収納術

eiriyeiriy

ニトリのカラボで幼稚園の身支度コーナーをDIY

整理収納アドバイザーの目線で、ニトリのカラボでDIYした幼稚園生活用の身支度コーナーについて、ご紹介します。

1〜2歳の2年間は認可保育園へ通っていた娘が3歳になり、この春から幼稚園(年少組)に通い出しました。
幼稚園入園にあたって参加した説明会で、制服はもちろん、サブバッグやループ付きタオルなど専用グッズがいることを知り、それらをしまえる新たな収納が必要だと思いました。

幼稚園になると専用グッズが増える

園児の身支度

幼稚園児といえば制服を着て帽子をかぶり、黄色いバッグを下げている姿を想像しますよね。まさに我が娘の幼稚園もそのスタイル。

保育園では毎日普段着(Tシャツ&レギンスで裸足スタイル)でしたので、娘も幼稚園の制服が嬉しいようです。

園児の身支度

コーディネイトを考える時間も短縮でき、娘の「これが着たい〜!」というワガママに朝から付き合わなくていいのはメリット(笑)。

朝起きてグズグズの娘も、制服を着るとスイッチが入るのか、通園モードに切り替わるんですよ!

幼稚園に入園すると、規定サイズのサブバッグ、上履き入れ、お弁当袋、スモック、ループ付きタオルなど専用グッズがあります。

保育園では、特に指定のものはありませんでした。

裁縫は嫌いじゃないので、サブバッグや上履き入れは家にあったリバティ生地を引っ張り出して、ミシンをガタゴト。

バッグ

こんな感じで出来上がりました!

スモックの手作りは断念して、市販のものを購入してアイロンシートでアレンジ。

スモック

制服や体操着も指定のものがあり、ハンカチとティッシュもマスト。

これら全部をしまえる場所、そして娘がいずれ自分で身支度できるコーナーが必要と感じました。

進化中のカラボを使いこなす

まず4月は、日々どういう生活を送ることになるのか様子見をして、5月に入ってから身支度コーナーを完成させました。

身支度コーナー

身支度コーナーには、流行りのニトリのカラーボックス(略してカラボ)を使用しました。

カラボって「なんだか安っぽいイメージがある」「インテリアに合わない」という理由で、使うのは控えたいと考えていた時期もありました。

今回身支度コーナーを作るにあたり、インスタグラムやGoogle画像検索で「#身支度コーナー」「#幼稚園」「#カラーボックス」で検索しまくりの日々。

調べてみると、最近のカラボはかなり進化していることを知りました。

色が選べたり、棚位置がフレキシブルに変えられたり、カラボとカラボをつなげたり。

インスタグラムなどでもオシャレにカラボを使いこなしている方が多くてびっくり!

ちなみにカラーはインテリアに合うように、ネット限定商品のグレーをチョイス。

組み立て中、お手伝いしたい盛りの娘も寄ってきます。

ニトリのカラボ

また、普段は整理収納アドバイザーとして活動している私ですが、最近お客様にカラボを提案することが多くなってきました。

使い勝手を理解した上でお客様へ提案したいと考え、ニトリのカラボを自ら買ってみることにしたのでした。

身支度コーナー

ちなみにこちらは、今回紹介していくものとは別に、際にお客様宅に提案した身支度コーナー。姉弟で色分けして可愛く、わかりやすくなりました。

モノの指定席を決める

物をどこに収めるかを決めるために、まずは毎日必ず着るものや使うものを書き出します。

  • 制服(ブラウス、スカート)
  • 体操着
  • 通園帽(春夏あり)
  • 通園バッグ
  • サブバッグ
  • 上履き袋
  • ミニハンカチ
  • ポケットティッシュ
  • 下着(上下)
  • 靴下
  • ループ付きタオル

これらを身支度コーナーに入れることにしました。

カラボのレイアウトはこんな感じに。

棚板は1枚余ったので、捨てずに最下段でボックス下に敷いていつかカスタマイズする際に使用予定

棚板は1枚余ったので、捨てずに最下段でボックス下に敷いていつかカスタマイズする際に使用予定

上段には100円ショップで購入した突っ張り棒を渡し、ハンギングできるようにしました。

帽子やバッグを吊るすためにSカンを使用。

下段には同じく、ニトリの「Nインボックス(グレー)」を3個配置。

身支度コーナー

上のハーフサイズには体操着や通園バッグを。

下のクォーターサイズのNインボックス2個には、ハンカチ・ティッシュ・下着類など細々した物を入れることにしました。

それぞれ必要最低限の枚数を入れて、取り出しやすくしました。


例えば下着は、幼稚園用の上下2〜3セットだけを入れると取り出しやすいだけでなく、選びやすくなります。

体操着は2セット購入したので、1セットは持ち物バッグへ入れておき、もう1セットはこのケースに。

実際、平日は洗濯中でこのケースは空のことが多いのですが、土日や長期休みに収納する場所が必要なので、定位置と決めました。

制服ブラウスや体操着トップスは長袖と半袖があり、シーズンに合わせ必要なものだけを突っ張り棒へ掛けます。(シーズンオフのものはクローゼットに収納。)

年少なので、まだまだ手伝いは必要ではあるものの、このコーナーのおかげで夫も娘の身支度の世話ができるようになりました。

特に夫に家事や育児を手伝ってもらいたいと思っている方は、このような一目瞭然のシンプルで分かりやすい収納があると便利ですよ。

ちなみにこのカラボ、娘が小学生になったらランドセルや教材入れにカスタマイズしようと考え中です。

eiriy(整理収納アドバイザー)

  • B!