1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てた家
  5. 工務店施工実例
  6. 人を迎え入れ、語らい、絆を育む暮らしを謳歌

人を迎え入れ、語らい、絆を育む暮らしを謳歌

設計・施工/芳賀沼製作(所在地:福島)

撮影/大内克志

豊かな自然に囲まれた敷地に建つT & Yさん夫妻の家。
テラスでくつろいだり、書斎で仕事したり……。人が訪れれば楽しい時間を共にします。
東京から移住して以来、こんなふうに毎日が充実しているそうです。
早速、地元の芳賀沼製作で設計・施工したT & Y邸を紹介しましょう。

住む人の思いが伝わる、快適な「パネルログ」の家

 家をつくるにあたってT & Yさん夫妻は、「地元の材でログハウスを」と考え、東日本大震災後に福島県応急仮設住居をログハウスで建てた芳賀沼製作に依頼したそう。
そこで福島産のログ材を縦にパネル化したオリジナル構法のパネルログを知り、「おもしろそうだね」と採用しました。

外壁となる杉のログパネルが、緑や青空によく映えるT&Y 邸。
前面道路から敷地の奥へと緩やかに傾斜するので、道路から庭やテラス越しに、リビングの窓外の景色も眺められるようにプランニングし、人を迎え入れる気持ちを間取りに反映させました。

間口3.6m、広さ約4畳のテラスは憩いの場!

家に出入りしやすいように、テラス窓は段差のないサッシを採用しました。
「風が強い地域なので、風を避けるために、建物でテラスを囲むようにしてもらいました」と夫は語ります。

 木をふんだんに使った家は頑丈で断熱性も高く、「夏も冬も快適」と納得の様子です。
訪れた人が気兼ねなくくつろげるよう、間取りはプライベートとパブリックを分け、リビングの前に広いテラスを配置しました。
「ここに座っていると、ご近所さんがふらりと寄ってくれるんですよ」と、夫は近隣との深まる交流に目を細めます。
 妻はといえば、「泊まる人がいればさらににぎやか。夜遅くまでリビングに照明がついていることも多くて」と笑います。
その言葉に夫は、「外から明かりを見た地元の人が『ここで暮らす人がいる』と喜んでくれるんですよ。もともと僕らは、この家が飯舘村の希望の光になればと思っていたのでうれしいことです」と語ります。
思いが具現化された家は、自然と願いどおりの暮らしをもたらしてくれるという証しです。

竣工して約1年が経っても、室内は木の薫りに包まれて心地いい空間です。
約7m の高い吹き抜けのあるリビングは、壁や天井に表したログパネルの木目が見る人を楽しませ、室内にいながら森林浴気分を味わえます。
床は桜のフローリング張り。キッチンのカウンターには、庭に咲く草花をインテリアに飾っています。

窓から通り抜ける風が心地よいリビング。断熱性も高いので「冬は薪ストーブ1台で暖かです」(妻)。薪ストーブは、存在感のあるヨツール社製。

キッチンは、カウンターの立ち上がり部を高めに設定して調味料置き場を造作しました。

勾配天井のダイニング。「ここから空を眺められるように」と、リビングの吹き抜けに高窓を取り付けました。

吹き抜けには青空や星空も楽しめる高窓をプラス!

1
2

1.2階のフリースペースは、ゲスト用空間。
2階の個室も使って、約10人が泊まったこともあるそうです。
2.フリースペースの下に見える3つの扉は、左がゲスト用トイレ、中央が収納、右がプライベートゾーンの入り口。
吹き抜けの高窓は、比較的自由に窓の位置を変えられる構法の利点を生かして追加したものです。

3
4

3.人が出入りしやすいように、大きな間口で約4畳の広さを確保した玄関。
インテリア兼薪入れには宮城産の薪を収納しています。
4.フィックス窓は、軒を深く取ることで夏の日差しをガードしています。

プライベートゾーンも、無垢の温もりに癒やされます

5
6

5.ログパネルを表しにした壁やフローリングで落ち着いた雰囲気の主寝室。
バス・サニタリーと直接行き来できるので、身支度もしやすい。
6.「本が多いので書斎の壁一面に、棚の高さが変えられる書棚を造り付けてもらいました」(夫)。

Checkpoint

次世代のログハウス「パネルログ」の魅力

T&Y 邸に採用した「パネルログ」は、芳賀沼製作が中心になって共同開発したもの。
地域産のログ材を専用ビスでパネル化することで、接着剤を使わない、体にやさしいログパネルを実現しています。
構造材・断熱材・内装材を兼ねるので断熱性・気密性に優れ、施工もしやすいのでデザインの幅も広がります(耐力性能や準耐火・防火性能は、国土交通大臣認定を取得)。

福島・飯舘村 T&Yさんの家 家族構成/夫70歳代 妻60歳代

DATA

敷地面積/約562㎡(約170.3坪)
延床面積

150.30㎡(45.55坪)
1階/ 115.11㎡(34.88坪)
2階/ 35.19㎡(10.66坪)


用途地域/無指定
建ぺい率/40%
容積率/80%
構造/パネルログ構法(木造軸組工法)
本体工事費
竣工/2018年7月

INSTRUMENTS

厨房機器/タカラスタンダード
衛生機器/タカラスタンダード
窓・サッシ/ LIXIL

工務店プロフィール

社名:芳賀沼製作

所在地:福島

建築エリア:全国

ひとこと:手頃な価格帯の「パネルログ」を皆さまに届けます!

製材・加工から行う、プロの目と技が光る木の家

4代にわたって、材木の製材・加工・販売、建設業に携わる芳賀沼製作。
木を知り尽くしたプロが長年の技術と経験を生かし、設計と施工が手を取り合って家づくりを行うのが大きな魅力です。
設計協力会社の一級建築士事務所「はりゅうウッドスタジオ」と協働し、豊かな木材加工のノウハウを生かして多様な要望やデザインに対応。福島県のほか、茨城県つくば市に営業所「エコつくば」があり、関東・東北を中心に幅広いエリアで家づくりを手掛けます。

芳賀沼製作

本社敷地内の加工場。
製材・加工の職人と連携して、木のよさを引き出すノウハウが蓄積されています。

  • ●社名/芳賀沼製作
  • ●代表/芳賀沼 伸 [パネルログの共同開発者/渡邉洋一(プロフィール・写真)]
  • ●住所/〒967-0026 福島県南会津郡南会津町針生字小坂40-1
  • ●電話/0241・64・2221
  • ●年間建築棟数/新築20棟
  • ●設立/1987年(創業1954年)

芳賀沼 伸 [パネルログの共同開発者/渡邉洋一(プロフィール・写真)]

「パネルログ」の共同開発者。 日本大学工学部建築学科建築計画研究室修了(工学修士)後、同研究室客員研究員となる。現在、合同会社 良品店の代表社員として、芳賀沼製作にて「パネルログ」の開発に携わる。

この工務店のホームページを見る

  • B!