インテリア・雑貨

fukofuko

林の中のほっこりカフェ。古民家をクラフト作家がリノベした

12月16日発売『relife+(リライフプラス)vol.35』の特集「インテリアのヒントが見つかるカフェへ行こう!」から、編集部が見つけた素敵なカフェをご紹介します。千葉県流山市にあるこちらの「ONIWA(オニワ)」は、廃屋寸前の古民家をリノベしたそう。一体どんなカフェなのでしょう。

まるで絵本の中のよう。緑に囲まれて過ごすカフェタイム

木漏れ日が照らす雑木林の奥に、佇むこちらの建物が「ONIWA(オニワ)」。
「植物の中で何が好きかって訊かれたら、蓼(たで)って答えてますね。雑草ですけど、可愛いなと。他にも枯れそうな草とか、普通の人はあんまり目をかけないような植物が好きなんですよ。」と笑うのは、オーナーの川鍋正人さん。

造園業を営む川鍋さんは、建物を取り壊す前提でこの土地を購入。しかし建物を見て、仕事柄付き合いのあったクラフト作家たちの力を結集させて、自分たちの力でリノベしてカフェを作ることを思い立ちました。

設計図なしでリノベをスタートしたそうですが、廃材を活用したりクラフト作家たちの作品を取り入れたりと創意工夫を凝らしました。「カフェ席の奥の仕切りは、実は鉄製の梯子です。こういう発想が生まれたのも、作家さん達の自由な発想力に刺激されてのことなんです。」と語る川鍋さん。店内の装飾も、自ら手がけています。

窓いっぱいのグリーン。こんな席で、ランチをしたら幸せな気持ちになれそうです。

地元産の人参を使ったオーガニックキャロットケーキ(660円/税込み)は、お店のイチオシ。カフェラテ(660円/税込み)は、ミルクの風味が飛ばないよう気をつけて温めているそうで、ケーキとの相性もぴったりでした。

手作りのぬくもりがそこかしこに

店内はどこを見ても、作家の作品がさり気なく置かれています。階段の上では、鉄工作家による人形がお客様をお出迎え。

ドライフラワーを使ったアレンジメントは、ランダムに塗られたモルタルの壁との相性もぴったりです。

 

こちらのガラス窓は、ガラス作家の作品だそう。ハンドメイドのぬくもりを感じます。

店舗手作りのスコーンは、身体にやさしい材料を使った丁寧な味。お菓子のテイクアウト購入も可能です。

 

1階ではクラフト作家の作品などを販売。お店で使っている土鍋なども置かれていました。

  

1階はキッチン。「オニワ」のメニューは材料をしっかり選んで手作りされたものばかり。ここで丁寧に手作りされています。「春はここから、びっくりするくらい綺麗な梅の花が咲くのが見られるんです」とスタッフ。四季折々の眺めも、このカフェの魅力。

リノベのヒントを探しに、訪れてみて欲しいカフェです。

■Shop Info■
ONIWA(オニワ)
千葉県流山市東深井534-2
telephone* 080・9705・0020
open 月~金11:00 ~18:00(ランチL.O.15:00/カフェL.O.17:00/テイクアウト~18:00) 土定休

※情報は「リライフプラスvol.35」取材時のものです

  • B!