インテリア・雑貨

fukofuko

インテリアに浸るカフェ。イタリアの田舎暮らしがお手本に

12月16日発売『relife+(リライフプラス)vol.35』の特集「インテリアのヒントが見つかるカフェへ行こう!」から、編集部が見つけた素敵なカフェをご紹介します。中目黒にある「la vie a la campagne(ラ・ヴィア・ラ・カンパーニュ)」は、一戸建てをリノベーションしたカフェ。アンティークの床材を敷いた2階がカフェフロアとなっています。モルタル塗りのカウンターの奥に見える個性的な棚はイタリア出身のオーナー、シルバさんが設計してDIYしたものだそう。

アンティークもDIYも。イタリア出身のオーナーが手掛ける空間

かつては和室が4部屋ありましたが、リノベをするにあたり1つの空間にしたそうです。丸窓は、フランスの教会で使われていたもの。右奥に見える黒い鉄製の窓枠は、オーナーのシルバさんが自らデッサンを描き発注しました。

店内のディスプレイも魅力的。上から2段目に並べられたテラコッタのカップは、ラ・ヴィア・ラ・カンパーニュのオリジナル商品。店内には、ヨーロッパのアンティークの家具が置かれていますが、この店に合わせサイズ調整をしたり、塗装にひと手間加えていたりと工夫が施されているものもあります。

階段上のスイッチはフランス製アンティーク。日中、店内は自然光が基本。シルバさんがかつて過ごした、シンプルなイタリアの田舎暮らしをお手本にしているそうです。

おすすめはモーニングは1430円(税込み)。季節の野菜を使ったサラダとスープ。店舗手作りのパンはお代わりが可能です。

ライフスタイルショップのオリジナル商品も必見

1Fはライフスタイルショップになっています。カフェで出されているパンの他、お皿やジャム、洋服などが販売されています。

多くがオリジナル商品でこだわりの詰まった逸品ばかり。

スープを入れたり、カトラリーを入れたり。さまざまな使い方ができるテラコッタのカップも人気。

オーナーのシルバさんが手掛けるアパレルブランド「THE FACTORY」の洋服。洗練されたデザインで、芸能人の愛用者も多いそう。

階段は、人が踏む程に味の出るペンキ塗装に。

モーニングは9時から営業しています。漆喰の壁に囲まれたこのカフェで静かな朝を過ごしたら、気持ちも冴えそうですね。

緑に囲まれたエントランス。ナチュラルでシンプル、それでいて洗練されたこの空間にきっと心奪われるはずです。

■Shop Info■

la vie a la campagne(ラ・ヴィア・ラ・カンパーニュ)
東京都目黒区上目黒2-24-12
telephone* 03・6412・7350
open 9:00 ~19:00

※情報は「リライフプラスvol.35」取材時のものです

  • B!