子育て・教育

「お片づけ先生®」伊東裕美「お片づけ先生®」伊東裕美

苦手な親ほど子供に「片付け教育」を。数え切れぬ効果とは?

「私は苦手だけど、子どもにはお片づけができるようになってほしい」という話をよく耳にします。

でも「大人も子どもも楽しみながらお片づけ」を推奨しているお片づけ先生®伊東裕美さんによれば、幼児期、つまり3歳くらいからお片づけの方法を丁寧に伝え続けることで、子どもはもちろん、親も変われるといいます。

『3歳からできるお片づけ習慣』という自著がある伊東さんに、その理由について語っていただきました。

親が片づけがベタでも大丈夫!

親子

Okataduke&Co

片づけに対して親自身に苦手意識があると、子どもに教えることを諦めてしまったり、片づけをやらない子どもに、ただただ怒ってしまうという悪循環になってしまうことがあります。でも大丈夫!

片づけが苦手だったら「子どもと一緒にできるようになろう」と考えを変えてみてください。

できないスタートラインは一緒です。大人だから、子どもだから、なんて関係ありません。
親子できれいになるお部屋を想像しながら、一緒に少しずつスタートすればいいのです。

子どもも「苦手だった片づけをママとパパと一緒にできるようになった」という経験はとてもよい思い出になることでしょう。

お片づけ教育で親はどう変わる?

主婦

写真AC

私の著書では「幼児期からのお片づけが持つ10の力」として、子どもがどのように成長できるかをご紹介していますが、変われるのは子どもだけではありません。
お片づけ教育によって親の行動や考え方も変わっていきます。

片づけのことで怒る必要がなくなる

子どもが自分でできるようになることによって、ガミガミ叱らずに済みます。

気持ちが楽になる

子どもが自分でできるようになるので「また私が片づけなきゃ」という感情から解放されます。

優しくなれる

お片づけ教育中に子どもが理解できる言葉を意識して使うことが増えるので、自然と伝え方が優しくなります。

心と時間に余裕が生まれる

自分のことは自分でできるようになれば、親の出番は少なくなります。その分親も自分の時間ができます。

子ども

写真AC

笑顔が増える

子どもの「できた!」という笑顔を見ると嬉しくなり、親の笑顔も自然に増えていきます。

子どもを見て安心できるようになる

お片づけ習慣が身につくと、いろんなモノが出ていても「子どもが自分で元に戻せる」と分かるので安心できます。

買い物上手になる

子どもがお片づけで管理できるモノの量を親が意識するようになるため、買い物をする時に計画的になります。

お片づけによる良い影響は数えきれない!?

子ども部屋

TATSU / PIXTA(ピクスタ)

小さいころからお片づけを習慣にすることで子どもが得られることは、数えきれないほどあります。

例えば、机がいつもきれいだから勉強をしようと思ったときにすぐ取り組めますし、モノを持ちすぎないことでモノの一つひとつを大切にできる心が育ちます。

子どもは自分のモノは自分で管理できるようになり、親も「あれがない!これがない!」と言われて一緒に探すこともありません。次の日の支度なども子ども自身で行えるようになり、親は声掛けだけで済みます。

親子でお片付ができた喜びを伝えあい「お部屋きれいになったね~」「一人でできてすごいね~」と自然に褒めることもできるようになります。

さらに子どもは、成長とともに人生の大切な決断が必要になったときに「自分にとって本当に必要なこと、大切なこと」を選び取る力もつきます。

リビング

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

大人も心がモヤモヤしたときや頭の中が整理できないときにお片づけをすると、お部屋も心も浄化されますよ。

子ども部屋の引き出しなど、まずは親子で小さなところから1つずつお片付けする成功体験を積んでいってください。そして、できたことを親子で一緒にたくさん喜んでくださいね。

魔法の声かけで子どもが自分で動きだす! 3歳からできるお片づけ習慣

ワンアクションで片づくグループ収納、脱ぎっぱなしがなくなる上着掛け、「一人でできた!」が増える支度スペースなど今日から簡単にできるお片づけのコツがいっぱい!

Amazone詳細ページへ

 

  • B!