暮らしのコツ

内野 チエ

浴室のカビを防ぐ、水滴を残さない工夫で快適に過ごすコツ

いよいよ本格的な梅雨が始まります。お風呂のジメジメやカビが気になる季節ですね。

梅雨の時期でもお風呂をキレイに保っている人は、便利グッズを使ったり、思い切ったアイディアで、ラクに快適さをキープしているようですよ!

浴室のカビ対策に関するお役立ち記事を、3本まとめてご紹介します。

1.銭湯方式!? 目からウロコの収納術

空気中の湿度が高くなると、水滴で濡れた浴室はなかなか乾きません。

シャンプーやリンスのボトルの底、洗顔フォームのキャップなどもぬめりやすくなり、気持ち悪いですよね。

梅雨時期はこまめに掃除をしても、すぐにまたぬめりが発生してしまいます。

そこで解決策として考えたのが、“吊るす”収納です。

髭剃りは吸盤付きのものを選び、ミラーにくっ付けました。

かさ高いシャンプー&リンスや、ボディーソープのボトルはまとめて脱衣所に置くことに。

銭湯方式で、使うときだけ浴室に持ち込むという方法で、ぬめり問題が解決!

じめじめしがちなバスマットも思い切ってやめてしまうと、衛生面でも、掃除の面でも、快適さが数倍アップしたそうです。

2.無印の優秀アイテム“進化系”スキージー

お風呂に入ったあとの水滴は、放っておくと水アカやカビになってしまいます。

自然に浴室が渇きにくい梅雨の時期は、スキージーなどの道具を使ってお風呂の水切りをするのがオススメです。

無印良品で発見したのは、スポンジ付きで掃除もできちゃう“進化系”スキージー。

スポンジとスキージーが表と裏にくっ付いていて、くるっとひっくり返すだけで掃除から水切りまですべて1アイテムで終えることができますよ。

時短にもなる便利な無印良品の掃除アイテム。その名も「掃除用品システム・スキージー」。

一度使うと手放せなくなる、5つの魅力とは?

無印良品「掃除用品システム・スキージー」が手放せない5つの理由

 

3.浴室の棚をマグネット式に変えたらスッキリ!

お風呂の壁付け棚はプラスチックで、使い続けるうちに水垢が目立ってしまいます。

傷が付いてしまいそうで、ごしごし力を入れて擦るわけにもいきません。

おまけに、壁と設置面のパーツの隙間までブラシが入らず、掃除で歯がゆい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みに応えて登場したのが、「マグネット式のホルダー」です。

浴室は構造上、マグネットがくっつく場所が多く、最近はマグネット式のホルダーがいろいろと出ています。

ステンレスタイプのものを購入してみたところ、見た目もカッコよく、汚れもつきにくいと、良いこと尽くしだったそうですよ。