マネー

高幡和也高幡和也

オーバーローンは自己資金ゼロでも家が買える!?リスクを知って活用を

最近よく耳にする「オーバーローン」という言葉ですが、これは主に住宅などを購入する場合に利用されるローンの一形態です。

オーバーローンにはメリットもありますが様々なデメリットもあります。

今回はこの「オーバーローン」についてお話しします。

そもそもオーバーローンって何?

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

住宅などを購入する場合に、物件価格以上の金額を住宅ローン等で借り入れることをオーバーローンと呼びます。

物件価格以上の金額を住宅ローン等で借りるといっても、自分が自由に使えるお金を銀行が貸してくれるわけではありません。

オーバーローンは、住宅購入時にかかる諸費用分(登記費用・銀行保証料・仲介手数料など)のみがその融資対象です。

オーバーローンのメリット

お札と文字プレート

Graphs / PIXTA

一般的に、住宅を購入する場合は物件価格の他に様々な諸費用が発生します。

もし、購入する物件価格の100%を融資してくれる銀行があれば頭金は必要ないことになりますが、この購入時にかかる諸費用については別途用意しなくてはなりません

しかし、この諸費用も銀行が融資してくれるなら、手持ちの資金がゼロでも住宅が手に入ることになります。

仮に、手持ち資金があったとしても、「現金を手元に残しておきたい」や「現金を使う予定がある」等の場合にこのオーバーローンが利用できれば、住宅取得に自己資金を充てなくて済みます。

この様に、自己資金を利用せず住宅の購入ができるのがオーバーローン最大のメリットです。

オーバーローンのデメリット

自問自答

タカス / PIXTA(ピクスタ)

オーバーローンにはメリットだけではなく、いくつかのデメリットもあります。

このデメリットをしっかり理解せずにオーバーローンを利用するのは避けなければなりません。

換金性の低下

最も大きなデメリットは、「換金性の低下」です。

例えば、購入物件が「4,000万円」で、諸費用が「350万円」だった場合、その住宅をすぐに売却する場合は「4,350万円」以上で売却しなければなりません。

つまり、購入時の価格よりも高い金額で売却しなければローンを全額返済することができなくなるのです。

諸費用の借入分は金利が高いことも

購入時の諸費用については、住宅ローンの一部として融資可能な銀行や、住宅ローンとは別枠で融資する銀行があります。

住宅ローンの一部として融資を受ける場合、その金利は住宅ローン金利が適用されますが、別枠で融資を受ける場合は住宅ローンよりも高い金利が設定されています。

その場合は、当初想定していたよりも毎月の返済額が多くなる可能性もあります。

オーバーローンを申し込む場合は金利の差にも注意してください。

オーバーローンを諸費用以外に使うのは契約違反!

Graphs / PIXTA

悪質な業者から、「オーバーローン分は自由に使えますよ」とか「他の借入金返済に充当できますよ」などと言われたりしても絶対にやってはいけません。

オーバーローンは、あくまで購入時の「諸費用」にしか充てられませんので、それ以外の使途(車の購入資金や他の借入金返済など)に充てると、銀行から「契約違反」として、住宅ローンの一括返済を求められることもあります。

結局、オーバーローンは利用してもいいの?

money/pixabay

「物件価格プラス諸費用分」の融資を行っている銀行は、それぞれ独自の審査を行ったうえで融資の可否を判断しています。

自分自身がローンを確実に支払っていける自信と根拠があり、銀行の融資審査をクリアし、尚且つ不正行為でなければオーバーローンを利用しても問題はありません。

ただし、十分に返済計画を検討したうえで利用することを心がけましょう。

  • B!