暮らしのコツ

平野直子平野直子

捨てられないおもちゃはエアー処分!? 「とりあえず」ボックスが効果的

お子さんがいらっしゃる家庭ならよくある、おもちゃがあふれて整理できない、なかなか処分ができない問題。

あふれています、我が家のおもちゃ箱も。
とにかく我が子は捨てないんです。全部とっておきたいタイプ。
しかも雑な性格なので、箱からはみ出していたり、下に落ちてたりしてもへっちゃら。
スイーツが入っていた変形の箱とか、ハッピーセットのおもちゃとか、レストランで子どもセットについてくる100均のおもちゃとかがもうめちゃくちゃになってました。

ここでは、捨てられないおもちゃの整理と処分、子どもへの与え方について我が家なりに考えたことをご紹介します。

壊れたおもちゃは勝手に捨てたらあかんの?

おもちゃ

おもちゃが増えすぎてお片づけもままならなくなってきたので、処分することにしました。

いつの間にやら集まってきた何個もあるカチューシャのうち、壊れたカチューシャを私が捨ててみたんです。

すると数か月後のある日「カチューシャがない!!」と騒ぎ出しました。

「もう壊れてたから捨てたよ」と言うと不満だったらしく、それから自分が片付けなかったせいで行方不明になったおもちゃも「お母さんから捨てられた」と私のせいにするようになりました(もちろん捨てていません)。

えらい迷惑!

 

ひとつ手に入れたらひとつ手放す

おもちゃ

ネットで調べてみると、勝手に捨てるより子どもと相談しながら捨てたらスムーズにいくとあったので、我が家にも取り入れてみました。

月に1度のタイミングで半年間ほどやってきたのですが、全然おもちゃが減らない!

「捨てる」「捨てない」と一緒に検討してみるんですが、子どもが一向に捨てる気になりません。

全部要る! どれも捨てたくない! と言い張ります。

困りました……。

次に採用してみたのが、ひとつおもちゃをゲットしたら古いおもちゃをひとつ手放す、というルールです。

これは結構効きました。

新しいおもちゃに目がくらみ、古いおもちゃは魅力薄に見えるらしい。
今あるおもちゃを捨てるのは嫌だけれども、新しいおもちゃが手に入るのであれば処分できるみたい。

しかしこれでは、すでに増えすぎたおもちゃの処分スピードに追いつきません。

 

捨てる一歩手前の「とりあえず」ボックスを用意する

「とりあえず」ボックス

もう個別の箱に入りきらないし、捨てることもできない。増える量と捨てる量のバランスが取れない。

最終手段として考えたのが、「エアー処分」です。

「とりあえず」ボックス

明らかに遊んでいないおもちゃを私がピックアップして、とりあえずストックボックスに入れておくことにしました。

ボックスは子どもの手の届かない場所に隠しておきます。
子どもがなくなったおもちゃに気がつくことは、ほぼありません。

まだ本当には捨ててないんだけど気持ちの上で捨てたことにする、名付けて「エアー処分」。

あふれるおもちゃもなくなって、空間も気持ちもすっきりしました。

「とりあえず」ボックス

しかしある時、パズルがないことに気がついた我が子。「またお母さんが捨てたー!」と私を非難し始めました。


「いやいやあるよ、高いところにないないしてあります。ちゃんとあります」
子ども
「じゃあ、見せてよ!」

「(箱の中を見せながら)はいはい、ここに入ってます。ほらね。パズルで遊ぶの?」
子ども
「いや遊ばない。あるんだったらいいわ」

目の前にはないけれどどこかにはある、ということで安心したようです。
もう遊ばないけど、自分の所有物を捨てられるのは嫌だという感覚は大人の私にもわかります。

以前は勝手に捨ててしまわれて、自分をないがしろにされたと感じたのかもしれません。

捨てる一歩手前の「とりあえず」ボックスに1年以上寝かせたおもちゃは、また子どもと話し合って処分したり誰かに譲ったりすることにします。

その時には「1年間遊ばなくても、不自由はなかった!」と子どもが感じてくれたらいいな。

 

処分することより、与えることにシビアになろう

リカちゃん

今回痛感したのが、「いかに処分するか?」よりも「いかにおもちゃを適切に与えるか?」でした。

種類豊富に揃っているリカちゃんで遊んでいたのはほんの数回だけだったし、夫が使わなくなったデジカメやミニカーを欲しがったからという理由だけで子どもに与えていたことも判明。

これらのものは、我が子にとって「所有する満足」は得られたのかもしれません。
でもモノを大切にしたり、愛着を持つという気持ちを育てることはできなかったようです。

処分する時に頭を抱えるより、おもちゃを与える時にもっと子どもの目線に立って考え、その時に子どもが本当に欲しがっているもの、必要なものを慎重に見極める必要があると思いました。