暮らしのコツ

内野 チエ内野 チエ

冷たいドリンクをキープする裏ワザ3選。親子で試して

もうすぐ8月も終わりですが、暑い日が続きますね。

冷蔵庫にはまだまだ冷たいドリンクが欠かせません。

ライターのキタノアカリさんによる、冷たいドリンクを美味しく、効率よく楽しむためのアイデアをまとめて3本ご紹介します!

まるで自動販売機!100均DIYの缶ストッカー

夏場はお気に入りの缶ドリンクを冷蔵庫にたくさんストックしている、というご家庭も多いのではないでしょうか。

缶ドリンクは1か所にまとめて置いておくと、冷蔵庫の扉を開け閉めする時間も短くてすみますし、ストックがあとどれだけあるのかも一目瞭然です。

こちらの記事では、ダイソーの「折りたたみコンテナ」と「結束バンド」を組み合わせて作る、まるで自動販売機のような缶ストッカーのDIYの方法をご紹介しています。

缶を入れた順にゴロゴロと前に押し出されるので、いつでも冷え冷えの缶ドリンクが最前列に来ます。冷蔵庫も片付いて一石二鳥ですね!

 

昨年から人気継続!ダイソーの折りたたみポリタンク

アイデア商品の宝庫、ダイソー。

昨年、大いに話題になったのが「折りたたみポリタンク」です!

販売価格は100円ではなく400円ですが、それでも十分安いと思えるくらい、とにかく機能的。

このポリタンクは給水コックが付いていて、冷蔵庫に入れっぱなしの状態でそのままコップに麦茶を注ぐことができます。

家族が多いと夏場は麦茶の消費量が多くて大変、というお宅も多いと思います。

麦茶のポットは意外と重くて、小さな子どもが自分でお茶を注ぐのは結構大変です。

このポリタンクがあれば、給水コックをひねるだけなので、簡単にお茶をごくごく飲めます。

本体がジャバラで、家の冷蔵庫に合わせて高さ調節ができるというのもポイント。

夏の定番商品になりそうですね!

氷で味が薄くなるのはイヤ!便利なライフハック術

冷たいドリンクを飲みたいけれど、氷で味が薄くなってしまうのはちょっと残念……。

そんな夏ならではの問題を解決する3つのアイデアがこちら。

1.ダイソーの「溶けない氷」ストーンアイスキューブ
2.ドリンクを凍らせて氷の代わりに使う
3.ペットボトルをハーフ&ハーフで凍らせる

2のアイデアでは、ブロック状ではなく棒状に凍らせることができる製氷皿もご紹介しています。

棒状の方が溶けにくいので、冷たさがより長持ちします。

専用の製氷皿を使うと、水筒の口からするりと中に入るサイズで氷を作ることができますよ。

夏場のドリンクをもっと美味しく楽しめるライフハック術を、ぜひ試してみてくださいね!

 

  • B!