体験レポート&リサーチ

いけだちよみいけだちよみ

家具工房の上にあるカフェ。椅子やテーブルを見て触れて、試せる

のんびりとお茶をしながら、リノベーションのイメージがどんどん膨らむ!そんなカフェが、東京・御徒町にあります。リライフプラス編集部が見つけた「WOODWORK Welcome COFFEE」をご紹介。

カフェがあるのは家具工房の上

カフェは2年前に、オリジナル家具をつくる工房「WOODWORK」のショールーム内にオープンしたもの。

気軽に店に入るきっかけづくりとして、また、何度でも家具を見て触れて、試してもらおうという思いが発端となったそうです。

家具の多くは受注生産となるため、カフェにある家具はサイズ感の確認や材料・色選びのサンプルとしても役立っています。

その家具工房があるのは、実はこのショールームの地下!

こんな東京の街なかにあるなんて、驚きですね。

左の棚は間仕切りとしてもおすすめのビルドラック。サイズをオーダーできます。

テーブルはPATAM TABLE(ぱたむテーブル)といい、人気商品のひとつです。

天板・脚部ともに折りたため、持ち運びもラクにできる無垢材のテーブルです。

こちらは、無垢材でつくるオーダー収納のサンプル。

実際に物を収納したときの雰囲気を見たり、引き出しや取っ手の使用感なども試せます。

木の小物やスタッフが厳選した雑貨も販売!

家具だけではなく、オリジナルの木のトレーや箸置きなどもあり、贈り物探しにもよさそうです。

スタッフが「自分たちが使いたい物」という視点でセレクトした食器や雑貨のほか、多肉植物の販売も行っています。

水道の連結パーツを組み合わせた真鍮の水栓や、表面の仕上げ具合を場所によって変えているカウンター背面の横木など、カフェの内装やこだわりのディテールも見どころ!

キレイなルビー色の「ハイビスカス・ティーソーダー」(480円)と「ブレンドコーヒー」(430円)。

メープルの家具をテーマにした展示を行ったときは、メープルシロップを使ったドリンクやフードをカフェで出すなど、ショールームとリンクしたメニューが楽しめることもあるそう。

「家具が目的でなくても、ふらっと入りやすい雰囲気です。テーブルの間隔が広いので、ベビーカーでも大丈夫ですよ」とバリスタの滑川京子さん。

リノベを検討中の方や家具やインテリアの方向性を摸索中、という方は訪れてみてはいかがでしょうか。

9月17日発売の『リライフプラスvol.34』では、今回紹介したカフェ以外にも、さまざまなリノベのヒントを発信。ぜひ、こちらもチェックを。

 

WOODWORK Welcome COFFEE(ウッドワーク ウェルカム コーヒー)
東京都台東区台東4-14-8-1F telephone* 03・3833・2797 ■火・水曜定休
open 店舗 /月・木・金・土・日 10:30 ~ 18:00  カフェ/ 月・木・金・土・日 10:30 ~18:00( L.O.17:30)

※価格はすべて税別です

撮影/山田耕司

リライフプラスvol.34

リライフプラスVol.34

Book Shelf Hunter 最終回special

【特別企画】渡邊謙一郎さん(STANDARD TRADE.代表)×本田 淳さん(工房イサド) 同級生対談!【巻頭特集】「いくらかかった?リノベの工事費【第2特集】植物と仲良く暮らす家・マンションも戸建ても!グリーンコーディネートや庭リノベが得意! なグリーンショップGuide【特別企画】人気インスタグラマーつむぱぱ家のリノベが完成するまで

Amazone詳細ページへ

  • B!