子育て・教育

秋山悠紀秋山悠紀

ラン活は済んだ?2020年度のランドセル人気の傾向を大発表

小学校入学を控えた子どものランドセルを購入するための活動「ラン活」。昔と比べると色や形のバリエーションが豊富で、また工房系ブランドの人気の高まりもあり、個性的なランドセルが当たり前になっている昨今、希望のランドセルを購入するために苦労をする親も増えているそう。

すでに2020年のラン活も始まっている今、ランドセルの情報サイト「ランドセルの通知表」が2020年度入学予定の家庭を対象にした調査を実施。調査結果から、ラン活をとりまく現状が見えてきました。

男子は定番の黒!女子は赤やピンク、紫が人気

ランドセル

今回の調査は、2019年3月~5月にすでにランドセルを購入した300名を対象に行われました。まず、ランドセルの購入金額については以下の通り。

調査結果

もっとも多かった回答は「5万~6万円未満」、次点で「6万~7万円未満」でした。さらに「8万円以上」の合計は10.4%に。比較的早い時期にランドセルを購入した家庭の多くが、高級ランドセルを選んでいるようです。

調査結果

次に、購入したランドセルの色を男女別に調査。男の子で最も多かった色は「黒」(75.6%)でした。黒を含むコンビカラーを入れると全体の約85%となり、ランドセルが多様化しているといってもまだまだ黒が定番であることが分かります。

調査結果

一方、女の子では「赤」(29.0%)とこれまた定番色が最も多かったものの、「ピンク」(24.7%)、「紫(ラベンダー)」(16.1%)と続きました。「水色」(10.8%)や「キャメル」(8.6%)、「ブラウン」(6.4%)など、一見すると男の子に人気そうな色もランクインし、女の子のランドセルが多様化していることがうかがえる結果となりました。

クラリーノ?牛革?価格にも左右される素材選び

続いて、ランドセルの素材について聞きました。すると、ランドセルの主力素材である「クラリーノ」(39.3%)、「牛革」(22.5%)が順当にランクイン。

調査結果

クラリーノは比較的安価ですが軽くて丈夫なつくりになるため、多くの人が選ぶ素材です。一方で牛革や「コードバン」(2.9%)は高価なものの、光沢や風合いがあるのでランドセルに品格が出ます。
「不明」と回答した人も17.3%いるものの、見た目や価格に影響する素材はランドセル選びの重要なポイントになっているようです。

ランドセル

実際に購入にあたってもっとも重視した点を聞いてみても、ベスト3は多い順に「デザイン」(35.8%)、「背負いやすさ」(18.5%)、「価格」(15.0%)となりました。

調査結果

今回の調査は2019年3月~5月にランドセルを購入した方が対象ですが、この期間中のランドセル購入月で最も多かったのは「2019年5月」(49.1%)でした。

調査結果

これは、5月に販売を開始した工房系ブランドが多かったためと推測されます。一方で、今年から一部の人気ブランドが年度が変わる前から新作ランドセルの販売を開始したこともあり、「2019年3月」(35.8%)と回答した人も少なくありませんでした。

ランドセル

購入にあたって重視した点の第2位は「背負いやすさ」ですから、早い時期に購入した人はより早い時期に展示会などに参加して、ランドセルを試したあとに購入したと考えられます。

人気のモデルはすでに売り切れていることも

今回の調査結果から分かった人気カラーや人気素材のランドセルは、他のモデルに比べて早期に完売する可能性が高くなります。これから購入予定の方は、早めに検討したほうがよさそうです。

【参考】

2020年度ラン活の傾向は?ランドセル購入に関するアンケート調査結果発表

  • B!