設備

内野 チエ内野 チエ

子どものスマホの使い過ぎ防止にも。 IoTで日々の暮らしをもっと便利に

IoTと聞くと、「何だか難しそう」「使いこなせないかも」と不安に感じる人も多いかもしれません。

しかし、実は操作がとても簡単で、日々の暮らしを便利にしてくれます。

実際に暮らしに取り入れている人の体験談など、IoTの魅力が分かる記事を3本まとめてご紹介します!

子育てにもIoTが使える!

IoTを上手に活用すれば子どもの見守りや、スマホの使い過ぎ防止にも役立てることができます。

働くママがとくに気がかりなのは、子どもだけでお留守番をさせているときですよね。

スマホと連動したネットワークカメラがあれば、会社や通勤途中でも家の中の様子を確認することができます。

しかも、なんと音声機能付きで外出中に家の中にいる子どもに向かって「宿題はした?」「お花に水やりをして」などと話しかけることもできる優れものも。

離れていても声かけができるので、子どもに安心感を与えることもできますし、夜間の子ども部屋の見守りにも使えてとっても便利。

このほか、コンセントに差し込むだけでスマホから家電のON/OFFができるようになる「スマホートプラグ」や、子どものスマホのWi-Fiを強制切断できるアプリなど、子育てに使えるIoTをお伝えしています。

IoTのスマートハウスは節約効果もあり!

coffeekai / PIXTA(ピクスタ)

「IoT」とはモノのインターネット化のこと。

暮らしにまつわるあらゆるものをインターネットにつなぐことで、離れている場所から操作できたり、足りない部分を補ったりすることができます。

工場の機械の不具合を自動で知らせたり、農作物の水やりやビニルハウスの温度管理に利用されたりと、産業分野ではいち早く取り入れられてきましたが、最近では家庭でもIoT化が進んでいます。

マハロ / PIXTA(ピクスタ)

例えば家にいなくても照明やクーラーを操作できたり、カギや財布などを落としたらスマホにその情報が届くなど、さまざまな場面で利用が広がっています。

そんなIoTを活用した住宅は「スマートハウス」と呼ばれています。

家の設備をIoT化すると、省エネになり、節約効果も期待できますよ。

スマートハウスの機能とメリットについて、知っておきたいことをチェックしてみてください!

実例!後付けでエアコンにIoT機能を付けてみた

よくある思い込みが、「最初から仕組みが導入されているスマートハウスのような家でないとIoTを利用できない」といったもの。

そんなことは一切ありません。

実はIoTは、自分で設置することも可能。

既存の家電に後付けで装置を取り付けて、IoT化することができるんです!

こちらの記事では、普通のエアコンに無線LANアダプターを取り付けて、IoT化した実例を紹介しています。

エアコンに連動しているアプリをスマホに入れれば、準備完了。

インターネットを介してスマホで操作できるようになり、例えば帰宅する電車の中から自宅のエアコンの電源をピッと入れて、家に着くころに部屋を涼しい状態にしておけるようになります。

かかった費用やデメリットも詳しくお伝えしていますので、とっても参考になりますよ。

 

  • B!