収納術

内野 チエ

衣替え“コレ”でラクになりました。おすすめアイディア3つ

衣替えの時期は衣類を出したり入れたり、不要な衣類を処分したりと、本当に面倒ですよね。

毎シーズン同じことを繰り返していると、「何か無駄を省けないかな?」という考えが浮かんできます。

そこで、イマドキのアイディアで衣替えの手間を徹底カット!

衣替えがラクになるおすすめアイディアを、3つまとめてご紹介します!

1.イケアのボックスで衣替えのあの問題を解決!

子ども服の衣替えをしていると、サイズアウトした洋服の山が部屋の隅に積み上がります。

衣替えを終えても、次は着れなくなった洋服の処分に取り掛からなければならず、なかなか作業が終わりません。

衣替え

そんなとき、イケアのふた付きボックス「PAPPIS」があれば、あっという間に問題が解決しますよ!

「PAPPIS」はひとつ99円のダンボールケースで、シーズン別に洋服をしまっておくのにぴったり。

衣替え

衣替えでサイズアウトした服が出れば、その場でぱっぱっと中に入れて、箱詰めができます。

そのままおさがりとして人に手渡しても良いですし、ガムテープで封をして郵送することもできるんです!

ダンボールケースだからこそできる、裏技が使える「PAPPIS」。

詳しくは記事をチェック!

 

2.「アウターから」で作業効率&モチベーションがアップ!

衣替え

衣替えは作業の手順を意識して始めるとスムーズに進みます。

オススメはアウターから始めるということ。

アウターは数が少なく、要る、いらないの選択がすぐにできます。

また、1つひとつがかさ高いので、1着整理するだけでスペースが大きく空き、その後の作業がしやすくなります。

衣替え

家族が多いとその分、衣替えが大変です。

ぜひ、作業効率やモチベーションアップについても考えながら取り組んでみてください!

詳しくは記事をチェック!

 

3.一年中着られる服を増やせば衣替えの必要なし!

衣替え

衣替えの手間を減らすために、一年中着られるアイテムを増やすこともひとつの手です。

キャミソールやタンクトップは冬でもインナーとして大活躍。

薄手のカーディガンは秋冬はもちろん、夏のUV対策や冷房の冷え予防に使えます。

衣替え

夏場にヘビロテするショート丈のデニムパンツは、タイツと組み合わせれば寒くなっても履くことができます。

一年中着回しできるアイテムが増えれば、衣替えが必要な衣類はほんの一部になり、時間も手間も大幅減に!

シーズンを超えて長く着られるアイテムが多いと、コーデの幅も広がり、まさに一石二鳥ですね。

詳しくは記事をチェック!