暮らしのコツ

内野 チエ内野 チエ

簡易クーラーって実際どう?試した人に難易度と使用感を聞いてみました

家の中でも熱中症になることがあるため、クーラーは夏の必需品です。

でも「冷えすぎて体調が悪くなる」「クーラーが苦手」という人はけっこう多いようです。

そこで、クーラーに代わり、やさしく部屋を冷やすアイデアをピックアップ。

近頃話題の“DIY簡易クーラー”のつくり方を3つまとめてご紹介します!

1.ペットボトルで作る材料費0円のクーラー

クーラーは冷気を発生させて、風を循環して部屋を冷やしています。

その仕組みを理解していると、案外DIYで簡単に簡易クーラーを作ることができるかもしれません。

まず最初にご紹介するのは、ペットボトルと扇風機の簡易クーラー。

ペットボトルに水を入れて凍らせ、扇風機で風を送るだけ、という方法です。

家にあるもので作れるので、材料費は0円。

もちろん細かい作業などもないので、思い立ったらすぐに実行できます。

しかも、ただ部屋を冷やすだけでなく、除湿効果もあるのだとか!

寝苦しい夜も、このペットボトルクーラーで十分安眠できたそうです。

2.オシャレなインテリアみたいなDIY簡易クーラー

次に紹介するのは、OSBボードと保冷剤、扇風機の組み合わせで作る簡易クーラーです。

OSBボードをカットして箱状に組み立てたり、通風孔の穴を開けたり、と本格的なDIYで形を仕上げていきます。

そのかいあって、見た目もカッコいい簡易クーラーが完成。

内部に保冷剤を入れて、扇風機で風を送ると、通風孔の穴から冷たい風が出てきます。各部屋に一台あってもいいかも!?

必要な材料や作り方の手順も詳しく説明していますので、気になる方はぜひ作ってみてくださいね。

3.小型ファン内蔵の本格DIYクーラー

最後は、小型のファンを内蔵した本格DIYクーラーをご紹介します!

使用するのは発泡スチロール素材のクーラーボックス。

カッター1本で作業できるので、本格的な構造なのに誰でも簡単にDIYできます。

冷気の送風口は、水道管のカーブで使われるエルボ。

クーラーボックスに穴を開けたら、小型ファンとエルボをはめ込みます。

中に保冷剤を入れてふたをしめ、ファンのスイッチをオン。

すると、エルボから、冷たい空気が出てきました!

小型ファンはコンセント式ではなくUSB式のものにすると、バッテリーと組み合わせて、ポータブルで利用することもできます。

車中泊やキャンプで重宝しそうですね!

  • B!