インテリア・雑貨

shiga asakoshiga asako

キッチン用品ベスト5!かっぱ橋道具街で買ったウチの優等生

プロ御用達の厨房用品の店が軒を連ねる東京の「かっぱ橋道具街」。ありとあらゆる調理道具や食器が手に入り、一般の人はもちろん、最近は外国人観光客にも人気のスポットです。

「わが家のキッチンや食卓で大活躍しているものは、すべてかっぱ橋で入手したものです!」というライターのshiga asakoさんに、愛用の品を紹介してもらいます。

年に1度、かっぱ橋へGO!

かっぱ橋

Ryuji / PIXTA(ピクスタ)

上野と浅草のちょうど真ん中あたり。厨房用品の店が通りの両側にずらりと並んだ「かっぱ橋道具街」へ出かけるのが、筆者宅の恒例行事になっています。

恒例行事といいながら、訪問の頻度は年に1度。筆者は東京の西エリアに住んでいるので、東エリアのかっぱ橋はそれほど気軽に行ける場所ではありません。
厨房用品に埋め尽くされた通りをくまなく歩くのにはパワーもいるため、買いたいものをリストアップして、年に1度、夫とともに心して出かける場所になっています。

そろそろまたかっぱ橋を訪れる計画を立てているのですが、これまで購入したもので「とっても便利!」「ほぼ毎日使っている!」というものを、勝手にランキング形式にしてご紹介したいと思います。

愛用のキッチン用品ランキング

5位:「ストウブ」の鋳物ホーロー鍋

ストウブ

フランスの伝統的な製法でつくられているホーロー鍋。専用の料理本が何冊も出版されるなど、「ストウブ」は「ル・クルーゼ」と人気を二分する有名な鍋ですよね。

私はクールな印象のストウブのほうが好みでした。
かっぱ橋の「キッチンワールドTDI」という大型店で、20,000円台半ばというディスカウント価格(日本正規販売品の定価は税込み33,000円前後)の「ココット ラウンド22cm」を発見したときは大興奮!

欲しかった黒の在庫もあり、即決でした。カレーやシチューはもちろん、ラタトゥイユ、おでん、豚汁など、煮込み系料理に活躍しています。

4位:「釜浅商店」のボウル

ステンレス製のボウル

鍋や包丁で知られる有名店「釜浅商店」。わが家ではステンレス製のボウル(15cm。価格は1つ1,000円しなかったような?)を3つまとめ買いしました。

一般的にステンレス製のボウルは、においがつきにくく洗いやすいのがメリットだと思います。さらにこちらの場合は、一般的なものよりも厚手で、頑丈かつ安定感があるのが気に入っています。

3位:玉木一将さんの「ライン飯碗」

ライン飯碗

かっぱ橋というとプロ向けの実用的なものが販売されているイメージがありますが、作家さんの器を扱っているお店も。「soi」で見つけた玉木一将さん作の「ライン飯碗」(1つ2,500円前後)は、ほぼ毎日、ヘビーユースしています。

納豆好きなわが家では、食事後のご飯茶碗はかなり汚れてしまうのが悩み。これはツルンとした仕上げのため、ご飯や納豆のネバネバ汚れがびっくりするくらい簡単に落ちます。

2位:「クイジプロ」の万能ナイロントング

万能ナイロントング

こちらも大型店「キッチンワールドTDI」で1,300円前後で購入。炒めたり和えたりするのに重宝しているほか、フライパンの肉や魚を裏返すときにとても便利です。
以前は「菜箸やフライ返しがあればいいじゃない」と、トングの必要性を感じていなかったのですが、使ってみてびっくり。思った以上に繊細な作業ができて、操作性はバツグンです。

トングは他にもさまざまな種類がありますが、これは上部の輪の部分を引っ張るとトングを閉じた状態にロックできるのが高ポイント。ロックできると、バーに吊るしたりツール入れに立てておいたりがしやすくなります。

料理好きの夫もこのトングをヘビーユースしているのですが、料理の動作がプロっぽく見えるところが気に入っているようです。

万能ナイロントング

1位:「藤田商事」のオーバル皿

オーバル皿

最初に2枚購入して、あまりの使い勝手のよさに1年後にもう2枚追加した白いオーバル(楕円形)皿。

業務用食器を扱う「藤田商事」というお店で購入したもので、「これから飲食店を開業するのかな?」という人がお皿を大量購入している場面に出くわしたりする「ザ・かっぱ橋」という感じのお店です。
商品の陳列方法はかなりラフで、通路にまで新聞紙に包まれた食器が山積み。この「街の中華屋さん風」のオーバル皿は、ものによっては鉄粉(小さな黒点)がついているB級品ということで1枚200円前後という安さでした。

和洋中、どんなメニューもマッチするシンプルさと、メイン料理1品にも副菜2品にも使える盛りつけやすい形が大のお気に入り。
取り皿にもちょうどいい小ぶりなサイズで、食洗機のラックに入れやすく、業務用らしく少しくらい雑に扱ってもOKの頑丈さです。

キッチン用品

以上、「かっぱ橋道具街」で入手したわが家で大活躍しているキッチン用品でした。
お買い得価格の品も多く、宝探し気分が楽しいかっぱ橋散策。みなさんもお気に入りの品を見つけに、出かけてみてはいかがでしょうか。

※かっぱ橋道具街のお店は、土日祝日、年末年始はお休みの場合があります。事前にホームページなどで調べてお出かけになることをおすすめします

  • B!