インテリア・雑貨

fukofuko

昔ながらの商店街にある、アンティークなインテリアを楽しめるカフェ

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

12月16日発売『relife+(リライフプラス)vol.35』の特集「インテリアのヒントが見つかるカフェへ行こう!」から、編集部が見つけた素敵なカフェをご紹介します。

青果店や惣菜店が立ち並ぶ、昔ながらの商店街の一角に佇むイタリアンカフェ&レストラン「tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)」。フランス製が多いという店内の家具は、オーナーが一点ずつ買い付けたもの。左手の壁はフローリングの貼り方の一つである「ヘリンボーン」をヒントにしたそう。右側の壁は本物のレンガで仕上げています。

凝ったディテールのインテリアに注目

店内は、どの席もゆったりできるようになっています。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

店内奥には、ブルーグレーの壁の個室のようなスペースが。ストライプの壁紙を貼った棚には、アンティーク雑貨がディスプレイされていて、見ているだけで楽しくなります。デザインの異なるアンティークの椅子をコーディネートしているのもおしゃれ。

棚の柱は縦に溝がついていて、ストライプ柄の壁紙ともマッチしています。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

店内のディスプレイをおもに担当しているのは、スタッフのmimosaさん。おもてなし好きのmimosaさんのセンスで、カトラリーや食器類などの小物も、使いやすく上質な物が選ばれています。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

こだわりが詰まった上質なインテリアを

オーナーは、千葉エリアを中心にデザイナーズ賃貸物件を展開する「tw.rainbow(トワレインボウ)」。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

こちらの鉄製の棚は、店名にある「rainbow」から連想した月をモチーフに造作された一点もの。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

マントルピースの上をくゆる炎は、実は水蒸気。「カセット500」という電気暖炉が設置されています。マントルピースのアイアン装飾は、ドアと同じく特注したもの。下はグラスなどの収納になっています。

終日カフェ利用OK。ペット同伴可なのも嬉しい

ランチ、ディナーはもちろん終日カフェ利用可というのも嬉しいところ。力を入れているというドルチェは、アンティークの銀トレーに作家ものの器で出されるので、贅沢な気分になれます。こちらのガトーショコラは、上質なバニラビーンズが使用されていてとてもいい香り。カフェオレとドルチェセットで957円(税込み)。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

「ディナータイムは、オイルランプを灯しています。キャンドルより明るい上、扱いもラクなのでオススメです。」とmimosaさん。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

器は作家ものが多いそう。こちらの器は1枚ずつデザインが異なっていて、どのお皿が出てくるか楽しみになりそうです。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

ドライフラワーは、店名の「rainbow」をイメージしてmimosaさんがコーディネート。ちなみに、店名に「rainbow」を入れたのはオーナーの愛犬が亡くなった際、綺麗な虹がかかっていたからなのだとか。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

愛犬家のオーナーの店とあって、テラス席はペット同伴可。随所にオーナーやスタッフの方の心遣いが感じられ、アンティーク好きの方のご自宅を訪れたような気持ちになれるカフェです。

tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)

■Shop Info■
tw.rainbow plus(トワレインボウプラス)
東京都江東区大島6-27-5
telephone* 03・5875・5100
open11:30 ~ 23:00(LO 22:30)
水定休、木は月2回不定休
https://cafe.tw-rainbow.co.jp/

※情報は「リライフプラスvol.35」取材時のものです

  • B!