収納術

takataka

リビングにおもちゃが散らかる…を解決。秘策は避難場所の用意

12月といえばクリスマス。プレゼントを心待ちにしているお子さんを横に、それまでにおもちゃ収納を整理したいと考えている方も多いのでは? 小さなお子さんがいる家では、リビングにおもちゃを収納していることも多く、「休日ゆっくりしたいのに、おもちゃが散らかっていて気になる」という声も…。

そんなリビングまわりのおもちゃ収納をスッキリさせるポイントを、整理収納アドバイザーのtakaさんに紹介してもらいました。

ポイント1.見た目をスッキリさせる

カラフルな色使いのおもちゃは置いているだけで雑多な印象。スッキリ収納するには、色味を抑えることがポイントです。

おもちゃは箱のまま収納せず、透けない収納ボックスに移し替えて。リビングの家具と収納用品の色合いを統一させると、より色味が抑えられてスッキリ見えます。

ポイント2.おもちゃの避難場所をつくる

遊びかけのおもちゃや、がんばって完成させた作品など、状況によっては”すぐには片づけたくないおもちゃ”が出てきます。

「そんなおもちゃが散乱し、いつになっても片づかない」とお困りの方は、おもちゃ収納とは別におもちゃの避難スペースをつくっておき、毎週末にリセットするなどお子さんとルールを決めておきましょう。

リビングから死角になるスペースにおもちゃの避難場所をつくれば、おもちゃが出しっぱなしでも気にせず生活できます。

ポイント3.子どものレベルに合わせた仕組みをつくる

見た目のスッキリをキープするためには、子どもがラクに片づけできる環境や仕組みをつくることが必要不可欠です。

お子さんがよく遊ぶスペースの近くにおもちゃ収納をつくり、1つの収納ボックスに対して1ジャンルのおもちゃを収納すること(1ボックス1ジャンル収納)を意識すると、片づけがよりラクになります。

片づける場所がすぐわかるように、ものの住所を明記すること(ラベリング)も大切です。

収納用品はフタのないものを選ぶようにすると、出しやすく片づけしやすいのでおすすめです。

また、収納をつくる際は、お子さんの“片づけレベル”に合わせて収納を分けることを考えましょう。アイテムごとにしまう場所を細かく分ければ分けるほど、遊ぶときは探す手間がなく取り出しやすいのですが、片づけるときに元に戻すことが難しくなります。小さなお子さんほどざっくり分けることを意識しましょう。

年末年始は、家族がそろって過ごす時間が増えることと思います。家で過ごす時間が長いほど、ものもおもちゃも散らかりますが、暮らしている以上散らかるのは当たり前。子どもでもラクに片づけできる環境やおもちゃの避難場所をつくっておくと「散らかってもすぐ片づけられる」と気持ちもゆったり過ごせるようになります。

クリスマス前の今こそ、お子さんの片づけレベルに合わせたおもちゃ収納をつくってみてください。

  • B!