収納術

秋山悠紀秋山悠紀

出産祝い、引き出物…大掃除で出た不用品、どうしてる?

いよいよ大晦日も近づき、重い腰をあげて大掃除を行っている人も多いでしょう。大掃除と言えば、水回りや窓などふだん丁寧にできないところの汚れを落とすのはもちろんのこと、不用品の処分や荷物の整理なども重要な仕事ですよね。

物置のシェアリングサービス「モノオク」を運営するモノオク株式会社が男女170人を対象に、大掃除の荷物整理に関する調査を実施しました。今回はその調査結果をご紹介します。

大掃除で処分したい物はダントツで衣類!

調査ではまず、大掃除の予定を聞いたところ実に66.5%もの人が「大掃除をする」と回答しました。

次にこの大掃除をすると回答した人に、「大掃除」で荷物の整理・処分をするかどうか聞きました。「する」と答えた人は89.4%。大掃除=荷物の整理や処分と捉えている人は少なくないことがわかります。

実際に大掃除で処分したい物について聞くと、「衣類」(86.1%)が最も多く、「書籍・雑誌類」(61.4%)、「家具・家電」(32.7%)と続きました。

整理したい場所については、60%以上が「押入れ」「クローゼット」と回答。不用品はとりあえず押し入れやクローゼットにしまうため、処分しない限りどんどん箪笥の肥やしを作ってしまいがちですよね。

こうした箪笥の肥やしが増え続けてしまう理由として、「いつか使うかもしれないという気持ちが芽生える」「もったいないと思う」などが多く挙げられたほか、「荷物を処分したことに後悔したことがあるので捨てられなくなった」「片付けているうちに思い出が蘇って捨てられなくなる」といった声も寄せられました。

結婚式の引き出物、出産祝い…どうする?

不要でもなかなか捨てられない物の多くが、思い出が詰まっていたり誰かからの贈り物だったりといった「捨てるに捨てられない」という事情も往々にしてあるでしょう。

筆者が特に捨てられないのは、友人の結婚式でいただいた引き出物や、子どもの出産祝いでいただいたものの、もう使わなくなったプレゼントなどです。押し入れの整理をする度に何度も手放そうと考えるものの、「一応、もう少しだけ持ってみよう」と明確な時期を決めずに思いとどまる、といったことを繰り返してきました。

出産祝い

さなさな / PIXTA(ピクスタ)

今回の調査でも、友人や元恋人からもらったもの、ひな人形、ぬいぐるみ、まだ着られる服、回収料が有料のため破棄したくてもできない物といった、「捨てたくても捨てられない」リアルな声が集まっていました。

レンタルスペースや物置シェリングサービス導入もアリ

最近ではどうしても捨てられない物や、家に置いておくとスペースを取ってしまう物などを格安のレンタルスペースに預けたり、物置シェアリングサービスを利用するという選択肢も増えてきました。

家ではまったく使わないけれども、しばらくは捨てずに持っておきたいものをそうした外部のサービスやスペースに預けておくという選択肢は、家をスッキリさせたい人にとっては必要経費でまかなえるのではないでしょうか。

筆者は、どうしても手放しにくい引き出物や、いただいた子どものプレゼントは、一時避難場所として使っていない物置部屋に集約させています。しかし、最近ではその物置部屋も段ボールや荷物でパンパンに。

筆者のような悩みを抱える皆さんはぜひ、今年の大掃除を機にレンタルスペースや物置シェアリングサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

■参考

【令和初の大掃除】男女170人に聞いた荷物の整理・処分事情を発表!大掃除で処分したい荷物No.1は「衣類」

  • B!