家づくり

WriternistaWriternista

家の工法と構造の基礎知識。「構造上この間取りは無理」と言われる前に…

ここでは、家づくりで最低限知っておきたい「工法と構造」の基礎知識について。

家を建てる土地が決まると、ここにどんな家を建てようかとあれこれ考え、わくわくしますね。
一戸建てを建てる場合、希望の間取りをハウスメーカーや工務店の人に伝えると「この間取りは構造上つくれません」と言われてしまうことがあります。

いざ、家づくりをしようと思ったら希望の間取りが実現できなかった……ということがないように、工法とその特徴をあらかじめ知っておきましょう。

1.同じ木造住宅でも異なる特徴が

木造

写真AC

木造住宅の工法はそれぞれにメリット・デメリットがありますが、間取りの自由度が高いのは木造軸組工法です。

1-1 木造軸組工法

日本伝統の工法で「在来工法」とも言います。

木材を多用するため、良質の木材に恵まれた日本の風土に合った工法です。

コンクリート基礎の上に柱や梁などの木材の組み合わせで骨組みを造り、壁になる部分にクロスさせて木材を打ち付けます(筋交/すじかい、といいます)。

木造軸組工法は、後に説明する「2×4(ツーバイフォー)」に比べて柱と梁の位置を変えることが容易にできます。

そのため、さまざまな間取りやデザインにも柔軟に対応できます。開口部を大きくとることもできます。

1-2 2×4(ツーバイフォー)工法

この工法で使用される木材のサイズが「2インチ×4インチ」であることから、こう呼ばれて言います。

柱や梁を使わずに均一サイズの角材と合板を接合して、箱状の空間を作り、部屋にしていきます。

既製サイズの角材に合板を貼って組み立てていくという単純な工法のため、高度な技術は必要ありません。

工期が短縮でき、木造軸組工法に比べ、耐震性、耐火性に優れているというメリットがあります。

一方で開口部を大きくできないという制約があり、木造軸組と比べて間取りの自由度は低くなります。

1-3 プレハブ工法

柱や壁、梁などの部材を工場で造り、部材を現地に運んで組み立てる工法です。

工場で造るため品質管理がしやすく、工期も比較的短く、コストは安価ですが、デザインと耐久性がやや劣ります。材料は木質系だけでなありません。

木質系

壁や床を木質系パネルで構成し、「面」の力で建物を支えます。

鉄骨系

軽量鉄骨の柱や梁、ブレース(筋交いに相当)で骨組みを構成

ユニット系

鉄骨の骨組みのものが主流となりますが、2×4ユニットもあります。

コンクリート系

工場生産のプレキャストコンクリートパネルで躯体を構成します。素材には、鉄骨、木質、コンクリートなどが使われています。

2.木造以外の工法にはどんなものがある?

木造住宅のほかにも次のような工法が一般的に使われています。

住宅

写真AC

2-1 RC造(壁式工法)

RC造は壁式工法とも言われます。鉄筋で型枠を作り、コンクリートを流し入れて柱や壁を造っていきます。

他の工法と比べて一般的に耐火性や耐久性が高いのがメリットですが、工期が長くなりがちなうえ、木造と比べ建築費が高くなります。

鉄筋コンクリート造には、ラーメン構造と壁式構造があります。

ラーメン構造

強靭な鉄筋コンクリートの柱と梁で構成されます。

耐震・耐火性能に優れ、大空間を作ることができますが、建物や地盤補強などにコストがかかります。

また、コンクリートは熱を通しやすい材料ですので、断熱に工夫とコストがかかります。

マンション

Renoir / PIXTA(ピクスタ)

マンションの場合、周りを他の部屋で囲まれているので、それほど外気温に影響されません。

そのためか、マンションはRC造のものが多いようです。

ラーメン構造のマンションには部屋の角に梁の「出っ張り」があり、圧迫感を感じることがあります。

壁式構造

強靭な鉄筋コンクリートの面で構成されます。

柱や梁がないため、部屋の内側に出っ張ることがないので、ラーメン構造の部屋に比べ室内がスッキリとした印象になります。

面で構成されるために、大空間は作りにくく、鉄筋コンクリート造のため、ラーメン構造と同じように伝熱性に関してのデメリットがあります。

2-2 鉄骨造

柱や梁を鉄骨で造る構造です。軽量鉄骨造と重量鉄骨造があり、強度の関係で2階建てまでだと軽量鉄骨、3階以上だと重量鉄骨で建てられた家が多いようです。

木造軸組と比べて柱の本数が少なくてすむため、間取りの自由度は高くなります。

3.まとめ

キッチン

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

理想の家を建てるために、住宅の構造・工法と、その特性を知っておくことは不可欠です。

木造を例に取ると、その工法は3種以上に及びます。まったく違った性質を持ち、ときには希望の家が建てられないこともあります。

失敗しないためにも構造・工法の特徴を理解しておくことが大切です。