防災

杉山梢杉山梢

水害、地震…災害から身を守るために日ごろから備えておきたいこと6つ

世界的な異常気象の影響などで、日本でも毎年大雨による被害が起きています。先日、日本を襲った台風15号および19号は、関東地方を中心に甚大な被害を及ぼし、現在も復旧作業が進められています。

いつ襲ってくるか分からない災害から自分や家族の身を守るには、どうしたらよいのでしょうか。

日本能率協会マネジメントセンターの『地震・水害・火災から守る 緊急防災ハンドブック』(以下、『緊急防災ハンドブック』)から、日ごろからできる災害対策についてご紹介しましょう。

1.ハザードマップを確認する

パソコン

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

ハザードマップは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものです。河川浸水や土砂災害、地震、津波などの災害別に作成され、各市町村のホームページなどに掲載されています。

『緊急防災ハンドブック』では、「自分の住む地域にどのような危険があるのか、いざというときに迅速に避難するために必ずハザードマップを確認しておきましょう」とハザードマップの重要性を唱えています。

筆者も自分の住んでいる市のハザードマップを確認しておこうと検索したところ、国土交通省によるハザードマップポータルサイトが使いやすいと感じました。

ハザードマップポータルサイト

サイト内の「重ねるハザードマップ」を使えば複数の災害のハザードマップを一度に表示できるので、どの災害時でも比較的安全な避難経路を検討することが可能です。

また、住所による検索ができるので、自宅だけでなく勤務先や学校、親せきの家など、複数の場所のハザードマップを確認したい場合にも便利です。それぞれの市町村のホームページを探す手間が省けます。

2.「警戒レベル」を正しく知る

河川の氾濫

haku / PIXTA(ピクスタ)

先日の台風19号の際には、各市町村から避難情報が発令されました。
避難情報は、2019年6月から5段階の「警戒レベル」を用いて発令されるようになりましたが、実際にはどの段階で避難したらよいか迷った方も多いでしょう。

『緊急防災ハンドブック』では、「警戒レベル4で避難とされていますが、高齢者や小さい子どもがいるご家庭は警戒レベル3での避難が推奨されています」と、避難の目安を記載しています。
警戒レベルの内容については気象庁のサイト「防災気象情報と警戒レベルとの対応について」に掲載されているので、一度目を通しておくとよいでしょう。

3.家族で災害時のルールを決めておく

避難所地図

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

「災害は家族と一緒のときに起こるとは限りません。いざというときに安否を確認するため、災害時の家族のルールを決めておきましょう」とありますが、現実にはつい先延ばしにしてしまいがち。

被災したときの連絡方法や、避難先、家を離れるときのメモを貼る場所など、家族内であらかじめ決めておくべき事柄はたくさんあります。

連絡方法としては、電話連絡ではなく、NTTが提供する伝言サービス「災害用伝言ダイアル」(171)、携帯電話会社が提供する文字を使った安否情報確認サービス「災害用伝言版」のほか、SNSなどを使うようにしましょう。

「災害用伝言ダイアル」と「災害用伝言版」は、毎月1日と15日に体験日が設けられているので、このサービスを使う予定であれば、家族みんなで練習しておきましょう。

4.非常用持ち出し袋を用意する

アイマスクと耳栓

MIKO / PIXTA(ピクスタ)

災害によって自宅で安全に過ごせなくなった場合には、避難所を利用します。非常用持ち出し袋には、避難所で過ごすために必要となるものを入れて用意しておきます。

『緊急防災ハンドブック』では、あると便利な20アイテムが紹介されています。テレビやさまざまなWebサイトなどでも、持ち出し袋の中に用意しておくべきものが挙げられていますね。

20アイテムのなかでも筆者がなるほどと思ったのが、「アイマスク」と「耳栓」です。避難所では明かりを落とさないそうなので、安眠のためにはあるとよいですね。

また、「はぐれた家族を探すときに家族写真を持っていると便利」というのも、参考になります。

5.非常備蓄品を日ごろの食事サイクルに加える

水

ykokamoto / PIXTA(ピクスタ)

台風15号での被害を目の当たりにしたこともあって、19号が来る前日には在宅避難時の備蓄品として、水やカップラーメンなどを買い求める人が多かったように思います。
いざというときに買いそびれたり、慌てて大量購入したりすることのないように、日常備蓄の習慣をつけておくと安心です。

『緊急防災ハンドブック』で紹介されている日常備蓄は、「①少し多めに買う→②普段の生活で消費→③減った分を買う、以降、②と③の繰り返し」というサイクルで、常に一定量を備蓄するようにします。

筆者宅ではウォーターサーバーを利用しているため、自動的に水を備蓄していることになります。宅配してもらえるので、買いに行く手間も省けて便利です。

6.家の中の家具を見直す

家具の固定

yukiotoko / PIXTA(ピクスタ)

地震の際に、倒れてきた家具や家電の下敷きにならないように、あらかじめ対策をしておくことも大切です。

『緊急防災ハンドブック』では、さまざまな家具の対策が紹介されています。たとえば、「避難口となるドアや地震が起きた時に身を隠すテーブルなどの近くには、本棚や食器棚、タンスなどの背の高い家具を置かない」「背の高い家具は、突っ張り棒やL字金具などで固定する」「食器棚には揺れた際に扉がロックされる器具を取り付けておく」「テレビや花瓶は粘着ゲルシートで固定しておく」などの転倒防止対策を推奨しています。

いまや日本のどこでどんな災害が起こるかわかりません。『地震・水害・火災から守る 緊急防災ハンドブック』を読むと、防災意識が高まり、日ごろから備えておくことの大切さがよく分かります。
いざという時に適切な行動がとれるよう、定期的に読み返したい一冊です。

【参考】

『地震・水害・火災から守る 緊急防災ハンドブック』(日本能率協会マネジメントセンター)
※ 国土交通省「ハザードマップポータルサイト
※ 気象庁「防災気象情報と警戒レベルとの対応について

  • B!