マネー

WriternistaWriternista

「次世代住宅ポイント」は交換商品も充実。利用しないともったいない!

2019年10月の消費税率引上げにともないスタートした、次世代住宅ポイント制度。税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、ポイントが発行されるお得な制度です。

どんな方が対象になるのか、また、申請方法などについて宅地建物取引士の吉井希宥美さんに教えてもらいました。

1.交換できる商品は?

スマートスピーカー

KY / PIXTA(ピクスタ)

次世代住宅ポイント制度とは、一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に役立つ住宅の新築やリフォームを行った場合、さまざまな商品と交換できるポイントが得られる制度です。

商品交換申込期間は2019年10月1日から2020年6月30日までとなっています。

交換できる商品のカタログは次世代住宅ポイントのホームページからダウンロードでき、2020年3月31日まで随時追加される予定。現在のところ次のようなものが交換商品となっています。

ロボット掃除機

msks / PIXTA(ピクスタ)

 家電

・プリンター、パソコンなどの省エネ家電
・シーリングライト、卓上スタンドライト、電球などの省エネ照明
・マッサージチェア、エアコンなどの健康家電
・冷蔵庫、炊飯器、電子レンジなどのキッチン家電
・ロボット掃除機、洗濯機・乾燥機、アイロンなどの掃除・洗濯家電
・電子辞書
・スマートスピーカー

インテリア

・家具
・寝具
・カーテン・ブラインド
・カーペット・敷物

雑貨・日用品

・キッチン・バス・トイレ・掃除用品
・園芸用品

地場産品

・ファッション小物
・楽器・伝統工芸品

食料品・飲料

・食料品
・飲料・酒類
・健康食品

スポーツ・健康増進

・スポーツ
・アウトドア
・自転車

福祉介護用品

防災・避難用品

ベビー・キッズ用品・子ども用インテリア

・学習用品
・玩具
・子ども用衣類
・子育て用品
・子ども向け自転車

2.ポイントをもらうためにクリアすることは?

キッチン

PHOTO NAOKI / PIXTA(ピクスタ)

ポイントをもらうための基準は新築住宅とリフォーム工事で異なってきます。満たす要件により、もらえるポイント数も違ってきます。

新築住宅の場合

2-1 一定の性能を有する住宅

下記のいずれかの条件を満たす場合ポイントが与えられます。

2-1-1 高い性能を有する住宅

・ZEH住宅
・認定長期優良住宅
・認定低炭素住宅
・性能向上計画認定住宅

2-1-2 一定の性能を有する住宅

・断熱性能等級4または一時エネルギー消費量等級4以上の性能がある住宅
・劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上の性能がある住宅
・耐震等級≪構造躯体の倒壊等防止)2以上の性能を有する住宅または免振建築物
・高齢者等配慮対策等級3以上の性能を有する住宅

2-2 耐震性を有しない住宅の建て替えである場合

下記のすべての要件を満たすことが必要となります。
・除去する住宅が耐震性を有しないこと
・2018年12月21日の閣議決定日以降、ポイント発行申請または完了報告までに住宅を除去すること
・除去工事の発注者と新築住宅の建築主(ポイント発行申請者)が同一であること

2-3 家事負担減に資する設備を設置した住宅に資する設備を設置した住宅

対象となる設備は
・ビルトイン食器洗い機
・掃除しやすいレンジフード
・ビルトイン自動調理対応コンロ
・浴室乾燥機
・掃除しやすいトイレ
・宅配ボックス
です。それぞれに要件がありますのでホームページ等で確認をしてください。

断熱工事

Photonn / PIXTA(ピクスタ)

リフォーム工事の場合

次にあげる要件のいずれかに該当することが必要となります。

2-1 開口部の断熱改修

開口部の断熱改修については、地域によって対象となる製品が異なりますのでホームページで確認することが必要です。

2-2 外壁、屋根、天井または床の断熱改修

最低使用量以上の断熱材を使用する改修について、施工部位ごとにポイントが与えられます。

2-3 エコ住宅設備の設置

設置を行った設備の種類に応じたポイント数の合計を発行します。設置数ではないので注意が必要です。対象となる設備は、太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓です。

2-4 バリアフリー改修

設置を行った設備の種類に応じたポイント数の合計を発行します。設置数ではないので注意が必要です。対象となる設備は、手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張、ホームエレベーターの新設、衝撃緩和畳の設置です。

2-5 耐震改修

旧耐震基準(昭和56年5月31日以前)のもと建築された住宅を、現行の耐震基準に適合させる工事を行うことでポイントが与えられます。

食洗器

セーラム / PIXTA(ピクスタ)

2-6 家事負担軽減に資する設備の設置

対象となる設備は、ビルトイン食器洗い機、掃除しやすいレンジフード、ビルトイン自動調理対応コンロ、浴室乾燥機、掃除しやすいトイレ、宅配ボックスです。

2-7 リフォーム瑕疵保険への加入

国土交通大臣が指定する住宅瑕疵担保責任保険法人が扱う、リフォーム瑕疵保険または大規模修繕瑕疵保険へ加入した場合、ポイントが与えられます。

2-8 インスペクションの実施

・既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士が、既存住宅状況調査方法基準に従って行う建物状況調査である
・検査日が2018年12月21日(閣議決定日)以降である
・ポイント発行申請者が費用負担していること
・共同住宅の場合は、住戸型のインスペクションである
以上4項目すべてに該当している場合にポイントが与えられます。

2-9 若者・子育て世帯が既存住宅を購入して行う一定規模以上のリフォーム

以下のすべてに該当する場合は、工事内容によらずポイントが発行されます。
・若者・子育て世帯が自ら居住することを目的に購入した既存住宅であること
・売買契約締結後3か月以内にリフォーム工事の請負契約を締結すること
・税込100万円以上のリフォーム工事を行うこと
ただし、リフォーム工事の内容は、2-1から2-6に該当しないものも含みます。また、新築住宅購入の場合は対象外となります。

3.どうやって申請するの?

申請書イメージ

PIXTA(ピクスタ)

ポイント発行申請は、原則、住まいを購入する人が行いますが、工事施工業者や分譲事業者が代理で行うこともできます。

申請は工事完了前・完了後、どちらでも構いません。工事完了前に申請したい場合は、工事請負契約の締結後に申請が可能です。

・リフォームの場合
工事金額が1,000万円を超える工事、または、管理組合などがマンション全体で行う工事の設備の詳細が決定し、工事請負契約を締結すれば申請できるようになります。

・分譲住宅の場合
不動産売買契約の締結後に申請できます。工事完了前にポイントの発行を受けたときは、工事完了報告の提出を求められますので注意が必要です。

・分譲マンションの場合
デベロッパーが予約を行い、住まいを購入する人が、不動産売買契約締結を行った後にポイント発行申請を行います。

新築なのかリフォームなのか、注文住宅なのか分譲住宅なのかなどにより、申請のタイプは6種類に分かれます。詳しくは「次世代住宅ポイント事務局」に確認を行うのがベターです。

4.まとめ

住宅

めがねトンボ / PIXTA(ピクスタ)

次世代住宅ポイント制度の申請期限は、予算の執行状況に応じて公表されますが、遅くとも2020年3月31日とされています。大変お得な制度ですので、これから住まいを購入する人やリフォームをする人は、きちんと申請できるように確認をしておきましょう。

宅地建物取引士/ファイナンシャルプランナー(AFP)/家族信託コーディネーター®吉井希宥美

【参考】
※  次世代住宅ポイント

  • B!