不動産

WriternistaWriternista

マンションの共用部分が掃除されていないときの対策と相談先

マンションの共用部分は、マンション入居者なら誰もが使う場所です。

共用部分の掃除は専門の会社に委託されているケースが多いです。今回はマンションの共用部分について考えます。

1. マンションの「専有部分」と「共用部分」はどこで分かれる?

マンションの「専有部分」と「共用部分」の違いは、簡単に言うと所有権が自分にあるかないかです。

マンション共用部

ABC / PIXTA(ピクスタ)

 

1-1 専有部分

厳密に言うと壁や床、天井を形作っているコンクリートの表面から部屋側の空間のことです。

コンクリート部分そのものは共用部分です。

隣り合う2住戸を所有していたとしても、2戸間の壁を取り除いて1戸として使う、壁をくりぬいてドアでつなげるなどは、共用部分を傷付けることになるので禁止されています。

1-2 共用部分

エントランス、共用廊下、屋上など専有部分以外の建物部分。

エレベーターや電気・給排水などの共用設備です。

ベランダやバルコニー、専用庭、窓やサッシ、玄関ドアは専有部分ではありません。

これらは全区分所有者の合意のもと、特定の居住者が専用に使う権利を認められている共用部分で「専用部分」と言います。

2.共用部分の掃除

マンションの廊下

Naypong / PIXTA(ピクスタ)

 

共用部分の掃除は、マンションに住む人と、マンションに来る人、双方の印象を決定づける重要なものです。

「共用部分の廊下が汚い」「ゴミ置き場が整然としていない」などは、マンション全体のイメージを悪くします。

清掃は管理会社が委託した業者が主に行いますが、マンションの維持管理は管理組合全体で取り組むべきです。

2-1 管理会社の清掃範囲

管理会社の清掃範囲は主に次の通りです。

・日常清掃
エントランスや廊下・通路、階段など、日常的に使われる共有部分の清掃。

・定期清掃
床や壁などの溜まった汚れをクリーニングする清掃。商業ビルの場合は窓ガラスの清掃も含まれています。

・特別清掃
日常清掃や定期清掃で取り除けない部分の汚れの清掃。

2-2 どれくらいの頻度で行うのか

「共用部分をどれくらいの頻度・程度で掃除しなければならないか」という明確な決まりはありません。

共用部分の維持管理を目的として共益費が徴収されているのは事実ですが、それをどの程度の配分で使うかは管理組合で決定することです。

掃除を頻繁に行ってもらいたいと思うなら、管理組合に要望を出してみましょう。

管理費に余裕があるなら、その分を掃除に回すよう要請することもしてみましょう。

2-3 ひどい汚れはプロに任せるべき

廊下の壁の汚れなどは、水拭きしただけだと汚れがかえって広がってしまうことも多いです。

その場合は、自分で掃除せずに管理組合へ連絡しましょう。

3.管理会社にもっと掃除してほしいときは

ゴミ置き場

箱根富士 / PIXTA(ピクスタ)

エントランスや玄関などが、管理会社に頼んでもあまりきれいになっていないときは、次のように対処しましょう。

3-1 管理会社に連絡する

管理費を払っているのであれば、まずは、管理会社に直接かけあいましょう。

管理費が発生している場合は、管理会社側に清掃義務が発生するためです。

賃貸で分譲マンションを借りている場合も、貸主の清掃義務は専有部分だけのため、借主は直接管理会社に連絡すべきです。

3-2 管理費の支払い拒否を通達する

清掃義務があるにもかかわらず、マンションがきちんと掃除されていない場合は、管理会社が「不当利得」を受け取っていると解釈されます。

連絡しても改善しない場合は、消費者センターなどの窓口に相談してみるといいでしょう。

それでも改善しない場合は、管理費の支払い拒否を通達するという方法もあります。

4.まとめ

マンション

箱根富士 / PIXTA(ピクスタ)

 

マンションの共用部分を管理会社や委託された清掃会社が行うことが多いとはいっても、入居者の協力は必須です。

たとえば、ゴミ置き場ならば、清掃するのは管理業者かもしれませんが、入居者はマナーを守ってゴミ出しをしなければなりません。

ゴミを出す時間やルールに沿った分別をきちんと行って、共有部分をきれいに保つための協力が重要となります。

管理会社と入居者が協力することが、共有部を清潔に保つ秘訣なのです。

ファイナンシャルプランナー(AFP)/宅地建物取引士一般社団法人/家族信託普及協会®会員 吉井希宥美

  • B!