トラブル

WriternistaWriternista

ベランダ喫煙、違法駐車…。困ったマンション隣人への正しい対応は?

近頃、マンションなどの集合住宅の近隣トラブルが多く報告されています。

その原因のひとつとして、近所付き合いの希薄化が挙げられます。

また働き方が多様化してきているため、活動する時間帯がずれるのもトラブルが増加している原因と思われます。

今回はマンションのトラブルをどのように防止すればよいかを考えましょう。

1.トラブルの事例

マンションに多いトラブルの例を紹介します。

1-1 ベランダでの喫煙

たばこ

砂肝大好き / PIXTA(ピクスタ)

近年、タバコの受動喫煙が体に及ぼす影響について、認識している人が増えています。

そのために家族のいる室内ではなく、マンションのベランダでタバコを吸う人が増えています。

しかし、ベランダでタバコを吸うと煙を周りに拡散し、隣の部屋へ煙が入ってしまったり、洗濯物にタバコの臭いがついてしまったりするなどのトラブルになるケースも少なくありません。

1-2 違法駐車

路上駐車

yamahide / PIXTA(ピクスタ)

入居者が違法駐車している人に直接注意することからトラブルになるケースがあります。

マンションに来客用の駐車場がない場合などに、マンション脇の路側帯に駐車する人がいます。

路側帯は、基本的には歩行者が通行する場所なので、車両が路側帯をふさいでいれば駐車違反となりますが、警察以外の人が注意すると、違反している人が腹を立てるケースが多いようです。

2.騒音トラブルが起こった時の相談先

トラブルが起こってしまったときの解決法は、おもに

  • 管理会社に相談する
  • 警察へ相談する
  • 弁護士へ相談する
  • 市役所へ相談する

の4つです。

2-1 管理会社に相談する

マンション

【IWJ】Image Works Japan / PIXTA(ピクスタ)

マンションの入居者同士のトラブルならば、まずは管理会社へ相談をしましょう。

とくに、騒音やタバコの煙は、どの部屋が原因か特定できない場合も多いです。

そのために、日頃から巡回している管理会社の人に力を貸してもらいましょう。

希望すれば、誰から苦情がきているか分からないように、注意を促すチラシなどを管理会社名でポスト投函することもしてくれるでしょう。

トラブルの原因となっている人は、意外に自分が当事者だと気づいていないものです。

そのため、この方法は効果があり、事を荒立てずに解決できます。

2-2 警察に相談する

警察

mits / PIXTA(ピクスタ)

警察は基本的に「民事不介入」です。

たとえば「覗き」の被害にあって通報したとしても、「プライバシーの侵害」は民事扱いとなり、警察では対処できないことが多いです。

しかし、洗濯物を汚したり盗んだりされると「犯罪行為」として扱われ、警察の捜査対象となります。

マンションのトラブルで警察に介入してもらった方がいいのは

  • 車に傷をつけられた
  • 敷地内にゴミを捨てられた
  • 脅された
  • 暴力を振るわれた

場合などです。

身の危険を感じたら、ためらわずに警察に通報しましょう。

物的証拠があるとより早く解決できます。写真や動画、音声など、自分に危険が及ばない範囲で用意できると理想的です。

2-3 弁護士に相談する

マンション

baphotte / PIXTA(ピクスタ)

起こったトラブルが法律的にはどのような扱いになるのか、どう解決できるのかなどを弁護士に相談することも選択肢の1つです。

しかし、相談するだけでもある程度の費用がかかりますし、裁判に持ち込むと、費用だけでなく精神的負担が大きくなるなどのデメリットもあります。

相談料は、30分5,000円、1時間10,000円程度が相場のようです。

実際に弁護士へお願いをする場合は、1時間1万円前後の相談料のほか、着手金、内容証明作成代、成功報酬などで、数十万円の費用がかかります。

2-4 市役所に相談する

自治体によりますが役所の「苦情処理係」的な部署に相談を持ちかけると、役所は「実態調査」として、聞き取り調査などを行います。

警察ほど抑止力はありませんが、相手に指導をしてくれるケースも多いようです。

3.改善策を考えて行動を

マンション

yuyayo / PIXTA(ピクスタ)

トラブルが解決せず、精神的な疲弊が続いて日常生活に支障をきたすようでしたら、思い切って引っ越しするのも1つの手です。

また、近隣の人とコミュニケーションを持つ機会を積極的に増やすことで改善できるケースもあります。

トラブルが起こる前に手を打っておけば、もしトラブルが発生しても早期に解決する可能性は高くなります。

ファイナンシャルプランナー(AFP)/宅地建物取引士一般社団法人/家族信託普及協会®会員 吉井希宥美

  • B!