収納術

mujikko-RIEmujikko-RIE

無印ポリプロピレン収納ラックならカスタマイズできる。重ね方で収納量アップ

いざ収納用品を買おうとしたとき、あとちょっと高さが欲しい!ってときありますよね…。
好きなように増やしたり、高さが変えられたりしたらいいのに。

そんな悩みを解決する収納ケースが、無印良品の「ポリプロピレン収納ラック」。
薄型、深型、深大型の3種類あり、オープン型の収納ラックだから組み合わせによって高さや収納スペースが変えられます。
ここでは組み合わせ方と収納アイデアをご紹介。

「ポリプロピレン収納ラック」は3タイプ

無印良品の「ポリプロピレン収納ラック」

こちらが、「ポリプロピレン収納ラック」です。

サイズは、薄型・深型・深大型の3つ。

  • 薄型 幅37×奥行26×高さ9cm
  • 深型 幅37×奥行26×高さ17.5cm
  • 深大型 幅37×奥行26×高さ26cm

この3つを重ねることで、自由に収納ラックが作れます。

付属のパーツでしっかり固定可能

こういう”重ねる収納”でありがちなのが、上下の収納ラックがすぐズレる問題。
使うたびに動くとストレスなだけでなく、危険もありますよね。

これはしっかり固定できるので、ちょっとやそっとじゃ動かず、安心して使えます。

ポリプロピレン収納ラック組み立て

組み立ては簡単。
付属の部品をさすだけ。
四隅にグイッと押し込むことでしっかり固定できます。
ポリプロピレン収納ラック組み立て

合体!ちょっとやそっとじゃズレません。

オープンな収納なので中身も見やすいですね。
一番下のボックスに別売りのキャスターをつければ移動もラクラク、掃除もしやすくなります。
床に置くならキャスターは必須アイテムです。

上にはポリプロピレンケースの横型も乗せられる!

ポリプロピレン収納ラック組み立てアイデア

さらにケースの最上段には横型のポリプロピレンケースを組み合わせることもできます。もちろんこれもしっかり固定できるので安心。

これならフタがわりにもなるし、物も置けるようになり、色々応用がききますね。

ケースの上下を逆にくっつければさらに大容量!

ポリプロピレン収納ラック組み立て方法

ポリプロピレン収納ラックは、たったの3サイズしかないので、もうちょっと高さがあればなぁ〜ということもありますよね。

そんなときもご安心を!
実はこのラック、ひっくり返してくっつけることができるんです。なんともすごい発想!

真ん中のラックを上下逆にして組み合わせてみました。

ポリプロピレン収納ラック組み立て完成

深大型を2つの組み合わせなら最大で高さが約50cmまで拡張できます。
これなら背の高いものも入ります。

組み合わせ次第で好みの高さが作れるのが、このラックの魅力的なところでもあります。

モノがポイポイ入れられる

ポリプロピレン収納ラック収納

こちらのようなオープンラックにすれば、開口部が広く、中身の出し入れがしやすくなります。
何がどこにあるかも一目で分かりやすく、小さなお子さんにもオススメです。

ポリプロピレン収納ラック収納アイデア

また、同じ無印の「メイクボックス」がジャストサイズで入ります。
細々したものは一旦このケースにまとめてから入れると、ごちゃつきません。

モジュールが揃ってるからこそできるワザですよね。

水に濡れてもすぐに拭き取ればよいので、洗面所やキッチンでも大活躍間違いなし。ぜひチェックしてみてくださいね。

*この記事に掲載している商品は、2019年7月時点のものです。

  • B!