体験レポート&リサーチ

シマムラ アサミシマムラ アサミ

人気ブロガーちきりんさんに聞く。リノベを成功させる「ショールームの正しい使い方」

社会派人気ブロガーのちきりんさん。自宅をフルリノベした経験からリノベ本を出版したと聞きつけ、一番乗りで取材に伺ったのは2019年春のこと。リノベ会社の選び方やリノベで大事なこと、具体的な工事の進み方など、消費者目線かつ論理的で合理的なちきりんさん流の視点で、リノベのポイントを教えていただきました。

そんなちきりんさんが、秋のリノベシーズンに合わせてトークイベントを行うとのお知らせが!再びちきりん節が聞けるとのことで、勇み足で取材へ行ってきました。イベントは9月と10月の2回に分けての開催。まずは9月に開催されたイベントレポートを全3回にわたってお送りします。(なお、10月のトークイベントは好評につき、定員締切となっています)

リノベの強い味方、ショールームを上手に使おう!

ちきりんリノベイベント

会場となったのは、西新宿の新宿パークタワー3~7階にある「リビングデザインセンター OZONE」。5フロアにわたる広大な空間には、新築やリノベーションなどの家づくりに欠かせない設備やアイテムが豊富に揃い、様々な情報収集と体験が1か所で叶います。

ちきりんさんもリノベ前やリノベ中に何度も訪れたのだそう。しかも、1年前にリノベをして新しい住まいを満喫している現在も、幾度となく足を運んでいるとのこと。

さて、今回のイベントのテーマは、「リノベを成功させるショールームの正しい使い方」。家づくりを行う際に、どのご家族も一度は訪れるであろうショールームですが、リノベを成功させるためには「訪れるタイミング」と「正しい目的意識」が大事とちきりんさんは言います。

はて……そんな事考えたことありませんでした、という方が多そうですね。私たちはいつ、何のためにショールームに行くべきなのでしょうか。

みんな、どのタイミングでショールームに行くの?

ちきりんリノベイベント

リノベのプロセスは、上の図のような流れになります。ショールームに来ている人に「リノベのどのタイミングで来ているのか」とアンケートをしたら、きっと④の 「間取り決定後」「工事開始前」が一番多いのでは、とちきりんさんは言います。なぜなら、来ざるを得ないタイミングだから。

大枠の間取りが決まると、キッチンやユニットバスの詳細(色、パーツ、オプション等)をはじめ、壁紙の色、床材の種類、扉の取っ手などの途方もなく多くのアイテムを選択するフェーズに入ります。これらすべてをカタログのみで決めるのは難しい。

やっぱり、最終決定するためには実際に見たり触ったりして、使い心地や質感を体験したいですよね。なので、このタイミングでは多くの人が必然的にショールームに足を運ぶことになるでしょう。

初訪問が間取り決定後はなぜダメなのか

フローリング

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

でも!ちきりんさんは「このタイミングで初めて訪れるのでは遅い」とスッパリ。

煌びやかなショールームに行って、やっぱり大きな浴槽を入れたいからバスルームを広くしたい、床材はこっちの方がいい、といった変更したい気持ちが沸いてきてしまうと、せっかく大枠が決まってきたという段階なのに、再度間取りや予算、工期の調整が発生して、時間もお金もロスします。

また、「これ絶対に欲しい!」というものに出会っても、そもそも購入した家には設置不可能な設備だったり、予算的に厳しい等の理由であきらめざるを得ないということもありえます。なので、本当に欲しいものはもっと前の段階で把握しておくべきなのです。

 「個別相談」前に理想を明確にし、言語化できるレベルに

そこでちきりんさんがおすすめするのは「個別相談前」のタイミング。リノベの第一ステップとして、「お気軽に相談しに来てください」とうたったリノベ会社のホームページを見て、個別相談に出向く人が多いかもしれません。

でも、ちきりんさんに言わせればそれは絶対にNO!自分の叶えたい暮らしや絶対に欲しい設備、予算やスケジュールのイメージなどを明確にしないまま個別相談に訪れても、リノベ会社からの質問攻めにあたふたして終わるだけです。

個別相談前にショールームをまわり、雑誌やネットで情報収集をして、リノベで叶えたいモノやコトの優先順位を言語化できるレベルにしてから望むべき、とちきりんさんはアツく語ります。

オーダーメイド

ナオ / PIXTA(ピクスタ)

「リノベは住まいのオーダーメイド。洋服をオーダーメイドする時、どんな服が欲しいのかあやふやなまま、何のリサーチもしないまま、『お気軽に』 テーラーに注文しに行ったりしませんよね?」という話には、私だけでなく会場の大勢の方が納得したことでしょう。そう、「お気軽に」個別相談に行ってはいけないのです。

リノベに成功したちきりんさんの優先順位は?

ちきりんリノベイベント

たくさんのショールームを訪れたちきりんさん。リノベを振り返ると、満足度が高いものはすべて個別相談前にショールームで見つけて採用したものだと言います。

例えば、二重窓。ショールームで、窓を1枚閉めた時と、2枚閉めた時の騒音や温度の感じ方の違いが体験できる展示があったそう。「家の中が寒いなんていうのは先進国の中で日本くらいだ!」と感じていたちきりんさんは、二重窓の性能に惚れ込み、絶対に取り入れたいものの一つとしてマーク。

念願叶って設置した二重窓のおかげで、冬も夏も冷暖房に頼り切らない快適な空間が実現できました。ちきりんさんがリノベ会社の人に聞いた話では、二重窓は客側から要望がなければ、なかなか提案することのないアイテムなのだそう。

ちきりんさん自らが見つけてリクエストしなければ、この寒暖差の少ない快適空間を手に入れることはありえなかった、ということでしょう。他にも、ミストサウナ付きのシャワーや一口ガスコンロなどは、ショールームで見つけてリクエストしたアイテムで、どちらにも大満足しているのだそう。

気を付けて! ショールームの落とし穴

システムキッチン

イグのマスタ / PIXTA(ピクスタ)

ここで、「今週末早速ショールームに行こう!」とショールーム熱に火が付いたあなたに、ちきりんさんからひとこと忠告が。「ショールームに展示されているものの7割くらいは最高級ラインの商品だから気を付けよ」。その言葉を何度もちきりんさんは繰り返していました。

どのショールームにもうっとりするほどの煌びやかな商品がずらりと並び、ついつい目と心が奪われたあなたは、最新機能を備えた高額商品を自らのスタンダードにしてしまうことでしょう。それに伴い、もちろん予算が莫大に……。

でも、すべてを諦めることはありません。大切なのはメリハリ。絶対に欲しいものや自分に価値をもたらすものは、高くても買った方がいい。そして、こだわりがない部分にはお金をかけない。それは、何でもかんでもグレードダウンするよりも、満足度が高くて賢いお金の使い方だとちきりんさんは教えてくれました。

レインシャワー

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

さあ、ショールームには何しろ早めに行くべき、そしてテンションと物欲には気を付ける、という2点を学んだところで終了……と思いきや、ショールームに行くべきタイミングが他にもあるとちきりんさん。それはいったいいつなのか、またちきりんさんがリノベ後の今もショールームに通うのはなぜなのか……次回の記事で紐解いていきます。

では、今回もちきりんさん流の締め文句で終わりましょう。

そんじゃーね!

■ちきりん

日本を代表する社会派ブロガー。関西出身。大学卒業後、金融機関に就職。アメリカの大学院留学を経て、外資系企業に転職し、在職中にブログを書きはじめる。退職後、2011年からは文筆家として活躍。『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)ほか著書多数。人気ブログ「Chikirinの日記」を運営する。

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

完全に「顧客目線」ですべてを解説。リノベーション&リフォーム入門の決定版!

これからリノベーションをする人なら、 誰でも経験者にじっくりと相談したいはず。 その相手が、日本トップクラスのブロガーだったら…… こんなに面白くて役立つ話が聞けました!

Amazone詳細ページへ

  • B!