家事

秋山悠紀秋山悠紀

夫婦間の家事問題。23.8%が掃除方法だけで「別れたい」と考えた経験あり

共働きや子どもの有無などに関係なく、夫婦やパートナーなど他人が他人と一緒に住めば起きてくるのが家事の問題。
便利な家電や家事代行サービスを駆使していても、どっちが何をどのくらい負担するのか、どんな家事なら双方でシェアできるのかは、もはや夫婦の永遠のテーマとも言えます。
一方で、生活に欠かせない家電についてもお互いの使い方ひとつで喧嘩になることも。

延長保証制度の設計・運営を行うテックマークジャパン株式会社は、全国の20代~50代の同居経験者400名を対象に、家電に関する調査を実施。
調査結果とともに見えてきた、パートナーとの円満な同居生活に欠かせないシェアすべき家事や正しい家電の使い方とは?

女性は男性に食器洗いよりお風呂掃除やゴミ捨てをやってほしい?

まずは「パートナーとシェアしたい家事」について聞きました。
すると、全体では1位が「部屋の掃除・片付け」(66.5%)、2位が「お風呂掃除」(56.5%)、3位が「ゴミ捨て」(53.0%)という結果に。

これを男女別に見てみると、男性の1位は「部屋の掃除・片付け」(70.5%)、2位に「食器洗い」(53.0%)、「お風呂掃除」が3位(49.5%)となったのに対し、女性の1位は「お風呂掃除」(63.5%)、2位が同率で「部屋の掃除・片付け」「ゴミ捨て」(62.5%)と男女の違いが大きく出ました。

男性における2位にランクインしている「食器洗い」は、女性における4位でした。
これは、女性は自らが行う食事の支度の流れで食器も洗うために別にパートナーとのシェアを希望していなかったり、「自分がやった方がキレイになる」と考えていたりすることが理由として推測されます。

パートナーとシェアしたい家事

また、「お風呂掃除」と「ゴミ捨て」がそれぞれ女性の1位と2位にランクインしたのも面白い結果。
これは、水回りやゴミの処理などのひどい汚れに対応しなくてはいけない箇所の家事はパートナーと協力したいと考える女性が多いからなのかもしれません。

家電の使い方ひとつで別れ話になることは珍しくない!?

次にパートナーとの同居生活の中で「家電に関することで相手にがっかりしたり、不満を持った経験がある」という人を調査。すると、約半数である47.3%もの人が「経験がある」と答えました。

パートナーに対してがっかりした不満経験

具体的な内容を見てみると、「お手入れ・掃除をしない」(37.0%)、「正しい使い方をしない」(35.4%)、「使い方が乱暴・雑すぎる」(32.3%)が上位に。

家事に関すること

また、家電の使い方や掃除方法がきっかけでパートナーと「別れたい」と考えた経験のある人はなんと23.8%! 特に20代男性を見てみると34.6%という高い割合となり、家電の使い方が生活と密接につながっていることが浮き彫りになりました。

パートナー調査

日々の掃除やお手入れ、丁寧な扱いや説明書通りの使用などは、当たり前な家電の使い方とも言えます。
日々の忙しさの中でこうしたことを忘れないようにすることは、家電を壊さないようにしたり長持ちさせたりするだけでなく、パートナーとの幸せな生活の上でも非常に大事だということがわかります。

パートナーに対しての調査

不平等感が生まれない上手な家事シェアのコツは

それではパートナーとはどのように家事をシェアしていけばいいのでしょうか。
考えたいのは、いかにして不平等感をなくしていくかということ。

まずリビングについては、掃除機を使うことがメインになります。
掃除機はコード式やハイブリッド式だとそれなりに重さがあるので、体力に自信のある方がカバーできるとベターでしょう。
一方、AV機器の裏側などホコリが溜まりやすい場所はハンディタイプを用いてもう片方が担うなどすれば、平等に掃除機がけの分担ができそうです。

男性の掃除

Mills / PIXTA(ピクスタ)

また、湿気が多く小まめなお手入れが必要な浴室や脱衣所については、一定のルールを設けることがおすすめ。
具体的には、髪の毛が排水口に流れていくことを防ぐための「ヘアキャッチャー」は浴室から上がるときに必ず掃除する、洗面化粧台のカウンター周りや鏡などの汚れも使い終わったらすぐに乾いた柔らかい布で拭くなど。

「次に使う人のためにキレイにするルール」をお互いが守れば、不平不満が起こりにくいでしょう。

キッチンについては、料理をする方と食器洗いをする方で分担するとお互いがお互いに対する感謝が生まれるはず。

ここで気をつけたいのが、食洗機の使い方です。耐熱温度の低いプラスチック食器や、アルミ・銅製の食器、クリスタルグラス、フッ素加工された調理器具などは食洗機で洗えなかったり、ひどい油汚れや焦げ付きのあるものは食洗機だけでは汚れを落としきれなかったりします。

料理

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

なんでもかんでも食洗機に入れておしまいにしてしまうと、また洗う必要が出てきて二度手間になったり食器を破損してしまったり。
食器を洗う方はパートナーに料理を作ってくれたことに感謝しつつも正しい食洗機の使い方を実践することも、円満な生活には必要なことでしょう。

家事の分担や家電の使い方でパートナーと喧嘩しがちな人は、ぜひ今回ご紹介した家事シェアのコツを参考にしてみてくださいね。

【参考】
パートナーと同居する男女400人に本音を調査 シェアしたい家事ランキング 1位「部屋の掃除・片付け」2位「お風呂掃除」3位「ゴミ捨て」

  • B!