インテリア・雑貨

fukofuko

塗装の質感の違いまで確認できる!リノベのヒントが詰まったカフェ

12月16日発売『relife+(リライフプラス)vol.35』の特集「インテリアのヒントが見つかるカフェへ行こう!」から、編集部が見つけた素敵なカフェをご紹介します。

一つの大きな屋根の下にシェアオフィス、グリーンショップ、カフェなど複数の施設が集う「YANE」。その中心に「SORAYA(ソラヤ)」はあります。

「YANE」が入る建物は、かつて倉庫や資材ショップとして使われていたこともあったそう。そのため天井高があり、広々とした空間となっています。

クリエイターが集う「YANE」の中心にあるカフェ

オーナーは「YANE」発起人であり、インテリアデザイン事務所「Hajikami Inc.」の代表でもある谷脇周平さん。「SORAYA」は、「Hajikami Inc.」のショールームという側面ももっているとあって、壁の質感や照明などどこを見てもこだわりが詰まっています。

空間をダイナミックに横切るこの照明は、店舗内装やオーダー家具を手掛ける「THE CHEESE HOUSE FURNITURE」のものう。ガラスシェードの形が一つひとつ異なるデザインとなっています。

奥の壁はよく見ると、左右にかけて壁の塗装が徐々に変化しています。「施主さんと設計やデザインについて相談する時に、どの辺りの質感がいいかなどこの壁を見ながらお話したりできるんですよね」と谷脇さん。

椅子は、特注の家具を制作する「HAY hutte(ハイヒュッテ)」のもの。カラー展開がキュートです。造りもとてもしっかりしていて、長時間座ってもゆったり寛ぐことのできる心地よい椅子です。

リノベのヒントがたくさん見つかる

小上がりを上がった店内奥には、黒板塗装で仕上げた壁や、色調の異なる木材を組み合わせた腰壁など、リノベのヒントになりそうなディテールがいっぱい。店舗全体が変化に富んだ施工となっているため、見飽きることがありません。

屋根には天窓がついていて自然光が入るので、開放感があります。その下に見える流木のディスプレイもかっこいい!流木は、「YANE」の中にあるグリーンショップ「mican(ミカン)」で取り扱っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

空間の一角には階段があり、登るとロフトスペースがお目見え。こちらはソファ席となっていて、ディナータイムに個室として利用することもできます。

同じ空間内に雑貨やグリーンショップも

同じ空間内にはグリーンショップや生活用品を販売するショップも入っています。こちらは、清澄白河で器などを販売している「POTPURRI(ポトペリー)」のもの。

カフェタイムの一番人気は、クリームチーズをたっぷり使ったチーズケーキ(750円/税込)。カフェタイムは+250円でドリンクをセットにすることができます。コーヒーは、清澄白河のロースターの豆を使用しているそうです。

「海外旅行に行くと、ガイドブックには載っていないけど凄いお店を見つけることってありませんか? そんな感動を、この店で実現していけたらと思うんです」と谷脇さん。

リノベのヒントをたくさん発見できる「SORAYA」は、何度も訪れてみたくなる魅力的なカフェでした。

■Shop Info■
SORAYA(ソラヤ)
東京都江東区富岡2-4-4 YANE内
telephone* 03・ 6458・5665
open 11:00 ~ 22:00(日・祝~19:00、
平日16:00 〜18:00 はクローズ)月定休

※情報は「リライフプラスvol.35」取材時のものです

  • B!