家づくり

WriternistaWriternista

吹き抜けやリビング階段は光熱費が高い?解決ポイント教えます

吹き抜けやリビング内に階段を設けるリビング階段は、設けると開放感が生まれ、人気が高い設備です。

しかし熱効率が悪く、冬は1階で暖めた空気が2階へ逃げる、夏は熱気が2階にたまりやすいなど、実用性に欠けるのがデメリットです。

この問題をどうしたら解消できるのでしょうか。

1.リビング階段と吹き抜けのメリット

まずは、リビング階段と吹き抜けのメリットについておさらいしましょう。

リビング階段

kai / PIXTA(ピクスタ)

1-1 家の1階と2階につながりができる

リビング階段と吹き抜けのメリットは何といっても開放感が生まれるということでしょう。

1階と2階に繋がりが生まれるので、部屋が広く感じます。狭小住宅などにはぴったりです。

1-2 家族が顔を合わせる機会が増える

リビング階段や吹き抜けを設けると見通しがよくなるので、家族の気配をより感じ取ることができます。

リビング階段は子どもが学校から帰ってきたとき、自分の部屋が2階にあってもリビングを通らなくてはならないので、必然的に顔を合わせることになります。

1-3 階段や部屋が明るくなる

リビング階段にしない場合、廊下など比較的光が入りにくい位置に階段が設置されるので暗くなりがちです。

リビングは光が入りやすいところに設けられるので、リビング階段にも光が入りやすく、明るい印象になります。

吹き抜けも、設けることで、北側に位置する部屋に光が届きますので、部屋が明るくなります。

2.リビング階段と吹き抜けのデメリット

これから、リビング階段や吹き抜けを設けようと考えている人は、次のデメリットについて心配をしている人が多いようです。

吹き抜け

OrangeMoon / PIXTA(ピクスタ)

2-1 臭いや音が伝わりやすい

空間が1つになることで音や臭いは伝わりやすくなります。

特に、料理の臭いは気になる人が多いようです。

開口部が少ないと、臭いがこもりがちになります。

間取りを考えるときに、風が抜けるように窓を設置することで、ある程度改善されます。

2-2 熱効率が悪い

吹き抜けやリビング階段のある空間は、とくに暖房でエアコンを使った場合、床面に暖気が届かないため、温度ムラができてしまい熱効率が悪くなります。

吹き出した空気は高温で軽いので、上方に広い空間が開けていると上に行ってしまいます。

3.熱効率を上げる方法は?

家の中の空気の温度を均一にするための設備を設置することで気流を変化させ、熱効率をアップさせる方法を紹介します。

全館空調

iodrakon / PIXTA(ピクスタ)

3-1 ストーブを階段方向に向ける

ホテルや病院の病室などで、窓際に暖房器具が設置されているのを見かけます。

これは、「ファンコイルユニット」という暖房方式で、窓に沿って降りてくる冷気を温め、熱効率を良くする方法です。

この仕組みを利用し、階段付近の冷気をストーブで温めましょう。

3-2 床暖房を採り入れる

これから新築で家を持とうとするならば、床暖房を採り入れると、非常に熱効率がよくなります。

エアコンやストーブなどの暖房機器の場合、階段からの冷たい風が吹いてくると足元を中心に冷えます。

床暖房の場合は常に床から暖気が上がっていますので、上から来る冷気を温め、温度状態を保ってくれるのです。

3-3 全館空調にする

全館空調とは、1台の空調設備で家じゅうを冷暖房するシステムをいいます。

一般的には冷暖房をしない廊下や洗面室まで快適な温度にできるため、室温のバリアフリーが実現します。

24時間稼働するため、電気代がもったいないと思う人が多いですが、近年は断熱材の質の向上や、空調システム自体の性能向上のため、個別に空調するのと変わらないくらいの光熱費に抑えることができるように進化しています。

3-4 シーリングファンを設置する

吹き抜けやリビング階段を採り入れると、温度ムラができてしまい熱効率が悪くなりますが、シーリングファンを設置すれば、空気がかき回されて、部屋の温度を均一に近づけることができます。

シーリングファンの効果を最大限に発揮するには羽根の先端から一番近くの壁まで、約40cm~50cmほどの空間が必要です。

羽根と壁の距離が近すぎると、空気の通り道が狭くなってしまい、そこの気流が乱れて、ファンが効率よく回らなくなってしまいますので注意しましょう。

4.まとめ

吹き抜け

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

吹き抜けやリビング内に階段を設けると、冬場は1階で暖めた空気が2階へ逃げやすく、夏は熱気が2階にたまりやすくなり、室内を均一な温度に保ちにくくなりますが、工夫次第で熱効率を良くすることができます。

メリットも多い吹き抜けやリビング内に階段を積極的に採り入れてみてはいかがでしょうか。

  • B!