家計

サエキサエキ

100均バインダーの家計管理が快感。大きなお金の支払いもラクに

家計管理のなかで最も負担に感じるのは、年に一度やってくる高額な支払い。そう「年払い」。そんなふうに感じている人も多いのでは?

インテリアブログを主宰するサエキさんも、そのひとり。試行錯誤の末、100均アイテムを使ってみたら、しっかり簡単に管理できるように!そのアイテムと方法を教えてもらいました。

セリアの「6リングバインダー」がお金の管理に使える!

セリア6リングバインダー

家計管理や貯金と聞くと、家計簿や、箱や缶をイメージするかもしれませんが、意外にも、バインダーを使うのが便利!おすすめは、100均セリアの人気商品「6リングバインダー」。ホワイト×ブラックのシンプルなカラーも押しです。

セリアのポケットリフィル

バインダーに挟むリフィルは、いろんな種類のものがあるので、組み合わせて自分好みにアレンジできます。

そのなかで、お金の管理に使いやすいのが「ボタン式収納リフィル(2枚入)」。上下2つに仕切られているので、見開きで4つに仕分けでき、ポケットになっているので小銭を入れても落ちにくいところも使い勝手よし。

リフィルをバインダーに挟む

ファイルに挟んでみると、4枚くらいがちょうどいい感じ。4枚だと全部で16ポケットになります。

支払いごとにポケットで仕分けてわかりやすく

支払いが年に1回のものといえば、固定資産税・車検・自動車保険・自治会費などがあります。これらは自動引き落としではなく、払込みなことも多いため、月々の生活費の中から少しずつ貯金。年払いのときに貯金を崩さなくてすむようにしています。

銀行の口座で貯金してもいいのですが、自治会費などは急な集金だったりするので、いつでも払えるように、家で貯金するのが習慣になりました。

いろんな種類の支払いに備えて必要なお金を用意しておくのに、この100均バインダーが超優秀!「1つのポケットにつき、1つの支払い」と決めて、それぞれに貯金していきます。1年に一度しか支払いのないものは、ついつい忘れがちですが、このバインダーを見れば、年払いのものがすべてわかるので、「うっかり忘れてた!」ということもなくなります。

ポケットごとにラベリング

どんな支払いがあるか、ひと目でわかりやすいようにラベリングをしています。

ラベルライター

ラベルは、ラベルライターでつくって貼っています。無地のマスキングテープに手書きするのでもOK。費目のほか、支払い月や目標金額を書いておくのもよさそうです。

ポケットにお札や小銭を入れる

お札は折り曲げて入れる必要がありますが、透明なので中身が見えるのも便利。

持ち運びにも便利なファスナータイプもおすすめ

ファスナー付きバインダー

6リングバインダーには、ファスナータイプもあります。バインダーそのものにファスナーがついているので、お金の管理をするときも、中身が飛び出さずに安心です。

リフィル3種類

こちらもリフィルを挟んで使います。先に紹介した「ボタン式収納リフィル」のほかにも、「カード収納リフィル」「三つ折りリフィル」「EVAジッパーリフィル」など、いろんな種類があります。お金だけでなく、カードや払込書などを入れたい場合は、それぞれの用途に合ったものを選ぶといいでしょう。

ファスナー付きバインダーにリフィルを挟む

EVAジッパーリフィルとカード収納リフィルを挟んでみました。ジッパーリフィルにはお札が折らずにそのまま入ります。自治会費などは、ポチ袋に入れてカードリフィルに挟んでおけば、支払うときもそのまま渡せてスマートです。

支払いが終わったら、領収書を入れておくようにすれば、支払い済みかどうかもパッとわかります。

年払いのものは、額も大きく、「いつの間にか貯まっている」という仕組みをつくると気持ち的にラク。100均アイテムで大きなお金が簡単に管理できる。この快感をぜひ試してみてください。

  • B!