1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てた家
  5. 工務店施工実例
  6. 森の中で暮らすような、薪ストーブのある平屋

森の中で暮らすような、薪ストーブのある平屋

設計・施工/ケイ・ジェイ・ワークス(所在地:大阪)

撮影/川隅知明

市街地の小さな敷地に2階建てを構え、長年住んでいたKさん一家。
子どもたちの成長に伴って2LDKの間取りが手狭になってきたので、新たな場所での新築を計画!
そこで、以前見た友人宅にひと目惚れしていたKさんは、設計・施工を手掛けたケイ・ジェイ・ワークスに、自分たちの家づくりを土地探しから依頼しました。

森の一軒家で暮らすような気分に浸れる!

南側の庭越しに公園の木々を望み、森の一軒家で暮らすような気分に浸れるリビングダイニング。
床と天井の阿蘇小国杉は、歳月を重ねるごとに味わいを増していくので、今からどんなふうに変化していくのかが楽しみです。
右の腰窓には絵画の代わりに花柄のシェードカーテンをあしらったのも、インテリアのポイントに。

木々に囲まれた大空間で、1年中快適に過ごす

「住宅地でも緑に囲まれ、各空間がフラットにつながる平屋がいいなと思っていたんです」と、Kさんの妻が話すように、K邸はまるで“森の中の一軒家”のようなたたずまいです。
これも、知人宅の実例を見て、温もりあふれる木の家にひと目惚れしたケイ・ジェイ・ワークスに、夫妻が土地選びの段階から相談したから。候補地を探した結果、南側一面を公園の緑が覆う約80坪の現在地と出合い、夢が結実しました。
プランは、大型パネル工法で高強度とリーズナブルな予算を両立させた、同社の薪ストーブ専用住宅「E-BOX」。阿蘇小国杉の床や漆喰塗りの壁といった、自然素材をふんだんに使っているのも特徴です。
リビングダイニングの外に目をやると、ウッドデッキや芝生の庭が憩いの気分を高め、借景として取り入れた公園の木々が住宅街にいることを忘れさせてくれます。
「天井の高い大空間ですが断熱性に優れ、冬は薪ストーブだけで奥の個室まで暖かいんです」と夫。仕事からの帰宅後、揺らめく炎を眺めながらくつろぐひとときも、ささやかな楽しみだと話してくれました。

居心地がよくて家族が自然に集まるリビング

1
2

1.「子どもたちの個室もありますが、みんなが自然とリビングに集まってきますね」と妻。勾配天井による縦の広がりも気持ちがいい。「薪ストーブの炎を見ているとやすらぎますね」と夫。
2. 和室は引き戸を開放すればリビングとフラットに接続します。冬はダッチウエストの薪ストーブ「エンライト スモール」が大空間を温もりで包んでくれます。

ウッドデッキは、“ちょっと一杯” の特等席にも!

アウトドアリビングとして多目的に利用できるウッドデッキは、6畳余りと十分な広さ。
気候がよい時季には友人を招いてのホームパーティなどに役立つほか、周囲に巡らせた手すりは布団干しにも重宝します。

庭を取り巻く薪棚が圧巻! 薪ストーブの導入に伴い「薪割りが趣味になってしまいました」と夫。ケイ・ジェイ・ワークスの薪割り同好会にも参加するほどです。

リビングからダイニングやキッチンまでは、一直線につながる間取り。
左右の奥は個室やサニタリーへと通じ、キッチンを中心に回遊できる動線にしています。
キッチン上に見えるルーバーの内側には小屋裏収納を設置しました。

3
4

3. 家族の姿が見渡せる対面キッチンを採用。使い勝手の悪い吊り戸棚を設けないことで、視界の広がりも生まれました。
4. ダイニングからも外の緑が眺められ、ゆったりとした気分で食事が楽しめます。

天然芝の庭に菜園スペースを併設!

日当たりに恵まれた庭の一角に家庭菜園スペースを設置し、夫婦で季節の野菜を育て、日々の料理や弁当の一品などに役立てています。
周囲の芝生は、既存の庭にあったものを生かしたのも工夫のひとつ。

アクセントが利いたシンプルな外観

正面から見ると吹き付け外壁のシンプルな平屋。小屋裏収納として設けたロフト部分が煙出しのように見え、外観デザインのアクセントになっています。

外観の裏側はガルバリウム鋼板の外壁でメリハリも。
南向きの大きな屋根を活用し、10kW の太陽光発電を搭載するほか、雨水タンクと併せてエコ& 防災に配慮しています。

大きく開放できる扉で空間を接続できる玄関回り

5
6

5. 玄関もゆったりとスペースを確保。一歩入るとリビングの外に広がる庭や公園の緑が迎えてくれます。
6. 和室と玄関の間は大きく開口。リビング側の引き戸も開けると広がりがいっそう際立ちます。

3つの個室は天井の構造を見せて高さを演出しました。
あえてクロゼットに建具をつけず、子どもたちが選んだ好みのカーテンを取り付けています。

Checkpoint

デッキが反射板になり、家の奥まで光が行き渡ります!

リビングの延長として広がりを演出するウッドデッキは、南からの日差しを反射し、北側へ高くなった勾配天井に沿って家の奥まで光をもたらす役割も。
特に太陽高度が上がる夏場は庇で直射日光を遮りながら、暗くなりがちな天井を明るく照らしてくれます。
一方、冬場は日差しが室内へ入る長さに庇を設計して日中の温もりを確保するなど、極力自然を生かすパッシブデザインの発想を取り入れています。

大阪・堺市 Kさんの家 家族構成/夫48歳 妻48歳 長男21歳 次男18歳 長女16歳

DATA

敷地面積/259.30㎡(78.58坪)
延床面積

101.23㎡(30.68坪)


用途地域/第1種低層住居専用地域
建ぺい率/40%
容積率/80%
構造/木造軸組工法
本体工事費/2500万円
竣工/2017年2月

INSTRUMENTS

厨房機器/パナソニック
衛生機器/パナソニック
窓・サッシ/ YKK AP

工務店プロフィール

社名:ケイ・ジェイ・ワークス

所在地:大阪

建築エリア:大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀(その他地域も応相談)

ひとこと:正直な木の家づくりに専念しています!

みんなの笑顔が絶えないライフスタイルを提案

「あらゆる人に喜びを」という信念のもと、信頼と安心の木の家づくりに取り組み、新築からリフォームまで手掛けます。
さらに、プロの目線で衣食住全般のアドバイスを行う拠点として、本社敷地内に立ち上げた集いの場が「くらしの杜」。モデルハウスはもちろん、家具・雑貨店、薪ストーブ専門店、日替わり店主の「コラボ食堂」「コラボカフェ」、木の家づくり図書館などを併設しています。
落語会やそば打ち同好会をはじめ、楽しいイベントも随時開催!

ケイ・ジェイ・ワークス

くらしの杜にある「薪ストーブと木のコモノの店 KAGURA」では、体験イベントなどを随時実施しています。

  • ●社名/ケイ・ジェイ・ワークス
  • ●代表/福井綱吉
  • ●住所/〒〒562-0028 大阪府箕面市彩都粟生南1-16-29
  • ●電話/072・728・5597
  • ●年間建築棟数/新築15棟、大型リフォーム15棟
  • ●設立/1981年10月

福井綱吉

大手商社勤務を経て、建材、輸入キッチン、住宅設備、造作家具、リフォームなど幅広い仕事を経験。その後、全国の木材産地を見て歩き、木の家づくりに特化した現在の会社を設立

この工務店のホームページを見る

  • B!