお金もかけずに、驚くほどおしゃれな雑貨を作ることができるのが100均リメイク。

みなさんもぜひ作ってみてください。

  • B!