PR

Sumai編集部

今どきのキッチン家電は主張しない、でも頼もしい。空間になじむ条件とは?

住む人のこだわりが現れるキッチンエリア。
人気リノベーション会社で、数多くのリノベーションを手がけてきた天井理絵さんのお宅も、玄関から一歩足を踏み入れた瞬間、素敵なキッチンが目に飛び込んできます。

そんな、こだわりが詰まったキッチンで、意外と頭を悩ませるのが家電の存在。
「心地よさで満たされた暮らし」のプロフェッショナルに、最新のおしゃれ家電を体験していただきました。

色だけでなく「文字」がさりげないのがうれしい

リビングからダイニング、キッチンが広々と続く天井さんのお宅。奥にあるモルタル仕上げのアイランドカウンターに置かれたのは、日立の過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」の最新モデル「MRO-W10X」です。

「リノベーションをご依頼いただくお客さまも、空間の雰囲気と家電のデザインを調和させるのに苦労される方が多いんですよ。このヘルシーシェフは、黒とグレーの色味や側面のマットな質感がキッチンの世界感にしっくりなじんでくれるのがいいですね。
あと、気に入ったのがパネルの文字なんです。シンプルな丸いボタンに、文字は控えめ。多すぎる文字情報って、キッチンにいても気になるもの。これって、家電がキッチンになじむうえで、すごく大切なことだと思うんです」

こだわりのインテリアになじむシンプルなデザイン。最低限の文字要素は、スタイリッシュな見た目はもちろんのこと、迷わずに使える操作性の良さにも現れているようです。

バルコニーからの光をやわらかく纏う“フロストブラック”

天井さんのお宅は、80㎡を超えるルーフバルコニーもある角部屋。
キッチンスペースにも、自然光があふれます。
「炊飯器はアイランドテーブルの棚の中が定位置なんですが、このマット調の黒ならテーブルの上にも置けそう。引き締まった印象で、思ったよりコンパクトに感じます」と天井さん。

日立のIHジャー炊飯器「圧力&スチーム ふっくら御膳(RZ-W100CM)」のこのカラーは「フロストブラック」。反射する光が心なしか涼しげなのも、そのカラーのせいかもしれません。

「抑えめの色味でも、派手な差し色が目立ってしまう家電って、実は多いんです。すごく小さな面積ですが、意外に目が行ってしまうんですよね。マットな質感は手触りも含めてしっとりなじむ感じがあるから、インテリアにも合わせやすいと思いますよ」

クックパッドの人気レシピがオートで作れる!

会社役員であると同時に、二児のママでもある天井さん。普段の家事については、「すごく面倒くさがりなんですよ」と笑います。
「普段も、仕事帰りの電車の中でクックパッドを見ながら『冷蔵庫に何があったかな?』って(笑)。時短は大好きなので、オーブンレンジは我が家の食事にはなくてはならないパートナーですね」

そんな天井さんに、「ヘルシーシェフ」の新機能、「クックパッド殿堂入りレシピオートメニュー」を試していただきました。30レシピの中から、天井さんが選んだのは、ご家族が大好きなクラムチャウダーです!

食品(容器を含む)の重さと温度をはかる(※1)「Wスキャン」で、分量にあわせて火加減を調整して作る「Wスキャン調理」。
全国の食卓で認められた人気のレシピがオーブンレンジで手軽にできてしまうのは、子育てママにとってはポイント高いですよね。
レシピや使用するボウルの種類(ガラス/プラスチック)などの選択はダイヤル操作でスムーズ。庫内は明るく、調理中の様子がよくわかるのも安心です。

※1 食品の重さと温度(容器を含む)をはかります。加熱前の表面温度とメニューごとに規定した表面温度までの温度変化をみます。

「牛乳の吹きこぼれとか心配していたんですが、『Wスキャン調理』で火加減もオートで調整しているみたいで、放っておいてもうまくできました」と驚く天井さん。
キッチンからは、魚介と野菜のおいしそうな香りが漂ってきましたよ。

大好き!♡クラムチャウダー♡ by Blue-Island

火を一切使わずに作ったとは思えない、本格的な手作りクラムチャウダーが完成。
素材の甘さとアサリのコクがたまりません!

「実は昨日、カボチャのスープも『ヘルシーシェフ』で作ってみたんですが、カボチャにちょうど良く火が通って、すごく楽に作れたのがびっくりしました。カボチャって、もっと面倒だと思っていたのに…。オーブンレンジって、時短が必要な忙しいママにとって、すごく頼もしい存在なんですよね」

“心地いい”にこだわり尽くした空間に溶け込む家電。
天井さんのアドバイスも参考に、我が家に“なじむ”相棒を、探してみませんか?


Sponsored by HITACHI
  • B!

PR