暮らしのコツ

秋山悠紀秋山悠紀

収納白書「自宅に取り入れておけばよかった間取り」1位は?

皆さんは自分の家を「いい家だな」と思いながら住んでいますか?

株式会社リクルート住まいカンパニーでは、住まいや暮らしに関するさまざまなテーマについてアンケート調査を実施。今回はそのなかから「自宅の満足度に関して」の結果をご紹介します。

現在の住まいに100点を付けた人はどれくらい?

家

haku / PIXTA(ピクスタ)

今回の調査は現在、北海道、宮城県、東京都、富山県、石川県、福井県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、熊本県、鹿児島県のマンションもしくは一戸建てに住んでいる、20~69歳の男女2400人を対象に行われました。

調査ではまず、率直に現在の自分の住まいについて点数を付けてもらいました。
すると、一番多いのは80点台で、次に70点台が多い結果に。100点の人は5%以下で、50点以下と厳しい採点をした人もちらほら見受けられました。

また住戸形態別に傾向を見てみると、一戸建ての人よりもマンションに住んでいる人のほうが現在の住まいに満足しているということが分かります。

そこで次に、自宅の不満点を聞きました。すると3人に1人が「収納スペース」に不満を持っていることが明らかになりました。次いで「防音性」「駐車場のスペースや数」「断熱性」などが続きます。

子どもの誕生でどんどん収納スペースが足りなくなる!

おもちゃ

収納スペースに不満をもつ人が多い要因としては、住宅購入や建築の際に将来的な家族構成の変化を考慮しきれなかったことが考えられるでしょう。

例えば子どもが生まれると、想像以上に必要な物が増えます。おもちゃや洋服、沐浴用ベビーバス、オムツ、おしりふき、保育園の備品など。
小学校にあがれば、教科書やランドセルなど、学校や習い事などの学用品もどんどん増えていきます。
自分たちで購入するものはもちろん、親せきや友人から贈られるプレゼントなども多いため、収納スペースが足りなくなりがちに。

現在1歳の子どもがいる筆者宅も、現在は子ども部屋の一つが完全に子どもの物置部屋と化しています。家族構成の変化で物が増えていくことをあらかじめ想像してスペースを確保することが、長期的に満足度の高い住まいづくりには大事になってくるでしょう。

ウォークスルークローゼットは汎用性が高い!

クローゼット

自宅に取り入れておけばよかった間取りについて調査した結果は以下の通り。「ウォークインクローゼット」や「納戸スペース」など、やはり収納関連が上位にランクインしました。

衣服を一目で探しやすく、着替えるスペースもあるウォークインクローゼットは、住まい選びをする上では欠かせないという人も多いでしょう。
最近では、部屋と部屋の間にあって通り抜けができるタイプのウォークスルークローゼットも便利で人気なんだとか。行き止まりがないので、空間が広く感じられるというメリットがあります。

例えばリビングと寝室の間にウォークスルークローゼットがあると、どちらの部屋からもアクセスがしやすく動線がコンパクトに。衣服だけでなく、掃除機などの頻度高く使う日用品などの収納にも便利です。

ウォークスルークローゼット

SUUMOリフォーム 2019年 5月号より(情報・画像提供/山商リフォームサービス)

またコートクローゼットを設けたウォークスルーの玄関収納なら、ベビーカーやコートなどの収納も玄関で完結できます。朝の忙しい時間帯も家族同士で混み合わないので、それぞれの動きがストレスフリーに。

コートクローゼット

HOUSING 2019年 10月号より(情報・画像提供/ルポハウス)

建築や購入段階で将来的な家族構成が未定の場合、クローゼットや納戸は場所だけはしっかり確保しておくとよいでしょう。
内部の棚は家族構成の変化や必要に応じてつくり替えるといったフレキシブルな考え方をもつことで、「収納スペースが足りない!」といった後悔も生まれにくいはずです。

皆さんも「収納が少ないのは仕方がない」と諦めることなく、収納場所をしっかり確保した住宅建築や購入を考えてみてくださいね。

【参考】
※ 11月18日はいい家の日!自宅に満足している人は意外と多い?! 一方で、3人に1人は「収納スペース」に不満

  • B!