家づくり

内野 チエ内野 チエ

戸建住宅購入の悩み。予算&タイミングについて経験者に聞いた

家は一生で一番大きな買い物です。住宅購入で失敗や後悔のないように、慎重に考えていきたいものですね。予算、購入のタイミング、返済方法、ハウスメーカー選びなど、実際に戸建住宅を購入した人はどのように考えて行動したのでしょうか。
工務店の業務をITでサポートする「エニワン」のアンケート調査をもとに、リアルな声をお届けします!

戸建住宅、予算はいくらが妥当?

住宅購入費用の目安を考えるとき、「年収の〇倍」という言い方がよくされます。

収入や自己資金によって返済可能な額が変わるので、実際のところは何とも言えませんが、アンケートで一番多かった住宅購入予算は「2,000万円~4,000万円未満(45.3%)」。次いで「4,000万円~6,000万円未満(27.0%)」「~2,000万円未満(15.2% )」「6,000万円~8,000万円未満(8.4%)」となりました。

戸建住宅を最も買っている層は、世帯年収400万円〜600万未満、かつ40代の夫婦+子どもがいる家庭で、住宅購入予算は2,000万円以上~4,000万円未満のケースが多いことが判明しました。

戸建て住宅購入のきっかけは?

「戸建て住宅を買ったきっかけは?」の質問では、「結婚(23.7%)」が最も多く、次いで「昇給・昇格(23.3%)」「出産(17.3% )」「転職10.6%」と続きました。

家族が増えるタイミングや、給与が上がり生活のゆとりが生まれたときに、住宅購入を決断する人が多いことが分かります。

ちなみに筆者の住宅購入のタイミングは出産でした。子どもが生まれたことで、それまで住んでいた賃貸住宅が手狭になったためです。大きい部屋に引っ越しをしたとしても、引っ越し代がかかりますし、家賃も上がります。その分のお金を戸建て住宅のローン返済に充てたらよいのでは?と思ったのがきっかけとなり、住宅購入に踏み切ったのでした。

就学、進学と後々のことを考えると、早いうちに教育環境が整ったエリアに引っ越しをして良かったと思います。

新興住宅地を選んだので、近所に同世代の子どもが多く、遊び仲間が増えるというメリットもありました。

ハウスメーカーは情報収集である程度の絞り込みを

さて、いざ住宅を建てるとなると今度はどのハウスメーカーを選ぶかという話になります。

「住宅購入までにどのくらいの期間がかかりましたか?」の質問では「6ヶ月〜1年未満(35.9%)」の回答が最多。「1年以上」かけた人も25.8%にのぼりました。

「住宅購入までに何社見て回りましたか?」の質問に対しては、「2〜3社(53.8%)」「4〜5社(20.1%)」という回答が目立ちましたが、「1社(16.4%)」という答えも意外に多くて驚かされます。住宅購入では、親や友人、知人などに、どのハウスメーカーが良いのか相談する人が多いと思います。

そうした情報収集を経て、あらかじめハウスメーカーを絞り込んでから行動しているケースもあるのかもしれません。

住宅購入の“ココ”が不安!

「住宅購入の際に不安だったことは?」の質問に対する回答は「返済(47.5%)」がトップで、「近所付き合い(21.2%)」「災害への備え(16.5%)」「転勤(12.2%)」の順になりました。

住宅は何千万円もの買い物になるため、返済期間も長期になります。先々のことを考えて心配になるのも当然のこと。ローンを組むときは無理のない返済プランになるように、夫婦でじっくり話し合った方が良さそうです。


「住宅予算を組む際に苦労したことを教えてください」の質問に対しては「予算内で希望が通るか(48.9%)」という回答が最多でした。また、「請求価格が妥当かわからない(31.5%)」という回答も目立ちました。

納得のいく買い物となるように、契約や打ち合わせで気になることはオープンに話して、どんどん不安を解消できるようにしたいものです。夫婦間の協力はもちろんのこと、ハウスメーカーの担当者との信頼関係が欠かせません。

ハウスメーカーを探すときは、住宅そのものをチェックすることに加えて、「説明が明快か」「交渉がしやすいか」など“人”や“社風”にも注目してみてください。

【参考】
【直近3年以内に戸建住宅を建てた1,115人にアンケート調査実施】購入予算や具体的な不安など戸建住宅購入に関して徹底解剖しました…!

  • B!