トラブル 連載

殿木真美子殿木真美子

サラリーマン理事長が語る、マンショントラブル・珍事件集

「サラリーマンこそマンションの理事に最適!」と説くのは、日刊住まいライターでもあるサラリーマン理事長。サラリーマンでありながらマンション管理に奔走する日々に起きた珍しい出来事、トラブルについてお話を伺いました。

バイク置き場の白線をはみ出してハーレーがドーン!

ハーレーダビッドソン

ワイエス / PIXTA(ピクスタ)

マンション内にあるバイク置き場に、ある日ハーレーダビッドソンがドーンと置かれていました。サイズが大きいためバイク置き場を表す白線からは、思いっきりはみ出してしまっています。

しかもバイク置き場は、駐輪場の出入り口となる場所。ハーレーに雨除けのカバーをかけると、ほかの人の自転車が動かせません。

困ったサラリーマン理事長さん。さっそく管理会社を通じてバイク置き場の借主にその旨を告げると、一通の手紙が届きました。そこには、大変達筆な文字で「このバイクを持つのが主人の昔からの夢で…」といった内容が。

聞けば、ご主人は外国の方で、手紙の主はその奥様でした。結局、雨除けのカバーは全てかけずに、途中で止めた形でかけてもらうことで、自転車の出入りができるように交渉。
すこーし通りにくくはありますが、お互いが使いやすいように配慮し合って利用しているとのことです。

大規模修繕の足場が建てられない?

足場

PIXTOKYO / PIXTA(ピクスタ)

「バイク置き場や駐車場がらみのトラブルといえば、こんなこともありました」と話したサラリーマン理事長さん。

出入り口付近の一番便利な場所に駐車場を借りていた住民のQさん。大規模修繕のため足場を建てることになり、Qさんが借りる駐車場はその要になる場所でした。

車を止めるのには支障はないけれど、念のためQさんに確認をとったところ、「あの駐車場は私の場所。私が借りているのだから私に権利がある。足場を建てるのは困る」と言うのです。

よくよく話を聞くと、以前に駐車場をめぐって理事会とトラブルになったことがあったのだそう。
出入り口にあるため、業者や来客に勝手に車を置かれて困ったことが何度もあったようで、理事に話をしても誠実に対処してもらえなかった、という思いが積もり積もっていたのです。

サラリーマン理事長さんは、何度もQさんと話し合いの場をもち、真摯に対応したそう。そのうちQさんも理事長さんを信用してくれるようになって、無事足場を建てて大規模修繕に取り掛かることができたということです。

駐車場

YNS / PIXTA(ピクスタ)

マンション暮らしにトラブルはつきもの。でも、サラリーマン理事長さんのように、責任感をもって誠実な対応をすることで、小さいうちにトラブルを解決するのが大事なんですね。

ちなみに、Qさんが主張した「お金を払っているんだから、あの駐車場は私のもの」という考え方は間違いです。駐車場は共有部分なので、「誰かのもの」にはなりません。

エントランスから部屋の前まで、ポタポタと血が!?

エントランス

Hyde / PIXTA(ピクスタ)

「あれは忘れもしないクリスマスの夜。したたかお酒をたしなんで帰り、マンションのエントランスに着いたら、床に点々と血が…」。

なんだかホラーみたいなお話ですが、サラリーマン理事長さんがある年のクリスマスに実際に経験されたことです。エントランスからエレベーターの中まで続く血痕を見て、理事長さん、すっかり酔いがさめてしまいました。

「理事長としての仕事を果たさなくては」

責任感の強い理事長は、ポタポタと続く血痕を追いかけます。そして、ある階のとある部屋の前まで続いていることを確認。その後、住み込みの管理人さんをたたき起こし、部屋の前まで同行してもらうと、呼び鈴を押します…が、応答がありません。

その後、再度管理人と警察が確認に行くと…「へっ、何ですか? 血ぃ~? まさか~」。出てきた男性は全くの健康体で、血が出るような傷を負っている様子もなかったそうです。

実は、エレベータの前で転んだ際に彼がポケットに入れていた赤いペンからインクがポタポタとこぼれていた、というオチでした。「いやぁ、一瞬血の気が引きましたよ」とサラリーマン理事長さん。何事もなくて、本当によかったです!

人気連載

READ MORE